« ユリカモメの飛翔シーン、ムクドリ集団がセンダンの実へ、カワウの飛び立ちシーン……桑名別院では報恩講の準備【クスノキとセンダンの実について付記しました】 | トップページ | 雨上がり、郵便局、寺町、桑名七里の渡し公園へ »

2015年12月20日 (日)

大山田川から揖斐川沿いを6.6㎞……モズ、コガモ、オオバン、ノスリ?、アオサギは13+1羽

Rimg00021220 一段と冷えました。0.9℃だったようです(6時40分)。日中は10℃を超えています。今日も用事があって、散歩は、10時15分から12時半まで。福島地区から大山田川へ。沢南橋から新宮西橋まで行って、川沿いを下って、揖斐川に出て帰って来ました。6.6㎞も歩いてしまいました(笑)。時間が遅かったので、あまり鳥さん達はいませんでした。

Img_4438  福島の水田沿いの水路にコサギさんがいたのですが、近づこうと思った途端に逃げられました。まぁ、しかし、コサギさんを間近でみられたのは、久しぶりでした。


Img_4442  沢南橋へ行く前に、西浄寺へ寄ってみました。境内の木がかなり伐採されImg_4453 ていると聞いたので、見ておこうと思ったのです。寺の南側から覗いていると、頭上からモズの鳴き声が。オスのモズが、ほとんど枝を切られた木のてっぺんで鳴いていました。

Rimg00081220  ちなみに、南の道路から見たお寺は、こんな風でした。前は、まさにうっそうとした森になっていたのですが、すっかり様変わりしていました。モズは、フェンスのすぐ右にある木のてっぺんにいました。

Rimg00181220  沢南橋に到着。しかし、静かです(笑)。セグロセキレイが1羽いただけImg_4460 で、あまり期待していなかったとは言え、拍子抜け。サギはもちろん、コガモも見あたりませんでした。

Img_4464  沢南橋のすぐ北西にある駐車場。以前は、たびたびジョウビタキのオスを見ていたところです。残念ながら今日は、ジョウビタキの姿はありませんでした。ただ、駐車していたクルマの屋根の後部には、鳥の糞が残っていました。乾燥しているようで、あまり新しい感じはしませんでした。

Img_4475  コガモがいたのは、人・自転車専用橋から、JR・近鉄の鉄橋の中間地点から上流側でした。この辺りには、合計18羽のコガモがいました。陸に上がって休憩しているカモもいましたし、水に浮いて餌を探しているカモもいました。休憩中のカモさん、左の写真のように、一本足で立っていました。

Img_4484  この辺り、大山田川の左岸しか歩けませんので、どうしても逆光になってImg_4486 仕舞い、きれいに撮れません。11月から12月の初めくらいには、オスがエクリプスから脱しつつある様子が見られましたが、もうほとんど普通のオスのように見えました。

Img_4496  コガモたちも、けっこう神経質なようで、川沿いで立ち止まって写真を撮ろうとすると、割とすぐに逃げます。これは、飛んだところを撮ろうとしたものではなく、水に浮いているところを撮ろうとしたら、逃げられたというのが、実際です。

Img_4467  セキレイは、大山田がには、かなりたくさんいます。あちこちで見られますImg_4502 し、近くに3~4羽がまとまっていることもあります。ハクセキレイの方が多いのですが、セグロセキレイもけっこういます。キセキレイは、今日は残念ながら見られませんでした。

Img_4519  新宮西橋まで行って、戻ります。沢北水門や、大山田水門の辺りには鳥はいませんでしたが、甚内ポンプ場の樋門のところには、オオバンが5羽。


Img_4527  オオバンがいた側には、こちら様が、ご丁寧に頭を下げて、挨拶してくれImg_4528 ました(爆)。イソシギのようです。かなり遠くにいたのを250mmズームで撮り、大トリミングしています。セキレイかと思ったのですが、パソコン上で見て確認できました。

Img_4538  伊勢大橋の工事現場を眺め、揖斐川堤防上の道路へ。工事はお休みですが、作業員の方の姿は見られました。

Img_4557  揖斐川右岸を歩いていると、河口堰辺りの上空を猛禽類が旋回していました。尾羽の先が扇形になっていましたので、トビではないと思いました。かなり小さい画像を無理に拡大していますので、はっきりしませんが、ノスリではないかと思います。

Img_4586  これまた遠くを飛んでいたのですが、ウミネコと思います。このとき、時々お目にかかる、鳥好きのSさんとお話ししていました。「寒いので、なかなか出てこようという気にならないんだけど、家内が、歩いてこいというので来ました」とおっしゃっていました。

Img_4600  揖斐長良川の中洲のアオサギの集結場所、今日は、下流側には13羽がImg_4590_2 集まっていました。カワウも、14~5羽がいます。カワウの方が、川側にいるのは、何か理由があるのでしょうか。上流側のところには、1羽だけがポツンといたのですが、一人でいたかったのでしょうか?

