« ジョウビタキのメス、メジロ+シジュウカラ+コゲラの混群、カモ百態に、九華公園の主のコイまで | トップページ | 北西の風強く、鳥少なし……久しぶりのヤマガラ、諸戸氏庭園は秋の特別公開が始まる »

2015年10月30日 (金)

4箇所でモズ、ジョウビタキのメス、ホシハジロのメス(?)登場、カワウのカーニバルは不発

Img_5405  今日は、モズに恵まれました(笑)。自宅を出て諸戸氏庭園前を歩いているときからモズの鳴き声が聞こえていたのです。諸戸氏庭園前では見つけられませんでしたが、住吉神社を過ぎて、揖斐川の堤防、船津屋の裏手を歩いているときも聞こえ、戻って探したのが、冒頭の写真のモズ。木のすぐ下までいっても逃げませんでした。オスです。

Img_5552  九華公園では、朝日丸跡の東端でメスに遭遇。ただ、このモズさん、木の高い梢ではなく、中途半端なところにいたので、写真を撮るのに一苦労。さらには、このとき、散歩でよく会うワンちゃんに「相手をしてくれ」とばかりに寄ってこられていたのです(苦笑)。

Img_5594  もう1羽は、九華公園の野球場、左中間の外野フェンスの上で鳴いていました。2枚目のモズが、堀を越えて、遊歩道の東に逃げましたので、同じモズかも知れません。

Img_5653  さらに、散歩から帰って来て、玉重橋から諸戸氏庭園の高い木の上にモズImg_5676 らしき鳥がいるのが見えました。この木、右の写真で赤丸をつけたものですが、諸戸氏庭園の本邸の背後にあります。上の方だけ枯れています。モズ、アオサギ、カワラヒワなどが止まっていることがありますので、チェックポイントの1つです。

Img_5598  また、先だって初めて見て以来、ご無沙汰だったジョウビタキのメスも撮Img_5606 影できました。九華公園の外周遊歩道の東です。表具屋さんがある近く。ここは、例年冬に、メスのジョウビタキがいるところです。同じジョウビタキなのか、確認のしようもありませんが、うれしいことです。ジョウビタキといえば、三崎見附から少し北の諸戸水路では、ジョウビタキのオスを見かけました。ただ、カメラを構えた途端、逃げられてしまい、残念。

 残念といえば、九華公園の北門を入ってすぐの堀で、カワセミを確認したのですが、これも写真を撮る間もなく、鎮国さんの裏の鎮守の森の方へ逃げられました。逃げた辺りは、土手になっていますので、巣穴があるかも知れません。公園内を一廻りしてから、もう一度、いないか見に行ったのですが、現れませんでした。これまた残念ですが、九華公園にカワセミがいる可能性は高くなったと思います。

Img_5427  九華公園のカモさん達、今日は、3箇所に別れていました。まずは、カワセミが出Img_5621 て来た北門近くの堀(左の写真)。ここには、キンクロハジロばかり13羽。二の丸跡の東には、22羽。キンクロハジロが大半でしたが、ヒドリガモのオス・メス各2羽、ハシビロガモのメス1羽、さらには、ホシハジロのメスと思われるカモが3羽です。そのほか、本丸跡の南には、16羽。ここも、キンクロハジロが大半でした。カモは、合計51羽と、少し増えていました。

Img_5496  二の丸跡の東にいたグループの写真です。斜めに2列並んでいますが、Img_5541 手前側の2羽がホシハジロのメスではないかと思います。遠目には、キンクロと思っていたのですが、よくよく見たら違いました。右は、このホシハジロのメスと思われるカモさんのお休み中の様子。

Img_5528  カモ達、日が陰ると大人しく浮かんでいるのですが、陽が当たってくると、泳ぎ始めたり、身繕いを始めたりしていました。ずっと見ていると、結構面白い様子が見られます。左は、キンクロさんのメスと思いますが、目つきがコワいです(笑)。

Img_5531  ヒドリガモのオスも、負けてはいません。半身の構えになっていますし、足の水かきもよく見えています。けっこうアクロバティックな体勢です。


Img_5508  身繕いをした後、このように、バサバサッと羽ばたくシーンがよく見られまImg_5509 す。こちらは、キンクロハジロのメス。右は、この羽ばたきが終わったあと、羽を畳むところ。他のカモも同様ですが、翅を広げるとイメージが一新します。

Img_5436  今日は、九華公園のお堀(本丸跡の南)にカワウが集まっていました。去年11月、2回ほImg_5480 ど、「カーニバル」が開かれていましたが、その時に似た様子になりかかっていました。今日も期待したのですが、そうそううまい話は転がっていませんでした。しばし、騒いでいたのですが、その後解散してしまいました。しかし、カーニバル、これから期待できるかも知れません。右は、それとは別に、カワウが飛び立つシーンが撮れましたので。顔の辺りが白というか、シルバーになっています。これは、婚姻色。

