« 椿の花咲く、センダンの実をついばむヒヨドリ、ビンズイ再び | トップページ | 大山田川でホシゴイ、オオバンの大きな足、ジョウビタキ、ノスリ »

2015年12月25日 (金)

ユリカモメ80羽、欄干にも並ぶ、カワウのカッコイイ飛び出しシーンも

Img_5298 最高気温は、14℃を超えたようですが、次第に北風が強くなり、寒い日となImg_5107 りました。今日は、九華公園にユリカモメが80羽ほどやって来て、しかも、二ノ丸橋の欄干にたびたび並んでくれました。人が通ると、いったんは逃げますが、また舞い戻って来ます。しっかり楽しんで、写真もたくさん撮ってしまいました(笑)。左の写真は、二ノ丸橋の南側から、また、右は北側から撮ったものです。

Img_5185  そのユリカモメ、今日、接近して写真を撮っていて気づいたのですが、正面から顔を見ると、嘴の付け根の周りが星形になっていました。なかなか気づかない、隠れたチャームポイントです。


Img_5130  ユリカモメが80羽もいると、かなり壮観です。それにしても、ユリカモメは、止まっているところも魅力的な被写体ですが、飛んでいるところはさらに美しく、どれだけ写真を撮っても飽きない感じです。

Img_5280  ユリカモメも、痒くなるようです(笑)。野球場のフェンスを止めている柱のImg_5277 上で、顔のあたりを掻いているユリカモメがいました。右は、風でモシャッたユリカモメ(昨日もありましたが)。おユキさんのコメントによれば、「アホ毛」だそうです。

Img_5114  カワウ達、今日は数はあまり多くはありませんでした。いつものように野球Img_5115 場の照明灯の上に4羽ほどいたのですが、左から3羽目のカワウさん、昨日のgentaさんのブログの記事(コガモさん達も興味津々)に載っていたカワウに酷似しています。腰というか、足というか、そこに白い模様があるのです。婚姻色を呈しているのも同じです。九華公園から新宮西橋までは、直線距離で約2.5㎞。もし同じカワウであれば、これだけの行動範囲を持っていることになります。

Img_5117  このカワウさん、飛び出しシーンを見せてくれました。カワウというと、私Img_5120 には、バタバタ飛ぶというイメージがあったのですが、それを十分覆してくれました(笑)。写真で見ると、カッコイイのです。

Img_5025  さて、ここからは時間的順序にしたがって行きます。住吉入江のキンクロさんのオス、お一人でした。カンムリカイツブリも来ていません。ふて寝をしているように見えました(笑)。

Img_5031  住吉水門のすぐ内側には、オオバンが、今日は1羽のみ。私に驚いて、逃げようとしているところです。オオバンも割と神経質なのか、人を見るとサッサと逃げます。

Img_5041  揖斐長良川の中洲のアオサギ集結場所、今日は誰もいません。写真を撮る前に見たときには、アオサギが1羽いたように思ったのですが、写っていませんでした。ちなみに、この時間(9時過ぎ)、長島側では、伊勢大橋の杭打ち工事が行われていました。

Img_50522  七里の渡し跡の川口水門のところにもオオバンが1羽いました。七里の渡し跡が揖斐川につながるところが、水門になっているのですが、そこをオオバンが横切っていたのです。このほか、今日、揖斐川では、カンムリカイツブリが1羽、キンクロハジロのメスらしき姿が2羽見えました。

Img_5061  九華公園まで来て、鎮国守国神社の社務所裏にあるセンダンの木にImg_5064 は、ムクドリがやって来て、実を啄んでいきました。センダンの実は、かなり少なくなっているようです。右の写真、よくご覧いただくと、ムクドリ(上下にいます)が、実を嘴で咥えています。

Img_5074  九華公園のカモ達、今日は合計78羽。メンバーはいつもと同じく、ホシハジロのオス3羽、メス4羽、ハシビロガモのオス1羽、メス1羽、ヒドリガモのオス2羽、メス2羽で、他は大半がキンクロさん。

Img_5070  ハシビロガモのオスは、今日もまた、カメの甲羅干しスロープに「半上Img_5078 陸」。身繕いをするのに、ここに上がるようで、今日もやっていました。右は、キンクロハジロのオス。寝癖が何とも言えません。写真を撮ろうと覗き込んだら、「餌をくれ」とばかりに寄って来たのです。

Img_5124  朝日丸跡では、モズのオスが喧しくというか、けたたましいくらい鳴いていました。モズの鳴き声は、結構大きく、よく分かるのですが、こんなに賑やかなのは、初めてです。

