« ジョウビタキのオス、メス、モズのメス、ツグミ、モシャッたアオサギ……曇天でもまぁまぁ | トップページ | 風邪気味か?……証拠写真ばかり、夕方、マイ・ナンバー届く »

2015年11月21日 (土)

アオサギの飛び姿、“美白スズメ”、ノスリ(?)、そしてクルマ好きのジョウビタキ……照源寺では、紅葉とツグミ、シロハラも

Img_0403_3  まずは、アオサギファンの皆様に、プレゼントであります(笑)。甚内ポンImg_0394_3 プ場の先の入江から、アオサギが飛び立った直後の写真です。背景が枯れ草でよろしくありませんが、飛んでいるところでこれだけピントが合うのはなかなかないと思います(自画自賛にて恐縮)。

Img_0177_3  もう一つのスクープ写真は、こちら、“美白スズメ”であります。しばらく前Img_0179_3 から、家内が「白っぽいスズメがいる」といっていたのですが、私は今日初めて見ました。我が家のすぐ南の駐車場のフェンスです。全身真っ白ではありませんので、アルビノとは言えないでしょうが、色を出す遺伝子に異常があったと思われます。頭・顔の左右でも色合いが違いますし、嘴もかなり黄色っぽい感じです。背中の写真が撮れませんでしたので、また、見つけたら挑戦します。ちなみに、他のスズメたちに混じって、一緒に行動していました。

Img_0182_3  普通のスズメは、こちら。すぐ近くの電線上にいたものを撮りました。比べてみると、上の“美白スズメ”、やはり、かなり白いです。



Img_0334_2  大山田川の沢南橋から河口まで行く途中、上空を、猛禽類らしい鳥が旋回していました。尾羽が、扇形になっていますので、トビではありません(トビは、凹形です)。大きさは、トビくらいのように見えます。腹側は、白い部分がけっこうあるようです。

Img_03551_2  当初は、私から見て東の空にいたので上のような写真が撮れましたが次第に、大山田川Img_03552_2 の上流方向に来ましたので、南側になり、逆光になってしまいました。そこで、一計を案じて、左の写真を思い切ってかなり修正してみました。それが右の写真 です。邪道なのでしょうが、これで見ると、模様からすると、ノスリのように思えます。

Rimg00071121_3  さて、今日の散歩は、照源寺の紅葉を見て、そこから播磨へ出て、大山Rimg00081121_3 Rimg00081121 田川沿いを下り、伊勢大橋を過ぎてからは、福島地内へ回ろうという計画で出かけました。8時45分出発、11時半帰宅。歩いた距離は、6.6㎞! 照源寺は、浄土宗のお寺で、桑名藩主であった松平定勝公他、松平家ご一統の墓所となっています。

Img_0203_3  イロハモミジは、一部紅葉してきていましたが、残念ながら、全体としてはImg_0195_3 まだという感じでした。ここへは蓮の花も見に来るのですが、なかなかタイミングよくというのは難しいものがあります。

Img_0208_3  左は、駐車場から本堂を望んだものです。右手前のモミジがもう少し紅Img_0215_3 葉してくると、もっとよい景色になる気がします。右の写真は、大きなイチョウの木です。本堂に向かうと、この銀杏は右手にあります。イチョウの木の脇には、鐘撞き堂があります。

Img_0189_3  紅葉を見に行ったのですが、山門あたりでツグミの鳴き声が気になりました。困ったものです(笑)。樹上にいます。この時期、まだあまり地面には降りてこないのでしょうか。

Img_0192_3  もう一羽。もっと分かりにくく、くらいので恐縮ですが、シロハラさんのようです。何かいると思って、とにかく何枚か撮ったものです(苦笑)。昨シーズンは、鎮国守国神社の境内や、貝塚公園でよく見ました。あまり明るくない林の中で、地面を歩いて餌を探しているところをよく見かけました。

Rimg00121121_3  照源寺からは、尾野神社の前を通り、播磨駅の方へ。尾野神社は、以前Rimg00131121_3 何度か来ていますので、今日はパス。ここには、「船繋ぎの松」があります。尾野神社は、その昔、「船着大明神」と呼ばれていたようですが(千数百年前と書かれています)、その頃はこの辺りが海路で、船をつなぐ松があったといいます。もちろん、現在のものは、何代目かの松です。

