« センダイムシクイ(メボソムシクイでした)、コゲラ、キンクロとスズガモは計4羽に【付記あります(鳥名訂正)(10/22)】 | トップページ | ムシクイは、メボソムシクイのようでした……エナガ、カワラヒワ、コゲラに鎮国さんの工事の様子 »

2015年10月21日 (水)

ヒガンバナの葉と、鎮国守国神社の工事現場……九華公園にカモは4羽

Img_3885 天気のよい日が続きますが、鳥には恵まれません(苦笑)。九華公園、一昨日も、カモが4羽いましたが、今日も同様でした。ただし、一昨日は、キンクロのメスと、スズガモのメスが2羽ずつでしたが、今日は、キンクロさんは、オス、メス1羽となっていました。どこか別のところに来ているキンクロさんが、入れ替わってやって来ているのかという気がします。

Img_3922  このシジュウカラは、立教小学校側の遊歩道に出て来たものです。今日は、九華公園内も、遊歩道沿いもあちこちでシジュウカラを見かけました。「ツーチ」、「ツツピ」、「ツッ」というような地鳴きがよく聞こえていました。

Img_3939  今日はお馴染みの鳥ばかりになりました。ハクセキレイも各所で見かけまImg_3887 す。このハクセキレイは、老松公園(桑名別院の裏)で撮ったもの。ハクセキレイは、電線の上、屋根の上、テレビアンテナの上など、高いところにもいます。右は、九華公園の外周遊歩道の東のお宅の鬼瓦の上にいたものです。写真としてはよろしくありませんが、こんなところにもいるという観察結果であります。

Img_3900  散歩は、住吉神社、九華公園、老松公園、寺町と歩いて来たのですが、見かけた鳥は以上3種類と、このカワウくらい(スズメ、ドバトは別として)。カワウさんも、野球場の照明灯の上で羽繕いをしていたくらいで、他にはあまりいませんでした。

Rimg00091021  さて、危うく忘れるところでしたが、「ヒガンバナについての宿題」でありまRimg00101021 す(苦笑)。ヒガンバナは、花と葉が別々の時期に出るため、「葉見ず花見ず」ともよばれます。九華公園を歩いていて、9月に彼岸花の咲いているところを見たら、緑の濃い葉っぱがたくさんありましたので、確認してきました。ネットで調べたものと同じですので、これら2枚の写真に写っているのが、ヒガンバナの葉と考えられます。ヒガンバナの葉は、寒い時期に色濃く繁り、春先に枯れてしまうそうですから、忘れなかったら、またチェックしたいと思っています。

Rimg00151021  鎮国守国神社の工事現場の様子です。個人的な興味で恐縮です。拝殿などを南東側(野球場の一塁側の外)からみっところです。木の根っこも片付けられ、整地されています。

Img_3915  今日は、鳥居をくぐった参道沿いの灯籠を分解して、移動する作業が行Tourou われていました。近くの石材店の方が携わっておられるようです。クレーンで部材を支え、ノミと槌で分解するということを繰り返していました。左の写真では、灯籠の「宝珠」と「請花」がすでに取り除かれ、「笠」、「火袋」に取りかかっているところです(名称は、右の画像をご覧ください。サライポケットシリーズの「神社の見方」(小学館)からお借りしました)。

Rimg00171021  こちらは、上の写真よりも前に撮ったものです。手前に、少し小さいタイプの灯籠が並んでいるのですが、それらはもう、「請台」や、「竿」、「台座」だけになっていました。

Rimg00161021  拝殿前も何だかスッキリしていました。よく見ていただくとRimg00170702掘って、埋めた跡が見えます。拝殿前に上がる階段の両側にあった松の木がなくなっていました。(右の写真は、7月7日に撮り、8月29日の“鎮国守国神社【追加、訂正あります(9/2)】 ”に載せたものです)。

Rimg00201021  10月も下旬となり、イチョウの木もかなり色づいてきています。左の写真Img_3944 は、九華公園の二の丸跡を、南の立教小学校の側から見ています。落ち葉が堀に浮いていなければ、小さいものの、イチョウの木が水面にもっときれいに映ったと思います。本日の散歩、8時45分から11時10分まで。5.1㎞。バールフレンドのお二人の他、伊賀町のご隠居、さらには、初めての方(男性)お二人と話をしていました。お一人は、七里の渡し公園の工事現場のところで、写真、カメラ談義。もうお一方は、以前お見かけしたことがありますが、九華公園で。篠笛がご趣味だとおっしゃっていました。新しい出会いだったのですが、桑名別院の山門前に、右のようなことばが掲げられており、妙に納得してきました。

|

« センダイムシクイ(メボソムシクイでした)、コゲラ、キンクロとスズガモは計4羽に【付記あります(鳥名訂正)(10/22)】 | トップページ | ムシクイは、メボソムシクイのようでした……エナガ、カワラヒワ、コゲラに鎮国さんの工事の様子 »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんにちは。

「であいは生きる力」というのは、私は知らなかったのですが、ケツメイシの歌にあるようです。

おっしゃるように、鳥さん達との出会いは楽しいものがありますね。
出かけて行かないことには、出会えませんし、いつも必ずいてくれるとも限りませんが、そういうところにも楽しみがあると思っています。

ところで、キンクロさんは、これまでの私の数少ない経験では大山田川や、その河口、甚内ポンプ場あたりでは、ほとんど見ていない気がします。
11月に入ると、九華公園ではほぼ必ずいると思います。
キンクロさんにで合われたら、あの寝癖のような冠羽をぜひ確認して下さい。

投稿: mamekichi | 2015年10月22日 (木) 13時12分

mamekichi先生、こん@@ワン。
「であいは生きる力」 おいらも妙に納得できるんだワン。おいらと鳥さんたちの出会いの歴史はまだ1年に満たないんだけど、毎日散歩してて、顔なじみの鳥さんと出会うのも楽しいし、初めての鳥さんとの出会いがあると、また明日も、明後日も会いたいなって思ったりするんだワン。まあ、鳥さんとはおしゃべりできないので(ミスターとも片言でしか会話できないんだけど)鳥さんの気持ちはよくはわからないんだけど、鳥さんのしぐさから何となく想像できるものがあるのが(妄想かもしれないけど)楽しいんだワン。そう考えると(おいらよく考え事をするわんこなんだワン!)鳥さんだけじゃなくて、道で出会うすべての生き物(生きてないモノでも)がおいらにとってイミのある者に思えてくるんだワン。
おいらも早くキンクロハジロさんに会いたいんだワン! genta

投稿: genta gonta | 2015年10月21日 (水) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センダイムシクイ(メボソムシクイでした)、コゲラ、キンクロとスズガモは計4羽に【付記あります(鳥名訂正)(10/22)】 | トップページ | ムシクイは、メボソムシクイのようでした……エナガ、カワラヒワ、コゲラに鎮国さんの工事の様子 »