« いよいよジョウビタキのオス登場、ヤンキーなカラスも……工事現場シリーズは、伊勢大橋と桑名七里の渡し公園 | トップページ | エゾビタキ、センダイムシクイ(メボソムシクイでした)、キンクロハジロ、スズガモなど【鳥名に訂正あり(10/22)】 »

2015年10月17日 (土)

カワセミ、イソヒヨドリ、ダイサギの迫力ある飛翔シーン……今日も、大山田川

Rimg00011017  天気予報は、曇り、午後からはにわか雨ということでしたが、晴れて、陽当Rimg00111017 たりは暑いくらいになっています。今日も朝一番に接骨院。その後また、帰宅がてら、歩いて来ました。あまり大回りしなかったので、3.9㎞。大山田川沿いを歩いて、沢南橋から福島神明社を経て、福島地内の水田あたりを通って来ました。左の写真は、スタート地点で見つけた「飛び出し坊や」。地区によって違うようです。右は、福島神明社。秋祭りでした。

Img_3479  今日は何といっても、こちら、カワセミ嬢です。下の嘴が赤いので、メスです。新宮西橋のすぐ上流、NTNの鉄塔の下の大山田川左岸に出て来たのです。対岸にいたのですが、橋を渡って、10mあまりのところまで近づけました。

Img_3415  もう一つは、イソヒヨドリのメスです。大山田川右岸を歩いていくと、新宮西橋の西にコスモマンションがあります。そこまで来たら、イソヒヨドリの鳴き声が頭上から聞こえて来たので、あちこち見回したら、マンション4階の庇にいたのです。

Img_3496  新宮西橋と、JR・近鉄の鉄橋の間で、コガモの写真を撮っていたら、足Img_3497 下でガサゴソ音がしました。何となく気味が悪くて、そっと覗いたら、こちらの方が草むらにいらっしゃいました(笑)。お分かりになりますでしょうか? カメさんでした。ミドリガメではなさそうです。

Img_3310  さて、ここからは、最初に戻って、順に。日物谷の市営住宅前の大山田川の橋のところには、ダイサギがいました。Img_3306_2さすがに近づくと逃げますが、けっこう迫力のある飛翔シーンが撮れました。アオサギの表情というか、目つきまでよく見えます。右は、飛び立つ直前、橋のすぐ下流にいたところです。

Img_3330  市営住宅から少し下流、郵便局の方にはアオサギ。けっこうよい感じでImg_3325 散歩のスタートが切れました。ただし、アオサギさんは、こちらを見つけると、上流方向へ逃げてしまいました。相変わらずフレンドリーではありません。

Img_3354  今日も大山田川沿いのあちこちに、セキレイがいました。まず、キセキレイは、郵便局から少し東の水防倉庫のところで。この辺りにImg_3342 は、ハクセキレイも出て来ました。この水防倉庫のところ、日陰になってしまうのでよくありませんが、まさに“セキレイ・スポット”と言っても良い気がします。

Img_3397  セグロセキレイは、養老鉄道播磨駅すぐ南の鉄橋の下のところに水を飲みに来たようでした。今日は、他でもセキレイが水を飲むところを見られました。

Img_3505  こちらは、新宮西橋と、JR・近鉄の鉄橋の間で見かけたImg_3507 ハクセキレイ。左の写真、立ち姿がスッとしていて良い感じです。このセキレイも水を飲んでいました。

Img_3400  コスモマンション前の川の中、カルガモ2羽と、甲羅干し中のカメさん。何となくほのぼのとした感じを醸し出しています。

Img_3452  新宮西橋の辺りには、いつものように、コガモが数羽。カルガモも少し混Img_3470 じっていました。また、橋の北にあるNTNの鉄塔にも、いつものようにカワウが1羽。いつものことが、いつものようになっていると、安心します(笑)。

Img_3494  JR・近鉄の鉄橋の少し下流側。コガモが10数羽、集まっていました。いずれも、メスのように見えます。エクリプス状態のオスも混じっていると思いますが、パッと見では区別はつきません。

Img_3514  そこへやって来たのは、子サギさん。左は、着水ポーズImg_3518 を決めたところ。このコサギ、その後、餌探しを始めました。

Img_3528  もう少し下流側へ行くと、カワラヒワが、川に入っていました。カワラヒワImg_3529 は、漢字で書くと、「河原鶸」、つまり、河原にいる鶸なのです。それ故、これが本当のカワラヒワなのです(爆)。そのカワラヒワたち、一部が、水浴びを始めました。

Img_3551  ピントが合っていませんが、カワラヒワの水浴び、すごい姿勢でやっていました。

Img_3534  もっとすごい体勢で水浴びをしている方もありました。左にいる方です。こちらは、スズメさん。逆立ちしているような姿勢です。

Img_3576  カワラヒワが水浴びしているところに、スズメも何羽かやって来ました。おImg_3556 互い、近くで水浴びをしているところも見られました。これぞ本当に“混浴”であります(今日は、オヤジギャグばかりで、恐縮です)。ただし、お互いに無関心を粧っているように見えます。

Img_3621  今日は、ここまでけっこうゆっくりしてきましたので、河口まで行くと昼までに帰宅できそうもなくなりました。そこで、沢南橋から宮前町の国道1号線交差点方面に行くことにしました。左は、沢南橋すぐ上流の堰のところに降り立ったダイサギ。

