« 九華公園にてカワウの漁、ユリカモメのダンス……鈴鹿の山も薄く雪化粧(山名について訂正・付記あります) | トップページ | 大山田川から揖斐川沿いを6.6㎞……モズ、コガモ、オオバン、ノスリ?、アオサギは13+1羽 »

2015年12月19日 (土)

ユリカモメの飛翔シーン、ムクドリ集団がセンダンの実へ、カワウの飛び立ちシーン……桑名別院では報恩講の準備【クスノキとセンダンの実について付記しました】

Img_4375 今朝は、昨日よりも寒い感じがしましたが、最低気温は同じくらいでしたRimg00051219 (3.7℃)。今日は、5m/s以上、ときに6m/sを越える北風が吹いています。天気はよいのですが、その分寒く感じ、揖斐川の川面もかなり波立っていました。左の写真は、九華公園で撮ったユリカモメ、右は、住吉神社前から揖斐川の上流方向を撮ったものです。ずっと奥の正面に見えるのは多度山です。

Img_4380  ユリカモメ、今日、九華公園には、17羽ほどが浮いていました。公園内を歩いているうちに飛び立ち、公園上空を旋回していました。左は、野球場の南、堀の中の東屋から東の方を、西に向かって飛んできたところを撮りました。自分としては、気に入った写真なのですが、いかがでしょう? 似たようなパターンの写真が他にも撮れたのですが、こちらに向かって飛んでくる感じが出ていて、これがよいと思っています。

Img_4348  こちらは、鎮国守国神社の社務所裏にあるセンダンの木にムクドリが多数Img_4357 やって来たところです。左の写真には20羽あまりが写っていますが、実際には、この倍以上いました。このセンダンの木の実は、食べ頃になったのでしょう。昨日までは、ヒヨドリなどもほとんど来ていませんでした。

 続いては、カワウが水面から飛び立つシーンです。これは、諸戸氏庭園前の住吉入江で撮ったものです。各列とも、右から左にご覧ください。一部、ピントがあっていないものもありますが、ご容赦ください。

Img_4426 Img_4425 Img_4424





Img_4429 Img_4428 Img_4427





Img_4430  この飛翔シーンの4枚目(右上)の写真には、キンクロさんのオスが写り込んでいますが、いつもここに来ているキンクロさんです。


Img_4320  続いては、揖斐長良川の中洲のアオサギさんの観察記録。今日は、今まで、記憶している中では最多の20羽がいました。一羽は、飛んできて今まさに着陸しようとしていました。今日は、伊勢大橋の工事は、お休みのはずです。

Img_4312  さて、ここからは時間的な順序にしたがっていきます。住吉入江のキンクロさん。今日も一人。何とも言えない表情をしているように見えます(ちょっと共感しすぎかも知れませんが……苦笑)。

Img_4315  諸戸氏庭園内にある松の木には、カワラヒワが2羽。今日は、この強風のせいでしょうか、小型の野鳥はほとんど見かけませんでした。


Img_4333  しかし、この強風の中、揖斐川には勇敢な野鳥たちの姿が見られましImg_4334 た。まずは、住吉水門のすぐ側に、ヒドリガモが10羽。5組のペアのようです。右の写真の方がまだよく分かりますが、かなり波立っています。♪波にチャプチャプ浮かんでいる♪以上の状況です

Img_4340  遠く、揖斐長良川の中洲近くには、カンムリカイツブリの姿が見えました。最初は、右上に移っている、羽を広げたカンムリカイツブリしか気づかなかったのですが、帰宅してパソコンに取り込んで確認したら、もう1羽のカンムリカイツブリと、キンクロのオス、メスも1羽ずつ写っていました。キンクロさんは、他の写真にももう1羽が写っていました。強風で、川面が波立っている時に限って、カンムリカイツブリはよく出てくる気がします。ヒドリガモもそういう傾向があるように思えます。

Img_4362  九華公園のカモ達、今日は、合計67羽。ホシハジロのオス3羽、メス3羽、Img_4365 ハシビロガモオス1羽、メス1羽、他はキンクロさんがほとんどでした。そういえば、ヒドリガモの姿が見られませんでした。揖斐川に出ていたヒドリガモの中に、いつも九華公園に来ているのがいたかも知れません。ハシビロガモのオスは、カメの甲羅干しスロープに上がって、身繕い中でした。

Img_4406  貝塚公園にも回ったのですが、いたのは、キジバトさんだけ。ヒヨドリもいませんでした。キジバトさん、小生に気づいていたようで、睨まれました(笑)。写真を撮るだけで、何もしないのに……。

Img_4409  他に見た鳥といえば、スズメたちくらい。こちらは、外堀辺りのお宅の庭木にいたもの。見た鳥の種類からいうと、ちょっともの足りませんが、まぁ、ユリカモメの飛翔シーンや、ムクドリがセンダンの木にたかっているところ、それに、中洲とはいえ、アオサギを20羽確認しましたから、まぁよし、ということです。

Rimg00111219  ところで、浄土真宗大谷派桑名別院では、明日から報恩講があるため、Rimg00131219 その準備が行われていました。女性の方たちが本堂の掃除をしていらっしゃいました。

Img_4416  報恩講は、宗祖・親鸞聖人のご命日に営まれる法要のことです。我が家の宗旨も、真宗大谷派ですので、一度くらいはお参りに伺わないといけないと思います。桑名別院の報恩講は、明日・20日(日)~23日(水・祝日)までです。

