« イソヒヨドリ、スズガモ、ヤマガラに、九華公園の「ミニクリスマスツリー」手作りキット | トップページ | カワセミ、イソヒヨドリ、ダイサギの迫力ある飛翔シーン……今日も、大山田川 »

2015年10月16日 (金)

いよいよジョウビタキのオス登場、ヤンキーなカラスも……工事現場シリーズは、伊勢大橋と桑名七里の渡し公園

Img_3282_3  本日のハイライトは、こちら。オスのジョウビタキが、とうとうやって来ました。播磨方面から、散歩の帰り道、我が家近くの諸戸水路沿いまで戻って来たら、ベンチに降り立ったのです。去年も、同じく、10月16日に九華公園で見ています。いよいよ秋も深まって来たという感じです。散歩の楽しみが増えてきています。

Img_3270_2  もう一つのトピックス。ヤンキーなカラスであります。どうも愛煙家のようで、タバコのパッケージを嘴に刺して、コーフンしていました。しばらく見えていたのですが、このパッケージをつついたり、ひっくり返したりした挙げ句、このポーズ。住吉神社の前で見ていました。

Rimg00031016_3  さて、その今日の散歩は、接骨院の治療が終わって、大山田川沿いに、Rimg00061016_2 揖斐川に注ぐ河口まで。河口からは揖斐川右岸を歩き、途中で堤防を降りて、福島地内へというコースです。この大山田川、あまり意識したことがなかったのですが、一級河川なのです。一級河川とは、コトバンクによれば、「河川法により国土交通大臣が指定した一級水系に係わる河川。全国で109水系、13,950河川が一級河川に指定されている」そうです。さらに、一級水系とは、「河川法により国土保全上または国民経済上重要であるとの理由から、国土交通大臣が直接管理している水系」だそうです。大きな川が一級河川かと思っていたのですが、そうでもなさそうです。気になることがあると、調べたくなります(笑)。

Img_3066_2  大山田川にはセキレイの仲間がたくさんいます。左は、播磨郵便局近くImg_3078_2 にいたハクセキレイ。ハクセキレイをもっともよく見ます。これ以外に、川でもあちこちにいます。右は、水防倉庫近くにいたセグロセキレイ。セグロセキレイは、2羽が連れ立っていました。

Img_3186_2  キセキレイは、JR・近鉄の鉄橋近くで撮ったもの。このほかの場所でも見かけましたが、写真は撮れませんでした。10月10日にも、水防倉庫近くでキセキレイを見ていますので、大山田川にはけっこうよくいるように思います。

Img_3147_2  コガモは、新宮西橋の西辺りから、沢南橋の西くらいまで、あちこちにいました。合計で15羽(実数)くらい。そういえば、今日は、カルガモさんはまったく見かけませんでした。

Img_3127_2  コガモのオス達は、まだエクリプス状態なのか、一見したところすべてメImg_3166_2 スのように見えています。右の個体は、オスのような気がしますが、定かではありません。それよりも、嘴の下側が見えて、「こんな形をしているのか」と思ったので、載せたものです。下の嘴は、もっと平なのかと思っていたのですが、上側に凹んだ形になっていました。

Img_3169_2  新宮西橋脇のNTTの鉄塔には、今日もカワウが1羽。時間帯によってはImg_3123_2 もっとたくさんいるようです。いきなり余談ですが、NTTには、風車が設置されています。ダミーだという話しも聞きますが、確認していません。セイタカアワダチソウの花越しに撮ってみました。

Img_3179_2  新宮西橋のすぐ下流には、アオサギさんが水の中に佇んでいました。こImg_3205_2 の辺りは、けっこう深いようですが、尾羽まで水に浸かっているのは、珍しい気がします。このアオサギ、素知らぬ顔をしていたのですが、じきに軽快して、下流方向へ飛び去ってしまいました。逃げた先は、沢南橋の100mほど下流。何と400mも逃げたのです!