Img_4606  このほか、伊勢大橋から、住吉浦休憩所辺りまでの間に、キンクロさんが10羽ほど見えました。この写真は、グループになっていますが、他は単独行動をしていました。

Img_4437  単独行動といえば、住吉入江のオスのキンクロさん、今日もお一人でした。時間が遅かったのであまり鳥さんはいませんでした。本当は、福島辺りの水田で、ケリが見られないかと思ったのですが、ケリはまったくおらず。しかし、久しぶりにSさんともお話しができ、楽しめました。

|

« ユリカモメの飛翔シーン、ムクドリ集団がセンダンの実へ、カワウの飛び立ちシーン……桑名別院では報恩講の準備【クスノキとセンダンの実について付記しました】 | トップページ | 雨上がり、郵便局、寺町、桑名七里の渡し公園へ »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、お久しぶりです。
ミスターが東京遠征でいらっしゃったそうですね。
街中には、アオサギさんはいないでしょうね。
皇居のお堀には、コガモくらいはいそうな気もしますが、どうでしょう?
しかし、ミスターの鳥好きも相当なものでいらっしゃいますね(笑)。

さて、西浄寺の木は、本当に残念ですね。
しかし、あれだけうっそうとしていましたから、境内やお墓の掃除はさぞ大変だったことでしょう。
西にある2本のイチョウの木もずいぶん大きいですよね。

甚内排水機樋管出口のイソシギ山は、gentaさんのブログにもよく登場しているなと思っていました。
新宮西橋のところでは見たことがありませんが、以前は、沢南橋のところで何度かイソシギを見ています。
また、「カワセミ石」のところにも行ってみます。

膝その他、ご心配、ありがとうございます。
あまり歩きすぎないように気をつけています。
gentaさんも、ミスターもお気をつけ下さい。

投稿: mamekichi | 2015年12月21日 (月) 19時01分

こん@@ワン。お久なんだワン!
この一週間ほどミスターが桑名を離れてたので、おいら大山田川までお散歩に出かけてなかったんだワン。
西浄寺境内の木のことはとっても残念なんだワン。境内にいるヒヨドリさんも、近所の電線によく出張してるんだワン。モズさんも近所の電柱にとまってるのを見かけたんだワン。2本の大きなイチョウの木は無傷なんだけど、落葉の関係か、夏には枝を払うようなことを聞いてるんだワン。お墓のお掃除もとっても大変みたいなんだワン。
ミスターが行ってたところは大都会のせいか、アオサギさんやコガモさんに全然会えなくて、すごく欲求不満になってたそうなんだワン。比較的大きな公園の池にはカルガモさんやオナガガモさんがいて、それで飢えをしのいでた(?)らしいんだワン。
甚内排水機樋管出口の右側のブロックの上にいるイソシギさんをよく見かけるんだワン。それと新宮西橋のすぐ下の水たまりの周辺にもよく来るんだワン。同じイソシギさんかもしれないんだワン。
余裕があったら、また新宮西橋の上流のカワセミ石あたりから覗いてみるといいんだワン。必ず何かが起こってるんだワン。
でも、mamekichi先生も膝腰首を傷めないように気をつけないといけないんだワン。 genta

投稿: genta gonta | 2015年12月21日 (月) 13時04分

ひらいさん、おはようございます。

大山田川、昨日は出かけるのが遅かったこともあってか、サギ類や、ジョウビタキを見られませんでしたが、それでもおっしゃるように、なかなか充実した鳥見スポットです。
ただ、今年の春の河川改修で、人・自転車専用橋のすぐ下流にあった木がなくなり、また、あの辺りの葦もかられてしまったので、アオジ、カシラダカなど小型の野鳥が来られなくなったと思います。
これは残念です。

桑名七里の渡し公園は、ハクセキレイくらいしか見たことがなく、鳥見にとっては、今のところただの広い公園です。
樹木がもう少し生長してくれると、となりの諸戸氏庭園から野鳥が来てくれるのではないかと期待しています。

ケリは、昨日、沢南橋で飛んでいるのを1羽見ただけでした。
昨シーズンまでは、福島辺りの水田にたくさんいたのですがねぇ。

アオサギさん、ひらいさんのご推測のように、河口堰西側と中洲辺りをメインに、時々、九華公園、揖斐川、大山田川に出没というパターンかなと私も思います。

2枚目の中洲写真に写っている竹竿、先に旗のようなものが見えますから、何かの目印かという気がします。
1枚目の中洲写真の背後にも竹竿があります。
ここには先日、猛禽類が止まっていました。

チョウゲンボウ、早くやって来てくれませんかね。
ひらいさんの写真で拝見するのが楽しみなのです。

伊勢大橋の工事、長島側では休日返上なんですね。こちら側は、今のところ、土日は休みのようです。

投稿: mamekichi | 2015年12月21日 (月) 08時50分

mamekichiさん、こんばんは!

大山田川辺りも中々見ごたえ有る所ですよね、随分行って無い気がするので、そろそろ行かねばと思っておりますが、中々行動出来て無いです。その前に、新しい公園にも行かないといけませんね。(^^;;

ここ最近、ケリとジョウビタキを見掛けなくなりました、どこに行ってしまったのでしょうか。替わりにモズは毎回出てきてくれてます。アオサギはご存知の通り、目撃記録更新中です。(笑) 毎年恒例のチョウゲンボウは、あの工場にはまだ来てないようです。

そのアオサギ、河口堰西側と中洲を行ったり来たりしてるようですね。今日河口堰に居る時に1羽だけ中洲方面に飛んで行き(手すりにとまってたアオサギです)、見えなくなりました。ところで中洲写真の2枚目、向こう側に見える釣竿のような物は何でしょうね。

橋の工事、桑名側はやっておりませんでしたが、長島側はガンガンやっておりました。工事の遅れ挽回中かもです。

投稿: ひらい | 2015年12月20日 (日) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユリカモメの飛翔シーン、ムクドリ集団がセンダンの実へ、カワウの飛び立ちシーン……桑名別院では報恩講の準備【クスノキとセンダンの実について付記しました】 | トップページ | 雨上がり、郵便局、寺町、桑名七里の渡し公園へ »