Img_0236_3  播磨駅の南から大山田川の右岸を下流方向に向かいます。当初は、沢南橋までと思っていましたが、今日の大山田川はあまりにも静かで、コガモと、セキレイしかいませんでしたので、河口まで行きました。コガモは、合計26羽。キセキレイを3羽、ハクセキレイを数羽見ただけで、コサギも、アオサギもいません。カワウさんは、NTNの鉄塔に1羽のみでした。

Img_0240_3  コガモさんのオス、もうみんなエクリプスから脱したのかと思っていたのでImg_0254_3 すが、まだその途中の個体もけっこう見られました。左の写真の2羽のオスを比べるとよく分かります(こちらは、コスモマンション近く)。右の写真のオス、肉眼ではメスかと思ったくらいです(新宮西橋の下)。まだまだこれから変身のようです。

Img_0261_3  このハクセキレイは、新宮西橋の下にいたものを上から見下ろして撮っImg_0278_3 たものです。キセキレイは、あまり近いところには来てくれずで、証拠写真であります。


Img_0288_3  さあ、いよいよ沢南橋近くのジョウビタキ・スポットに到着。gentaさんが、今日の記事で「ジョウビタキさんは必ず現場にやってくる!」と書いていらっしゃいますが、まさにその通り。先日、ジョウビタキが遊んでいたクルマの後部の屋根の上には、ここで食餌をした痕跡がありました。

Img_0307_2  しばらく待っているとジョウビタキの声が聞こえ、オスが登場してきましImg_0326_2 た。いつも書きますが、ジョウビタキは縄張りがはっきりしていますから、同じオスだと思います。クルマのミラーに映った自分の姿に向かって攻撃するという話しも聞きます。今日は、前後に2台クルマが止まっていましたが、それらとフェンスなどを行き来していました。よほどクルマが気に入っているのでしょうか。

Img_0320_2  しかし、それにしても、いつ見ても、何度見てもジョウビタキには飽きませImg_0299_2 ん。もちろん、他の鳥たちも同じなのですが、とくにそう思います。今日もたくさん写真を撮って来てしまいました(苦笑)。右は、駐車場の下にある畑にいるところを撮ったものです。

Img_0363_2  揖斐川に到着。沢木田水門の先には、オオバンが、合計15羽。オオバンImg_0368 も割と警戒心が強いようで、人を見つけると逃げます。ただ、飛んで逃げるよりも、セッセと泳いで離れていきます。右の写真は、その逃げるところを撮ったのですが、足というか、水かきまで見えました。水鳥の足(水かき)は、大きいです。

Img_0399  最初に掻きましたように、甚内ポンプ場の先の入江にはアオサギがいたのですが、そのほか、この写真のようにカルガモが1羽、上陸していました。最初は、カルガモには見えず、「新しいカモか?」とちょっと期待してしまいました。ここには他に、コガモが7羽ほどいました。

Img_0424  このあと、伊勢大橋の脇を通って、福島地内の水田へ。ケリが見たかったのですが、どこにもいませんでした。最後は、諸戸氏庭園前で、カワラヒワ。2羽ほど出て来て、鈴を転がすような鳴き声が聞こえていました。

|

« ジョウビタキのオス、メス、モズのメス、ツグミ、モシャッたアオサギ……曇天でもまぁまぁ | トップページ | 風邪気味か?……証拠写真ばかり、夕方、マイ・ナンバー届く »

季節」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

アオサギさんの飛び姿は、ラッキーでした。
あんなにきれいに撮れているとは思いませんでした。

スズメさん、白いでしょう?
顔の左右で色・模様が違いますが、確かにスズメのようです。
家内から聞いていましたので、「あ、これが例のスズメか」と思った次第です。

紅葉、名所に行った訳ではありませんから、あたり一帯が紅葉しているということではありません。
それらしいところを、それなりに撮ると、「なんちゃって紅葉」に見えます(笑)。
香嵐渓は、道路が混みますから、大変ですよね。
子どもの頃連れていってもらった記憶があります。

銀杏も、落ちていますね。
ただ、拾っている人は見かけません。

投稿: mamekichi | 2015年11月22日 (日) 13時18分

ひらいさん、こんにちは。

アオサギさん、何枚か撮った中に「写っていた」という感じです。
動いているところをあれだけクリアに捉えられたのは、ラッキーでした。
アオサギ連続目撃が、途絶えてしまったのは残念ですね。