Img_5193  本丸跡、鎮国さんの鳥居の前辺りに、ジョウビタキのオスとメスがいましImg_5240 た。この時期ですから、ペアではないと思います。左の写真のオスの視線の先辺りにメスがいたはずです。オスもメスも、その辺りをしばらく移動していましたので、何枚か写真を撮らせてもらえました。

Img_5218  樹上では、寒いせいか、オスもメスもいくらかふっくらしている感じです。

Img_5267  ビンズイ、今日も数羽が、辰巳櫓辺りにいたのですが、あいにくと木陰や陽の当たらないところにしか出て来ませんでした。去年と同じく、この辺りに居着いてくれたことを期待しています。

Img_5328  このあと、歴史を語る公園を経て、春日神社にお参りし(門松の準備が進められていました)、寺町経由で帰っImg_5330 てきましたが、歴史を語る公園で、珍しくキンクロさんのメスが1羽いた以外は、これという鳥はいませんでした。住吉入江のキンクロさんもいなくなっていました。代わっていたのは、ハクセキレイ2羽。

Img_5251  余談。鎮国さんの拝殿にいた旅ネコさん。奉納された薦被りの上にいまImg_5254 した(この下に2つ、樽が並んでいます。たぶん樽は空っぽです)。「青雲」は、桑名の地酒。後藤酒造場がつくっています。

Img_5320  本日の散歩、8時50分から11時45分、住吉神社、九華公園から上記のようなコースを回って、5.9㎞。ユリカモメの撮影に時間をかけたのと、バールフレンドのYさんや、伊賀町のご隠居Hさんとお話しを結構長くしていましたので時間がかかっています(苦笑)。「ゆめはまちゃん」の飛び出し坊や(ゆめはまちゃんは、女の子でしょうから、飛び出しお嬢ちゃんかも?)は、春日神社近くの宮通で見つけました。

|

« 椿の花咲く、センダンの実をついばむヒヨドリ、ビンズイ再び | トップページ | 大山田川でホシゴイ、オオバンの大きな足、ジョウビタキ、ノスリ »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

心残りがあるといけませんから(笑)。

「アホ毛」「モシャリ」といろいろとありますね。
別パターンがないか、また良く見て歩くことにしましょう。

ユリカモメ、並び方は何か法則があるのかも知れませんが、今のところ分かりません。
鳥のことは、まだまだ知らないこと、分からないことが多々ありすぎです(苦笑)。

カワウさん、あまり好まれないのですが、実はけっこうきれいで、魅力があります。
かわいがってやってください。

投稿: mamekichi | 2015年12月31日 (木) 15時36分

mamekichi先生、こんばんは。

この記事にコメントできなかったのが心残りだったので、今年のうちに(笑)。

「アホ毛」、早速の採用、ありがとうございました。
しかしながら、私の基準では「モシャり」と「アホ毛」のハイブリッドのようです(笑)。

ユリカモメさんの整列、以前は横に並んだ姿を拝見していたような気がします。
縦に「前倣え」は、面白いですね。
choochooTRAIN でも踊りだしそうに見えます。

で。
実はこれが書きたかったのですが、カワウさんに惚れました。
思えば、昨シーズン、漁をしていたカワウさんを「色っぽい」と形容した時から、惚れていたのかもしれません。

先日の立ち姿も綺麗でした。
そして飛び姿、カッコイイです。左のお写真は、悪魔のようでまた魅力的です。

はぁ~、気が済みました(笑)。

投稿: おユキ | 2015年12月31日 (木) 00時00分

gentaさん、こんにちは。

アオサギ情報、ありがとうございます。
ブログで拝見してきました。

しばらく前は、中州にけっこう集まっていましたが、この頃は少ないです。
今日は、10時半過ぎに3羽のみ。
その前後に、飛んでいるのを2羽みたのと、中洲近くの別の場所に1羽がいるのを見ましたが。
アオサギの行動パターン、なかなか読めません(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2015年12月26日 (土) 12時11分

こん@@ワン。
今朝の9時過ぎ、アオサギさんは少なくとも4羽は大山田水門のところの足場にいたんだワン。この4羽はきっと中州から飛んで来たんだワン。

投稿: genta gonta | 2015年12月25日 (金) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椿の花咲く、センダンの実をついばむヒヨドリ、ビンズイ再び | トップページ | 大山田川でホシゴイ、オオバンの大きな足、ジョウビタキ、ノスリ »