Img_3195_2  沢南橋では、一瞬、カワセミが飛ぶのを見たのですが、その姿はとらえられませんでした。追いかけても、どこに行ったか分かりません。下流側から来て、堰の裏(上流側)にはいったのですが……。しばらく待ったのですが、出て来ません。やむなく、カメが浮かびながら何かを食べているのを撮ったのですが、ミドリガメではないようでした。クサガメならば甲羅に3本のキールがあるのですが、ありません。甲羅の後部は、ギザギザですので、ニホンイシガメかという気がします。

Img_3218_2  このあと、大山田川河口まで、野鳥の姿はなし。甚内ポンプ場からの樋門の入り江には、見慣れた方が隠れていました(笑)。これでは、ほぼ丸見えです。ただ、アオサギの方は、隠れていると思っていたのか、私が写真を撮っていても、まったく動ぜず、でした。

Img_3236_2  福島の水田でも、鳥はまったくおらず。あるお宅のところで、ようやく、モズのオスを見つけました。実は、モズは、JR・近鉄の鉄橋近くや、このあと、東太一丸の住宅地でも見たのですが、逆光で真っ黒に写っていたり、逃げられたりでした。このモズのオス、なかなか男前に見えます。

Img_3279_2  ジョウビタキを見つけた、諸戸水路沿いにいたハクセキレイ。虫のようなものを咥えていました。日陰になっていますので、ちょっと分かりにくいかも知れませんが、よくご覧いただくと見えると思います。

Rimg00091016_2  ところで、野鳥以外に見て来たもの。沢南橋のすぐ上流側、左岸には、Img_3190_2 上之輪神社があります。週末が祭礼なのでしょうか、今日は、準備が行われていました。接骨院に行くときは、草刈りをしておられました。写真にもやがかかっているように見えますが、何かを燃やしている煙です。秋の祭、子どもたちが小さい頃は、実家などへ連れて行きましたが、この頃はすっかりご無沙汰。ちょっと行ってみたい気がします。

Rimg00201016_2  伊勢大橋、揖斐川下流側、右岸の工事現場です。伊勢Img_3227_2 大橋の架け替え工事と思います。中央にある赤白のクレーンの下に、白いものが伸びています。仮の橋のようなものがかけられているところのようでした。

Rimg00281016_2  「桑名七里の渡し公園」の工事現場。11月3日のオープンを前に、今日も工事が行われていました。いつもは、南側(住吉ポンプ場)から見ていますが、今日は、六華苑の駐車場から覗いてきました。見えるところももちろん違いますし、印象もかなり異なります。

Rimg00291016_2  左の写真で奥に見える大きな建物が、住吉ポンプ場です。いつもはこの建物の辺りから見ています。写真右側に写っている遊歩道は、は、そのポンプ場から、六華苑の駐車場まで続くもののようです。芝生の広場も見えますし、左手には岩が組まれています。

Rimg00301016_2  もう少し左を撮ると、この写真のようになっています。岩のところは、水場や、水が流れるようになっているはずです。我が家のすぐ近くに、こういった憩いの場所ができるのはありがたいことです。水も流れるようですから、野鳥が来てくれるとうれしいのですが、どうでしょう?

Shitiripark  開園案内のパンフレットから勝手にお借りしました。矢印の方を撮ったのが今日の写真。右下側が、六華苑、左側が揖斐川、上が住吉ポンプ場。我が家からは、徒歩2分という好立地であります。

|

« イソヒヨドリ、スズガモ、ヤマガラに、九華公園の「ミニクリスマスツリー」手作りキット | トップページ | カワセミ、イソヒヨドリ、ダイサギの迫力ある飛翔シーン……今日も、大山田川 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんにちは。

昨日も、今日も大山田川沿いを歩いて来ました。
接骨院の帰りにです。

コガモ、たくさんいますね。

今日(10/17)は、ダイサギ、コサギ、アオサギにカワセミもいました。
大山田川、よい散歩コースです。

投稿: mamekichi | 2015年10月17日 (土) 14時25分

こん@@ワン。
mamekichi先生も今日は大山田川沿いにお散歩したんだね。コガモさんがいっぱい見られて良かったんだワン。おいらのお散歩コースでは朝ならいつでもどこかでコガモさんに会えるので、最近毎朝のお散歩がとっても楽しみなんだワン。ところで今朝は、7時ごろに鉄橋と沢南橋の間で六人組のカルガモさんを見たんだワン。こっちの方には初めて来たのかもしれなくて、コガモさんたちが寄って行ったら警戒して遠ざかって行ったんだワン。慣れたカルガモさんたちはコガモさんたちともうまくやってるんだけどね。今朝は改めて、早起きは三文の徳、ってのを実感したんだワン。また来てくれると嬉しいんだワン。
genta

投稿: genta gonta | 2015年10月16日 (金) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イソヒヨドリ、スズガモ、ヤマガラに、九華公園の「ミニクリスマスツリー」手作りキット | トップページ | カワセミ、イソヒヨドリ、ダイサギの迫力ある飛翔シーン……今日も、大山田川 »