« ドバトの水浴び、ジョウビタキに、モズ | トップページ | ヤマガラ、お立ち台のアオサギ、ミサゴ、ジョウビタキのオスに、伊勢大橋架け替え工事の杭打ち »

2015年12月 9日 (水)

ハクセキレイの朝食、キンクロの見事な寝癖、ヒドリガモの体操

Img_2883 今日くらいまでのようですが、あまり寒くなく、よい天気が続いています。我Img_2885 が家のリビング、日が奥まで入ります。今日の午後は、27℃を越えています(14時40分現在)。「ポカポカ陽気」以上であります。冒頭の写真は、鎮国守国神社の境内で撮って来た紅葉です。いつものように、それらしく見えるところを切り取っての「なんちゃって紅葉」ですが、ご容赦ください。

Img_2792  住吉入江に来るキンクロさんのつがい、このところ必ずしも一緒にはいませImg_2906 ん。今朝9時には、諸戸氏庭園の前にいたのはメスだけ。オスを探したら、玉重橋のかなり南にいました。散歩から戻って、10時半過ぎに見たら、今度は、メスの姿がなく、オスだけが諸戸氏庭園前に浮いていました。そもそも同じキンクロさんなのか、つがいなのかなど、基本的な疑問があるのですが。

Img_2778  その諸戸氏庭園前の住吉入江の煉瓦造りの堤防の上では、ハクセキレイさんが、朝食中でした。虫を咥えていますので、嫌いな方はご注意ください。左は、虫を咥えてやって来た直後、何だかこちらを厳しい目つきで睨んでいます。いくら何でも、これを横取りしようとは思わないのですがねぇ(笑)。

Img_2780  例によって、振り廻し、煉瓦に打ち付けて、多分弱らせてから食べようとImg_2786 いうことでしょう。何度かこれを繰り返した後、けっこう速いスピードで食べてしまいました。

Img_2794  住吉神社の向かいに見える、揖斐長良川の中洲、アオサギが集合するところですが、今朝は、9羽が見えました。平日は、日によって数は変動しますが、10羽前後か、それ以上が来ています。ただ、どうもここにいるからといって大山田川の河口辺りにいないということはなさそうです。gentaさんのブログの昨日の記事“今日は3か所でアオサギさん、3か所でジョウビタキさん”によれば、甚内ポンプ場の排水樋管の辺りや、大山田川にアオサギがいたからです。昨日、この中洲には、8羽ほどのアオサギがいたからです。

Img_2861  九華公園、今日もあまり鳥たちの鳴き声はしていませんでした。聞こえるのは、ヒヨドリ多数と、コゲラ1羽、カワラヒワ少数でした。コゲラは見つけられず、残念。カモは、合計69羽。ホシハジロオス3羽、メス3羽、ハシビロガモオス1羽、メス1羽、ヒドリガモオス2羽、メス3羽などでした(他は、例によってキンクロさんがほとんど)。

Img_2821  左は、ハシビロガモのオス。家内によれば、なかなかかわいいということImg_2828 で、載せました。右は、キンクロハジロのメスです。これまた睨まれている気がします。掘端にいって数を数えていると、カモ達は寄って来ます。餌をもらえると思うのでしょうが、あいにく私は餌はやりません。そのせいで睨んでいるのかも知れません(笑)。

Img_2832  こちらは、キンクロハジロのオス。首を捻って、嘴は後ろ向きで「お休み」の体勢であります。ただし、目はしっかりと見開いています。寝癖(正式名称は、もちろん冠羽)が、風に煽られて、立派になっています。

Img_2849 Img_2850  久しぶりに登場したヒドリガモのオス。なかなか芸達者でImg_2851 す。3枚の写真、ご覧ください。身繕いをしていた途中の様子です。連続してシャッターを押してはいたものの、こんな写真が撮れているとは思いませんでした。目をつむって、うっとりしているのか、と思うくらいです。

Img_2853  ハシビロガモのメス。嘴の先が広くなっているので、この名前が付いています。泳ぎながら、嘴を水面に付け、水を掬って、餌だけ漉して行きます。水のほとんどは、嘴の根元から排水するようになっています。

Img_2863  あまり一緒にはなりませんが、ハクセキレイと、セグロセキレイが同時に近くに降り立ちました。カメが甲羅干しするスロープの辺りです。場所争いにでもならないかと思ったのですが、期待は外れました。