美白スズメ、顔の右側と、左側とでもだいぶ違って、自分でもびっくりでした。
背中側がどうなっているか気になります。
我が家のマンションの西側辺りによくいるようなので、また探してみようと思っています。

クルマ好きのジョウビタキ、gentaさんのブログにもよく登場しますが、たいてい毎日、あそこに出てくるようです。
私が見ているのは、午前中10時過ぎのことです。

投稿: mamekichi | 2015年11月22日 (日) 12時03分

gentaさん、こんにちは。

アオサギさんの飛び立ち、気に入っていただいたようで、何よりです。
なかなか狙って撮れるものではありません、「写っていた」という感じです(笑)。

ジョウビタキのオスは、あの駐車場に必ず出てくるようですね。
私が到着したときは、いなかったのですがしばらく待っているとやって来ました。
クルマのウィンドウ二部浸かるのは、自分の姿を見て、別のジョウビタキと思って、追い払おうとしているのかも知れません。

オオバン達、私は沢南橋辺りで見たことはないのですが、あそこまでやってくるんですね。
是非見てみたいものです。

投稿: mamekichi | 2015年11月22日 (日) 11時57分

mamekichi先生、こんにちは。

アオサギさん、すごい!クリアに撮られてますね。
しかも飛び姿。してやったり、な感じです(何で競っているんだろう?)。

美白なスズメさん、本当に白いですね。
やっぱり形で判別するのって、すごいと思います。
こんな感じだな、と分かってきたつもりになると、ふっくらして違うシルエットになったり、ふっくらを見慣れると、スリムになって別の鳥さんに思えたり。

私なんて、先日ひらいさんのところで、シロチドリさんをスズメと間違えてしまったんですよ(恥)。

「白っぽいスズメがいる」と仰った奥さまもスゴイです。


紅葉、進んでいるんですね。
息子が、珍しく香嵐渓に行って来たと言っていました。
私も、ふとしたときに見回してみるんですが、「ほほぉ、これは!」というものには、なかなかお目にかかれません。

ギンナンの匂いは、いつも鼻を突くんですけど・・・。

投稿: おユキ | 2015年11月22日 (日) 11時52分

mamekichiさん、こんばんは!

アオサギ!、素晴らしいプレゼントです! 自分も逃げる姿は毎日のように見ていますが、このような写真に収める事は中々難しいです。と言いつつ、本日ついにアオサギ連続目撃記録が途絶えてしまいました。(笑)

美白スズメ、1枚目は何とかスズメと判りますが、2枚目は、さすがに何じゃこりゃですね。白いカラスも居るらしいですが、遺伝子異常とかになると、さすがに難しいですね。

車好きのジョウビタキ、人工物に興味を示すとか面白いですね。是非本物を見たいです!

投稿: ひらい | 2015年11月21日 (土) 22時57分

こん@@ワン!
今日のmamekichi先生の記事読んでたら、テンション上がってbowwow言ってしまうんだワン!おいら垂涎もののショットもいくつかあって、最初のアオサギさんの旅立つところなんかは何度も目の前で見て悔しい思いしてるんだけど、一度もカメラにおさめたことはないんだワン。何度見ても飽きないんだワン。コスモのあたりにあるコガモ石(旧アオサギ石)の3羽のコガモさんたちも、今朝おいらが見たままのメンバーなんだワン(たぶん)。今朝のことだけどとっても懐かしいんだワン。それとジョウビタキ♂さん。今朝は黒い車はなかったんだけど、やっぱり黒い車が入っているときは、そのルーフのアンテナのところでお食事してるんだね。おいらが今朝行ったときには、反対側に駐車してた白い車のウインドウに何度もぶつかってるのを見たんだワン。
オオバンさんも、早く大山田水門を越えて沢南橋の辺りまでさかのぼって来てくれるとうれしいんだワン。 genta

投稿: genta gonta | 2015年11月21日 (土) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョウビタキのオス、メス、モズのメス、ツグミ、モシャッたアオサギ……曇天でもまぁまぁ | トップページ | 風邪気味か?……証拠写真ばかり、夕方、マイ・ナンバー届く »