Rimg00021219  今日の散歩は、家族の都合も合って、10時前から11時半過ぎまで。住吉神社から九華公園、さらに貝塚公園を回って、外堀辺りを通って、寺町へと、5.3㎞でした。時間が遅かったので、散歩友達には会えず。

【付記】 クスノキと、センダンの実、鳥がよく食べていますので、気になっていました。

 クスノキの実は、熟すと黒くなっています。ヒヨドリ、ツグミ、ムクドリ、ユリカモメがやって来ています。今日、ちょっとかじってみたのですが、まずくてとても食べられたものではありませんでした(苦笑)。Wikipediaには、「鳥が食べて種子散布に与るが、人間の食用には適さない」とあります。そりゃぁ、そうですよね、クスノキは、「樟」とも書き、樟脳の原料になるわけですから。

 センダンの実、剥いてみましたが、すごい匂いでした。こちらはさすがに「ヤバイ」と思って、口には入れませんでした。Wikipediaには、「果実は果肉が少なく核が大きい。たまにヒヨドリなどが食べに訪れる。しかしサポニンを多く含むため、人、犬が食べると中毒を起こし摂取量が多いと死に至る」と書いてありましたが、正しい判断でした。ヒヨドリは、解毒できるのでしょうか?

|

« 九華公園にてカワウの漁、ユリカモメのダンス……鈴鹿の山も薄く雪化粧(山名について訂正・付記あります) | トップページ | 大山田川から揖斐川沿いを6.6㎞……モズ、コガモ、オオバン、ノスリ?、アオサギは13+1羽 »

季節」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

縄文人並みとは(笑)。
大したものだと、勝手に解釈しております。

昆虫食はさすがにご勘弁ください m(_ _)m

子どもの頃、鳳来寺近くにあった遠い親戚から「蜂の子」をもらって、食べさせられたことがありました。
昆虫を食べたのは、あれが最初で、最後です。

投稿: mamekichi | 2015年12月20日 (日) 17時41分

mamekichi先生、こんにちは。

付記を読んで、噴き出してしまいました。
先日観た、縄文文化についての番組を思い出しました。

この分ですと、次は虫を齧ってみたくなる「はず」ですが、さてさて。
(冗談半分、期待半分です(笑)。)

投稿: おユキ | 2015年12月20日 (日) 14時36分

ひらいさん、おはようございます。

昨日も、朝の最低気温は3℃台でしたから無理をなさらないでください。
シロチドリの行動確認、先の楽しみにしましょう。

黄色い実は、センダンだと思います。
ヒヨドリもよく食べていました。
追記しましたが、拾ってみたのですが、落ちていたのは軟らかくなっていてすぐに剥けましたが、ものすごい臭いでした。
あとで調べたら、人間にはよろしくないようです。
ちなみに、実を拾ったセンダンの木にはまだ鳥は来ていません。
去年、この木にヒヨドリが来ていたのも、もっと後だったように思います。
食べ頃とか、食べられる時期をどうやって判断するのかなぞです。

中洲のアオサギ、パッと見て「やたら多いぞ」と思いました。
河口堰近辺に、いったい何羽いるのでしょう?
謎ばかりですね(笑)。
長良川左岸には、小さくですが、サギたちの姿も写っていました。
ひらいさんがご覧になってきたサギさん達ですね。

カンムリカイツブリ、やはり、風の強い日には揖斐川に出てくるのかも知れません。
これまた、何故?と思います。

投稿: mamekichi | 2015年12月20日 (日) 09時36分

チーママさん、おはようございます。

真宗大谷派の門徒(といっても、端くれでしかありませんが)にとって、報恩講は、親鸞聖人のご命日であり、また一年の締めくくりという感じがします。

しかし一年の締めくくりとはいえ、おっしゃるように若い頃のようにテキパキ、サッサとものごとが運ばなくなってきて、我ながら笑えます。

投稿: mamekichi | 2015年12月20日 (日) 09時29分

mamekichiさん、こんばんは!

今日は風が強く、寒い日でした。日の出前からシロチドリの行動確認に行こうと思ってたのですが、寒そうだったので日が完全に上がってからにしました。謎は解明されないままです。明日も寒そうなので、また暖かくなってからですね。(^^;;

黄色い実、昨年ヒヨドリとムクドリが丸呑みしてたのを思い出します。食べ頃判断はどうやってしてるんでしょうね、柔らかくなったりするのでしょうか。これまた謎です。

中洲のアオサギ、20羽とは驚きです! 河口堰の5羽が移動してないとすれば、25羽居るんですね。時間的にはちょうど帰宅したのが10時頃だったので、25羽の存在は微妙では有りますが、河口堰鉄柱に20羽以上集まってる所が見たいですね。アオサギ写真の向こう側に、自分も確認したシラサギ達も写ってますね。この中の1羽が今日の主役だったかもしれません。(笑)

カンムリカイツブリは、本日河口堰には殆ど居ませんでした、風の強い日はそちらに行ってるのかもしれませんね。

投稿: ひらい | 2015年12月19日 (土) 21時13分

報恩講・・・一年を感謝する。これが済むと、いよいよ暮れ正月ですね~。
今年もまた、ドタバタで終わりそうです。若い頃 1か月の予定を立てて、大掃除したのが懐かしい(笑) 今はただ時間のしっぽを追いかけるのが精いっぱいです。ヤレヤレ・・・

投稿: チーママ | 2015年12月19日 (土) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園にてカワウの漁、ユリカモメのダンス……鈴鹿の山も薄く雪化粧(山名について訂正・付記あります) | トップページ | 大山田川から揖斐川沿いを6.6㎞……モズ、コガモ、オオバン、ノスリ?、アオサギは13+1羽 »