Img_2876  シジュウカラは、朝日丸跡の東に3羽くらいが出ていました。桜の木の上や、ツツジの植え込みの中を移動して行きます。


Img_2880  カワウは、神戸櫓跡の松の木に2~3羽、堀にいるのもいましたが、野球Rimg00171209 場の照明灯の上には5羽。この照明灯、野球場の南、堀に面しています。他に5機の照明灯があるのですが、他の照明灯にはカワウは止まりません。何故だろうと思っていたのですが、一応は、堀を見ていて、餌を採るつもりがあるのかなと、漠然と考えています。右の写真で、赤丸をつけたところにカワウがいます。左の矢印を付けたのは、一昨日(12/7、御嶽眺望、セグロセキレイはエビを食べ、シジュウカラはイラガやミノムシを食べる、モズにジョウビタキ、モシャる&痒いユリカモメ、そして、笑えるネコの余談……盛りだくさんでした(笑))、ユリカモメが並んでいたフェンスの支柱です。ここには、モズや、ハクセキレイ、ジョウビタキなどがいることもあります。右の方の黄色い矢印のところには、カワウや、アオサギがいることがあります。

Img_2891  ツグミちゃんです。今日は、ユリカモメが寄っていく木に出て来ました。今シーズンまだ、地面にいるツグミを見ていません。たまたまそうなのでしょうが、何か理由があるのかと思ってしまいます。

Img_2889  ムクドリです。今朝の中日新聞三重版に、鈴鹿市白子町の23号線交差点付近の電線・電柱に夕方になると、1,000羽くらいが集まって来て、鳴き声や、糞害で困っているという記事がありました。散歩の帰り道、京町の石取会館辺りを通りかかったら、電柱の支線を叩いている女性を見かけました。ムクドリが逃げて行きましたので、追い払っていらっしゃったと思います。「ムクドリですか?」と伺ったら、女性のお宅の前の電柱・電線にムクドリが来て、糞や、植物の種子を落とすので困っているということでした。昼は、2時間おきくらいに追い払っているそうでした。数が少なければ、嫌われないと思うのですが、対策はなかなか決め手がなさそうです。

 本日の散歩、9時から10時35分まで。やけに短いのですが、11時からマンションのエレベータ点検が予定されていましたので。9階まで歩いて上がれないことはないのですが、4.8㎞歩いてからでは、少々きついです(笑)。住吉神社、九華公園、寺町というコースでした。

|

« ドバトの水浴び、ジョウビタキに、モズ | トップページ | ヤマガラ、お立ち台のアオサギ、ミサゴ、ジョウビタキのオスに、伊勢大橋架け替え工事の杭打ち »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

一枚目の紅葉は、表側から撮ると、葉っぱが焼けているように見えてしまいましたので、裏から撮ったものです。
光の当たり具合もあって、燃えるような紅葉に見えています。
二枚目は、左(南側)から光が当たって、赤と、一部黄色がきれいに見えていました。
クローズアップしています。

ハクセキレイも、ふっくらしていますね。
寒い季節、鳥は羽の間に空気を入れて、暖かくするようです。
餌を採って、興奮していたというせいもあるかも(笑)。
ウ~ン、あれ以上大きくはなりませんねぇ(苦笑)。

ヒドリガモ、なかなかないポーズでしょう?
だまし絵という見方は、私の発想にありませんでした。
なるほど、です。

知覚心理学のテキストに、「ダルマシア犬」の写真というものがあります(過去ログにあるはず)。
これも、いったんダルマシア犬が見えてしまうと、もうイヤでも見えてしまいます。
経験によって知覚が影響されるという例ですね。

ご心配くださり、ありがとうございます。
エレベータ点検には遭遇せずに澄みました。
以前には、おっしゃるように点検にもろに遭遇してしまい、9階まで歩いて登ったことがありました。
階段の踊り場ごとに景色の写真を撮って、見比べる記事を書いてあります(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2015年12月10日 (木) 17時41分

mamekichi先生、こんにちは。

紅葉、燃えているようですね。寂しいイメージがある秋なのに、情熱的です。

ハクセキレイさん、何というか・・・ポチャポチャふっくらしていて、笑えました。
声をかけるとしたら、「大きくなれよ~」と(笑)。

ヒドリガモの三枚目のお写真。
すごいポーズですが、これ、騙し絵みたいですね。
羽のところにシマウマのような顔があります。わかりますか?
「あ、目玉がある」と思ったが最後、顔にしか見えなくなりました。


エレベーターの点検。
過去ログに、エレベーターの点検のせいで、歩いて上った記事があったような・・・(笑)。
今回は、滞りなく、エレベーターでお帰りになったのですね(喜)。


投稿: おユキ | 2015年12月10日 (木) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドバトの水浴び、ジョウビタキに、モズ | トップページ | ヤマガラ、お立ち台のアオサギ、ミサゴ、ジョウビタキのオスに、伊勢大橋架け替え工事の杭打ち »