« アオサギ三昧ならぬ、三羽、キンクロハジロのメスも……午後から九華公園へ | トップページ | いよいよジョウビタキのオス登場、ヤンキーなカラスも……工事現場シリーズは、伊勢大橋と桑名七里の渡し公園 »

2015年10月15日 (木)

イソヒヨドリ、スズガモ、ヤマガラに、九華公園の「ミニクリスマスツリー」手作りキット

Rimg00321015 10月も半ば、秋も深まって来たという感じが強くなりました。今朝は、この秋Rimg00131015 一番とまでは行かなかったと思いますが、12.5℃だったようです。左は、玉重橋から見た諸戸氏庭園。桜並木はかなり色づいています。右は、九華公園の北門を入ったところ。柿安本社ビルが見えますが、その手前のイチョウの木の葉が、いかにも秋らしい感じに見えます。

Img_3042  さて、今日はこちらから。吉津屋町あたりで見ました。イソヒヨドリのオスと思Img_3039 います。電線の上で、しかも逆光気味でしたので、最初はよく分かりませんでした。鳥の鳴き声が聞こえてきたので辺りを見回して見つけたという次第。すぐ近くのビルの上にもイソヒヨドリが。こちらは、すぐに「多分イソヒヨドリだろう」と分かりました。条件がよくありませんでしたので、こんな写真です。

Img_2999  九華公園の堀には、今日は、スズガモのメスがいました。ひょっとしたら昨Img_3012 日のカモも、スズガモかも知れません。というのも、昨日は、距離も遠く、また、正面から顔を確認できていなかったのです。今日は、右の写真のように、二ノ丸橋の東、堀の南東側に浮かんでいました。

Img_2929  今日の九華公園は、ヒヨドリたちも賑やかだったのですが、あちこちでシImg_2948 ジュウカラが出て来ました。左は、北門を入ってすぐの辺りで見たシジュウカラ。風が強く、アタマの羽が乱れています。右は、朝日丸跡から、外周遊ほどの東にいたのを見つけたもの。30mほど先です。このほか、本丸跡でも数羽が出て来ました。

Img_2974  ヤマガラも、本丸跡で、シジュウカラに混じって出て来ました。ヤマガラは久しぶりかも知れません。シジュウカラとヤマガラは、混群をなしていることがよくあります。

Img_2913  上にも書きましたが、ヒヨドリ、最近はあちこちで賑やかな声が聞こえているのですが、なかなか写真の撮りやすいところには出て来ません。この写真は、九華公園の北門近くで、かなり高い梢にいたものです。

Img_2908  カワウは、数は多くありませんでしたが、それぞれ定位置にいました。左Img_2988 は、蟠龍櫓の南の電柱の上。見通しのよいところです。右は、九華公園本丸跡の松の木の上。冬になるとここにたくさんカワウが集まって来ます。

Img_2996  もう一箇所は、公園内の野球場の外野フェンスの柱の上。こちら、かなりマッタリとしていて、まんじゅうでも置いてあるように思え、笑えます。

Img_3019  たまにはということで、ムクドリ。貝塚公園で群れていました。餌を探していました。


Rimg00141015  ところで、こちらは、九華公園の管理を受託していらっしゃる会社(KMI)の管理Rimg00511015 員の方が細工なさって、セット化して、配付していらっしゃる「ミニクリスマスツリー」の手作りキットです。公園内には松の木がたくさんあり、松ぼっくりも無数に落ちています。Oさんが、かなり前から拾い集め、「クリスマス飾用に細工して配る」とおっしゃっていたものです。

Img_2944  管理事務所の前に、今日、こういう掲示とともに、セットが置かれ、配付が始まっていました。今日は、Oさんはいらっしゃらなかったのですが、他の管理員の方にお断りして、一つ頂いてきたという次第です。公園に親しみを持ってもらい、繰り返し足を運んでもらうにはよいアイデアだと思います。

Rimg00281015  もう一つ。こちら、いつも散歩の時に立ち寄ってお参りしてくる桑名別院Img_3052 本統寺です。市の観光案内のサイトは、こちら。最近になって、右のように「本堂へお上がりいただきお参り下さい」という掲示が出ていました。「いつかは」と思っていたのですが、今日、念願を果たしてきました。お堂内はもちろん撮影してきませんでしたが、静かで、厳かな雰囲気をしばしあじわってきました。

