« カワセミ嬢、二ノ丸橋欄干に並ぶユリカモメ@九華公園 | トップページ | 本日は、蟄居(苦笑) »

2015年11月26日 (木)

赤須賀漁港まで足を伸ばしたものの、ユリカモメは少なし……ジョウビタキのメス、カイツブリ、2羽のユリカモメ@九華公園

Rimg00281126_2 朝8時台に、雨が少し降って、その後、晴れたり、曇ったり。午後には、いかにも冬という空になってきました。ソーラーパワーが得られないので、今ひとつ気勢が上がりませんが、風邪も抜けきっていないかも知れません。冒頭の写真は、散歩から帰った、ちょうど昼頃の北の空。陽は当たっているものの、山からこちらは、雲がかかっています。

Img_1205_2  散歩に出てすぐ、諸戸氏庭園前でコゲラや、ヤマガラを見て、船津Img_1209_2 屋の裏ではモズに遭遇したのですが、どれも写真は失敗(苦笑)。ただし、写真のスキルが問題ではなく、枝かぶりであったり、カメラを向けて、すぐに逃げられたためです。七里の渡し跡まで来て、このジョウビタキ(メス)に出遭えました。ここは、一昨年のシーズンまでは、ジョウビタキの出現スポットでした。昨シーズンはまったく見ませんでした。

Img_1216_2  九華公園まで来て、北門の堀には、カイツブリ。このところよくいます。この辺り、カワセミが時々出て来ますが、それ以外には、カルガモさんや、少数のキンクロさんしか来ませんので、静かで落ち着くのかも知れません(笑)。しかし、このカイツブリさん、お休みの体勢なのに、眼光は鋭く、こちらを睨み付けていました。「お邪魔しました」と断っておきました。

Img_1236_2  九華公園のカモさん達、今日は、合計61羽でした。天候が今ひとつでしたので、私が行った頃は、皆さんほとんど「休め!」の体勢。いつものように、キンクロさんが大半で、他は、ホシハジロのオス3羽、メス3羽、ハシビロガモのオス1羽。昨日も、今日もヒドリガモの姿はありませんでした。

Img_1244_2  今日は、ユリカモメは、私がいた間は、2羽しか来ませんでした。二の丸Img_1251_2 跡の東にかかる朱い橋にとまったところです。左右の写真は、別々の個体。

Img_1258_2  カモ、ユリカモメに餌を与える人もいます。見ていると、どちらもすごい勢いで集まって来ますが、どうもユリカモメの方が強いというか、俊敏のようです。ユリカモメが餌をさらって行ってしまうことがほとんどです。泳ぐスピードは大差ないように見えるのですが、飛び立ち方や、飛翔能力は、ユリカモメが断然優っています。カモは、助走をつけるようにしないと飛び上がれませんが、ユリカモメは、その場からフワッと飛び上がることができるのです。飛ぶスピード、旋回能力なども、ユリカモメが遙かに上回っています。

Img_1295_2  九華公園の本丸跡では、モズのメスがやって来ました。このモズ、電線に止まる直前、ハクセImg_1299 キレイを追いかけて来たように見えました(実際に追いかけていたのか、たまたまそうなったのかは、定かではありません)。

Img_1321  ところで、今日は、思いついて、赤須賀漁港まで足を伸ばしてきました。Rimg00241126 赤須賀へ行くと、ユリカモメがもっとたくさんいるかも知れないと閃いたのです。まずは、はまぐりプラザの辺りで偵察。


Img_1322  南にある、揖斐長良川と漁港を分ける堤防を見てみたのですが、どうもImg_1323 期待したほど、ユリカモメはいないようでした。左の写真では4羽ほど(黒いのは、カワウです)、右の写真では、堤防の高いところに5羽見えます(堤防の低いところにも3羽いますが、これはドバトのようです)。たくさんいたら、漁港のもっと南まで行こうと思っていたのですが、これではパス。

Img_1327  帰ろうと思ったのですが、気になる影が見えました(笑)。アオサギさんです。はまぐりプラザの先からやや下流側の堤防に、一羽だけで、何気なく佇んでいたのです。まったくアオサギさんには負けるというか、侮れないというか。恐るべし、アオサギ、であります。

Img_1329  赤須賀漁港からやや上流側で、揖斐川と長良川が合流します。そのあたImg_1330 りに境となる細い堤(正式な名前は知りません)があります(2つに別れています)。ここは、汽水域で、潮が満ちてくるとこの堤は水面下になってしまいます。下流側(右側)には、カワウ数羽と、カモメらしい、やや大きな鳥が見えました。ウミネコか何かだと思います。この場所、一度でいいので、近くまで行って見て、撮影したいと思いますが、船がないと無理ですねぇ。

Img_1340  久しぶりに「桑名七里の渡し公園」に立ち寄って来ました。ここで始めて、鳥を確認。ご覧のように、ハクセキレイでした。木は植えられていますが、まだ低いものばかりですから、ここに来るなら、セキレイか、スズメなどだろうと思っていました。

Img_1282_2  以上、今日の散歩は、10時から12時。赤須賀漁港まで足を伸ばしましたので、5.8㎞も歩いていました(苦笑)。さすがに少々お疲れ。「風邪が抜けていないか」と思ったのは、帰って来て、疲れた感じがしたからです。やるべきことがいくつかあるのですが、我ながら困ったものです。明日からは、寒くなると言いますから、気をつけないといけません。カワラヒワ、ハクセキレイとも、九華公園で撮ったものです。

|

« カワセミ嬢、二ノ丸橋欄干に並ぶユリカモメ@九華公園 | トップページ | 本日は、蟄居(苦笑) »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

カモさん達には、ちょっと号令をかけてみました……ウソです。
カモさん達、休むときは、皆ああいう姿勢になりますね。
カモの仲間に共通した習性かも知れません。

ユリカモメのイメージが違いましたか?
何故でしょうね。
「くびれ」とおっしゃるのは、首のあたりのことでしょうか。
カモメの仲間は、大体同じような形になっていると思いますよ。

投稿: mamekichi | 2015年11月27日 (金) 17時12分

mamekichi先生、こんにちは。

カモさんたち、皆、同じ体制で浮かんでいるので、
本当に「休め!」の号令に従っているように見えます(笑)。

ユリカモメですが、なんだかちがーう、と思いました。
私が覚えているユリカモメは、もっと「くびれ」がなくて、つるんとしていて、オモチャ感があったように思います。
別の鳥さんと間違えているのかもしれません。

ちがーう、と言っても、私のイメージよりも鳥らしく、といってはヘンですが、やっと生き物っぽいユリカモメさんを拝見したように思います。

念のため、ですが、体型は、カメラワークで変わるものではないでしょうから、先生のカメラワークが悪かった、と言っているのではありません。

投稿: おユキ | 2015年11月27日 (金) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ嬢、二ノ丸橋欄干に並ぶユリカモメ@九華公園 | トップページ | 本日は、蟄居(苦笑) »