Img_3648  それ以降、水田の辺りには、ケリの姿もありません。こちらは、諸戸苑近くで見た、オスのモズ。昨日もこの辺りでモズを見ています。縄張りがあるはずですから、同じオスかという気がします。

Img_3641  大山田川、なかなか良い鳥見スポットのように思います。以前は、新宮西橋から下流しか見ていませんでしたが、上流にも“セキレイスポット”がありましたし、もっと上流も見てみる価値があるかも知れません。

|

« いよいよジョウビタキのオス登場、ヤンキーなカラスも……工事現場シリーズは、伊勢大橋と桑名七里の渡し公園 | トップページ | エゾビタキ、センダイムシクイ(メボソムシクイでした)、キンクロハジロ、スズガモなど【鳥名に訂正あり(10/22)】 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、おはようございます。

スズメ、そうですね、砂浴びはよく見ますが、水浴びを見るのは珍しいかも知れません。
カワラヒワと一緒に混浴していました(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年10月19日 (月) 08時20分

スズメも水浴び・・・スズメはてっきり砂浴びだと思っていました。砂浴びの時は、豪快に転げまわって浴びていますから、水浴びもやんちゃな浴び方なのでしょうね(^^;;

投稿: チーママ | 2015年10月18日 (日) 19時14分

おユキさん、こんにちは。

先日のアオサギさんは、昨日、gentaさんが見たときも同じように隠れていたようです。
一部で流行しているのかも知れません(笑)。
しかし、あんなに小さいカメが相手でも、よく分からないところでガサゴソされると、気味が悪かったですよ。

「本当の」カワラヒワ、ご覧頂けましたか?
ちょうど日陰になってしまっていましたので、写真としては今ひとつでしたが、面白いシーンに遭遇できました。

ダイサギの飛翔シーン、我ながら「すごい」と思いました。
たいてい逃げられるのですが、そうなると、自分からhなれる方向に飛びますので、必然的に後ろ姿が多くなります。
昨日は、珍しく私の方に飛んでくれましたので、ラッキーでした。

そういえば、ダイサギ、アオサギ、コサギと、すべて羽を広げたショットがありましたね。

投稿: mamekichi | 2015年10月18日 (日) 13時17分

ひらいさん、こんにちは。

カワセミ、大山田川で見られる確率が高いと思います。沢南橋から新宮西橋の少し上流までの範囲です。

ダイサギの飛翔シーンは、サギがいたところの上流側から撮っていたら、ちょうど自分の方に向かって飛んでくれたので、撮れました。
おっしゃるように、逃げますから、なかなか前方からの写真は撮れませんね。

「混浴」、ついつい、興味が湧いて、しばらくのぞき見してしまいました(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年10月18日 (日) 13時13分

getnaさん、こんにちは。

時間帯や、気象などの条件で集まってくる鳥の種類や、数にも変化があるのかも知れません。
昨日は、ラッキーだったと思います。

ただ、新宮西橋から上流は、穴場かも知れません。
私もまだ、日物谷住宅の辺りまでしか行っていませんが、あの辺り、昨日は、ダイサギ、アオサギがいましたし、播磨郵便局の前や、水防倉庫の辺りは、“セキレイ・スポット”でした。

健脚とお誉めいただきましたが、この頃は、せいぜい5㎞ちょっとくらいまで(以前は、6~7㎞も歩いたことがありましたが……)。
ミスターやgentaさんの方がよほどたくさん歩いていらっしゃるのではないでしょうか。

ゴン吉、元気に吠えていました(笑)。
必ず吠えられます。

投稿: mamekichi | 2015年10月18日 (日) 13時11分

mamekichi先生、おはようございます。

先日のアオサギさんといい、昨日の亀さんといい、かくれんぼが流行っているのでしょうか。

本当のカワラヒワ、しかと拝見(笑)。
水浴びの様子、可愛いですね。
バタ足の練習をしていて、沈むのが怖くて腕もバタつかせてしまう子どものようです(笑)。

ダイサギさんの飛翔、本当にダイナミックですね。
ダイサギ・アオサギ・コサギのサギトリオさん、みんな羽を広げたショットがあり、
密かに「コンプリート!」と思いました(笑)。

投稿: おユキ | 2015年10月18日 (日) 09時01分

mamekichiさん、こんばんは!

カワセミ、最近出没確率が高いようで非常にうらやましいです、後ろ姿素敵です。また沢南橋も行ってみたいです。ダイサギの飛翔シーンは素晴らしいショットですね、サギ達は殆ど逃げるシーンしか撮れないので、このアングルでの撮影は難しいです。

混浴は笑えました、覗き見したらダメですね。(笑)

投稿: ひらい | 2015年10月17日 (土) 19時50分

こん@@ワン。すごいんだワン!同じコースでも、よく見て、聴いてお散歩するとこんなにいろんな鳥さんたちに出会えるんだワン。おいらもがんばらねばという気持ちが沸々とわいてきたんだワン。おいらもミスターを引っ張ってもっと上流の方まで探検に行きたくなったんだワン。
それにしてもmamekichi先生は健脚なんだワン。ミスターにも先生を見習ってほしいんだワン!
最後にゴン吉の元気な顔も見られてうれしかったんだワン。
genta

投稿: genta gonta | 2015年10月17日 (土) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよジョウビタキのオス登場、ヤンキーなカラスも……工事現場シリーズは、伊勢大橋と桑名七里の渡し公園 | トップページ | エゾビタキ、センダイムシクイ(メボソムシクイでした)、キンクロハジロ、スズガモなど【鳥名に訂正あり(10/22)】 »