Img_2959  本日の散歩は、8時40分からほぼ2時間。いつも通り抜ける「桑名七里の渡し公園のところが工事中で、引き返したりしましたので、Img_2916 5.7㎞。住吉神社、九華公園、貝塚公園、寺町のコースでした。左は、九華招魂社の拝殿でお休み中の旅ネコさん、右は、管理事務所近くのイチョウの木になっているギンナン。

|

« アオサギ三昧ならぬ、三羽、キンクロハジロのメスも……午後から九華公園へ | トップページ | いよいよジョウビタキのオス登場、ヤンキーなカラスも……工事現場シリーズは、伊勢大橋と桑名七里の渡し公園 »

季節」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんにちは。

追伸、ありがとうございます。

背中が青いイソヒヨドリは、オスですね。
私はあの辺りではメスしか見たことがないと思います。
今日(10/17)も、コスモマンションでメスのイソヒヨドリを見ました。

投稿: mamekichi | 2015年10月17日 (土) 14時22分

PS
あ、そう言えば新宮西橋と鉄橋の間で2,3回イソヒヨドリさんを見たんだワン。なんだか背中の方が青っぽくて、何だろうと思ってミスターに図鑑で調べてもらったんだワン。

投稿: genta gonta | 2015年10月16日 (金) 20時41分

こころんさん、こんばんは。

松ぼっくりがツリーなのですが、上下逆さまにしていらっしゃいます。
グッドアイデアですね。
これとは別に、クリスマスのリースに使える様なセットも造っていらっしゃるようです。
お知り合いのお店などでも配っているということでした。
Oさんは、このように、何かを造るとか、他人様のためになるということがお好きなようです。

ちなみに、私がもらって来たものは、娘が作るといっております。

こころさんのお近くでもカモが来ているんですね。
大山田川ではコガモ、河口堰でもヒドリガモなどが来ているようです。
今月下旬になるともう少し増えると期待しています。

投稿: mamekichi | 2015年10月15日 (木) 19時29分

gentaさん、こんばんは。

スズガモ、キンクロに似ています。
図鑑にも類縁種と書いてありました。
メスは、嘴の上が、白いので分かります。

シジュウカラは、九華公園や、諸戸氏庭園、諸戸水路沿いなどあちこちで見られます。
シジュウカラダンケの群れだったり、ヤマガラやコゲラとの混群だったりします。
これまでの私の経験では、大山田川沿いではあまりいないように思います。
胸に黒いネクタイのような模様があるのが特徴です。
この「ネクタイ」が太いのがオス、細いのがメスといいます。
今日は、風がかなりありましたので、頭の羽が立っていましたが、これは冠羽ではありません。

そうそう、何度か、沢南橋のところでイソヒヨドリを見ています。
ひょっとするといるかも知れませんよ。

投稿: mamekichi | 2015年10月15日 (木) 19時24分

こんばんは
はじめ、松ぼっくりがツリー?と思いましたが
お写真拝見してなるほど、上下逆さにしてらっしゃるんですね。
松ぼっくりでツリーはいいアイデアですね。
びっくりポンです(笑)
塗装されて手間が掛かってると思いますが
手にされた方に喜ばれるでしょうね。
こちらでも池にカモがいるのを見掛けました。

投稿: こころん | 2015年10月15日 (木) 19時18分

こん@@ワン。
スズガモさんは、去年の冬、揖斐川下流の入江あたりで見てたかもしれないけど、おいらキンクロさんとの区別がつかなくてわからなかったのかもしれないんだワン。同じぐらいの大きさのカモさんはおいらにとっては「可愛いカモさん」で構わないんだけどね。
シジュウカラさんとはまだ出会ったことないんだけど、覆面レスラーみたいでカッコいいんだワン。後ろ髪(冠羽?)がちょこんと立ってたりしてるととってもセクシーなんだワン。ヒバリさんのように立ってるのもいいんだワン。だけどヨシキリさんやホオジロさんみたいに立っててもなんだか幼児体型(犬笑)なのはあんまりなんだワン。
おいら普段同じコースしか歩いてないんだけど、それでもたぶんいろんな可愛い野鳥さんがいるのをを見落としてるんだろうね。またいろいろ教えてほしいんだワン。 genta

投稿: genta gonta | 2015年10月15日 (木) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオサギ三昧ならぬ、三羽、キンクロハジロのメスも……午後から九華公園へ | トップページ | いよいよジョウビタキのオス登場、ヤンキーなカラスも……工事現場シリーズは、伊勢大橋と桑名七里の渡し公園 »