« 謎の猛禽類、住吉入り江にキンクロハジロ | トップページ | ホオジロ登場、美白スズメの後ろ姿も »

2015年12月 1日 (火)

キョーレツなキンクロさん(笑)、ユリカモメ今日は40羽、ドバトの日向ぼっこ……鎮国さんは上棟式

Img_1807 最初から、けっこうインパクトのある写真になったと思いますが、いかがでImg_1813 しょう? 昨日から住吉入江にやってきているキンクロハジロのオス(右)・メス(左)です。

Img_1805  「昨日から来ている」と書きましたが、昨日と同じキンクロさんかどうかは、分かりません(苦笑)。今日は、諸戸氏庭園前あたりにいました。散歩に出た9時前からいて、帰ってきた時(11時)にもいました。南側から覗いたら、寄って来ました。

Rimg00101201  九華公園、今日は、カモ達は70羽弱。ユリカモメは、40羽あまりでした。メモ帳は持っていったのですが、ボールペンを忘れてしまい、カモの種類別の数は、記録できませんでした。

Img_1641  九華橋のところで、カモに餌をやっている方がいらっしゃり、辺りは、大騒ぎImg_1650 でした。この方、ユリカモメは嫌いで、カモに餌をやりたいとおっしゃるのですが、先日も書いたとおり、ユリカモメの方が動きが素早いので、ねらい通りカモに餌が渡るためには、よほどうまくやらないといけません。

Img_1787  ユリカモメ達は、群れになって飛び上がり、堀の東端まで行って戻ってくImg_1782 るなどしていました。左の写真は、131mmで撮って、トリミング処理してあります。右のものは、214mmで撮って、ノートリミングです。もちろん、数多くのピンぼけの中から選んだものです(笑)。

Img_1791  左は、写真の出来としては、今ひとつですが、鳥が飛ぶときの姿勢がよくImg_1778 分かると思います。右の翼を高く上げて、左に旋回しているときの写真です。安宅間というか、顔は、水平の位置を保っています。他の旋回場面を見ても、同様に頭は水平に保たれています。右の写真は、右旋回中のものです。


Img_1607  さて、そのほかの鳥など、見てきた順に。左は、住吉ポンプ場の西側のフェンスに止まったハクセキレイ。「反省」しているように見えますが、もちろんそうではありません。たまたま下を向いたところが撮れた、ということです。

Img_1609  揖斐長良川の中洲の、例の場所には、今日もアオサギが8羽ほど集まっていました。昨日もそうでしたが、伊勢大橋の架け替え工事現場で、杭を打つような音がしていますので、逃げてきているのかも知れません。ちなみに、今日も、ここ以外ではアオサギは見られませんでした。中洲にアオサギがいると、他にはいないという仮説は、検証され続けています(笑)。ありがたいような、残念なような。

Img_1613  揖斐川に、何羽か水鳥の姿が見られました。左は、ヒドリガモのペアと思Img_1627 われます。揖斐川の真ん中辺りを泳いでいました。右は、右岸(桑名側)に近いところにいたカンムリカイツブリです。後ろ姿になってしまいました。

Img_1727  これまた写真としてはよろしくありませんが、ちょっと珍しいところが撮れたので、乗せました。カワラヒワが、身繕いをしているところを撮ったものです。羽を広げて震わせていたところです。朝日丸跡にて。

Img_1733  同じく朝日丸跡では、シジュウカラとメジロが、2~3羽ずつ交じった群れImg_1739 がやって来ました。木のかなり高いところでしたので、撮るのにちょっと苦労。シジュウカラの目をきちんと撮るのは難しいのですが、順光のときで助かりました。

Img_1766  ドバトを載せるんて珍しいと思われるでしょうが、その通りです(笑)。理由Img_1760 があります。野球場の南に、堀の中の東屋がありますが、その屋根にいたのです。冬になると、ドバトたちがここで日向ぼっこをするようになるのです。今日から12月、早速日向ぼっこをしていて、笑えました。

Img_1795  今日の散歩は、8時45分頃から11時まで。いつものように、住吉神社、七里の渡し跡、九華公園から京町を経て、寺町と回ってきました。4.5㎞です。歩き始めは寒かったのですが、次第に暖かくなり、途中、少し汗を掻いたくらいです。九華公園の北門で、知らない男性から、「サザンカと、ツバキの区別はどうやってするの?」と聞かれたり、バールフレンドのお二人とお話ししたり、退屈しませんでした。

Rimg00141201  余談でありますが、鎮国守国神社の新参集殿の工事、今日が大安というImg_1775 ことで、棟上げが行われていました。神社ですから、きちんと神事もあったようです(あとの写真をご覧ください)。バールフレンドのYさん、「普通、建前をするときは、もち投げをしたり、お菓子を配ったりするなじゃないの? 何もなかったわねぇ」とおっしゃっていました。

Rimg00171201  私が工事の様子を写真に撮ったのは、10時半くらい。神事は、当然もっと早くに執り行われたと思います。

|

« 謎の猛禽類、住吉入り江にキンクロハジロ | トップページ | ホオジロ登場、美白スズメの後ろ姿も »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

キンクロさん、なかなかの迫力でしょう?
のけぞりますよね(笑)。
この間は、泳ぎながら排泄行為に及んだところを目撃したのですが、さすがに写真には撮れませんでした。
次のチャンスを狙います。

鳥が飛んでいるとき、水平飛行でなくとも、顔は水平で正面を向いています。
そうでないと、多分きちんと飛べないのでしょうね。

「反省」とか、「謝罪」とか、何かあるとマスコミなどでもよく目にします。
以前は、あれほど、言われなかったように思うのですがどうでしょう?
反省や謝罪は必要だと思いますが、「謝罪がされていない」と報じられるのを聞くと、何となく、どうなのだろう、謝罪を求めるだけでいいのかと思ってしまいます。

カワラヒワ、もう少し明るく撮れると良かったのですが、何にしても、鳥さん相手ですからポーズに注文をつけることもできません。
羽が透けて見えるのが、神秘的な感じを醸し出しているのかも知れません。

今日もそうでしたが、朝は冷えるのに、陽が上がってくると気温が上がりますし、歩くとけっこうな運動になりますので、衣服調節、大変です。
今の時期、下手に汗を掻くとまた風邪がぶり返しそうな気もしますしね。

投稿: mamekichi | 2015年12月 2日 (水) 22時04分

mamekichi先生、おはようございます。

キンクロさんの正面顔、しかと拝見いたしました。
仰るようにインパクトがあり、ちょっとのけぞりました(笑)。
高確率で笑わせてくれる、有難い存在ですね。

ユリカモメの飛行姿勢、なぁるほど、と子どもが描いたような絵を思い出しました。
鳥が飛んでいる絵って、羽を上下に広げていても、顔が横顔になっていて、簡略化したり、描きあぐねてそう描いてしまっているのかと思っていたのですが、
「事実」だったんですね。

うーん、羽が「生えている」とは、こういうことなのかもしれません。

ハクセキレイさんの「反省」、笑えました。
このところ、反省という言葉をよく目にするように思いますし、私も反省と口にすることが多いので、投影か、と(笑)。

身繕いをするカワラヒワさん、珍しいこともありますが、ちょっと神秘的というか、深窓におわします感?がありますね。

お散歩中の衣服調整、大変そうですね。
私も、マフラーかショールか、など、何を持って行ったら良いか、なかなか定まらないでいます。

投稿: おユキ | 2015年12月 2日 (水) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謎の猛禽類、住吉入り江にキンクロハジロ | トップページ | ホオジロ登場、美白スズメの後ろ姿も »