Img_5425  そのほかの鳥さん達。九華公園北門の上にある電線&電柱には、ドバトImg_5453 の集団。昨日はキジバトさんに見下ろされましたが、今日は、ドバトさんに見下ろされました(笑)。右は、管理事務所から二の丸跡へ行く辺りに出て来たシジュウカラ。同じ辺りでモズも見たのですが、見失いました。

Img_5474  カワラヒワは、九華公園だけでなく、あちこちで見かけます。左は九華公Img_5673 園で、右は諸戸氏庭園前でそれぞれ撮ったもの。たいていどこでも、数羽~10羽くらいの群れで見るようになりました。

Img_5478  ヒヨドリも、あちこちにいます。九華公園など、どこへ行ってもヒヨドリの鳴き声が聞こえます。ときに、10羽くらいの群れで飛んでいるのも見られます。

Img_5626  セグロセキレイ。以前は、九華公園辺りではあまり見なかったと思うのですが、この頃時々見かけるようになりました。この写真は、立教幼稚園の近くで撮ったもの。

Img_5386  本日の散歩、住吉神社から揖斐川堤防、九華公園を一廻り以上(笑)、寺町から三崎見附を通って、諸戸水路を経て、5.1㎞。行きがけに、11月3日開園予定の「桑名七里の渡し公園」を通ったら、ご覧のようにネームプレートが取り付けられていました。工事は、ほぼ終了しています。

|

« ジョウビタキのメス、メジロ+シジュウカラ+コゲラの混群、カモ百態に、九華公園の主のコイまで | トップページ | 北西の風強く、鳥少なし……久しぶりのヤマガラ、諸戸氏庭園は秋の特別公開が始まる »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんばんは。

ミスターの九華公園、赤須賀漁港写真、拝見しました。
赤須賀でウミネコが多いのには驚きました。

九華公園のカモさん達、このところ50羽くらいで安定しています。
去年、最盛期には100羽を超えていました(河口堰では、300羽以上でしたが)。
九華公園では、カモさん達に餌をやる人がいるので、寄って来ます。

投稿: mamekichi | 2015年10月31日 (土) 20時24分

ひらいさん、こんばんは。

モズ、今年は多いですよね。
去年は、こんなことはありませんでした。
本当にあちこちで鳴き声が聞こえてきます。

九華公園、キンクロは40羽くらいでしょうか。
たくさんいます。

そして、昨日は、まさに「カワウのカーニバル再現か!?」という感じでしたが、残念ながら不発でした。

アオサギさんと1m以内とは!
ガラス越しにしてもすごいです。

投稿: mamekichi | 2015年10月31日 (土) 20時22分

こん@@ワン!
きのうの夕方、おいらの飼い主(ミスターのこと)が買い物のついでに九華公園の二ノ丸橋の付近に立ち寄ってきたと言ってたんだワン。mamekichi先生のココログの写真で知ってはいたものの、あんなに大勢のカモさんたちがたむろしてるのを実際に目の当たりにして、興奮でデジカメを構える手が震えたって(ちょっと大袈裟だと思うんだけど)言ってたんだワン。カワウさんたちも同じ二ノ丸堀にいて、5羽できちんと班行動してたって言ってたんだワン。お堀のカモさんやカワウさんたちは、イヌやヒトに見られるのに慣れてるせいか、もの陰に隠れることなくじっくり見ることができたので、とっても楽しかったって言ってたんだワン。 genta

投稿: genta gonta | 2015年10月31日 (土) 12時08分

mamekichiさん、おはようございます!

モズ、昨年こんな状態では無かったと思いますが、今年は良く見掛けますね。そして鳴き声、どこに行っても聞こえてる気がします。見掛ける回数ならスズメやムクドリにも負けてない感じです。(スズメとムクドリ、一部地域のシロチドリ(笑)は、最近集団行動してるので、数では負けてしまいます)

九華公園も賑やかになってきましたね、キンクロさんは、まだ河口堰近くには来て頂けて無くてさみしいです。ヒドリガモは、大島水門近くに大勢ご滞在中ですよ。

本日の河口堰、残念ながら撮影出来ませんでしたが、プチカーニバル開催中でした。ダイサギとアオサギ1羽ずつ、ダイビングを楽しんでおりましたよ。

また公開予定ですが、本日アオサギさんとの最接近距離を更新しました!、なんと 1m以内(但しガラス越し(笑)) とても楽しめました。

投稿: ひらい | 2015年10月31日 (土) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョウビタキのメス、メジロ+シジュウカラ+コゲラの混群、カモ百態に、九華公園の主のコイまで | トップページ | 北西の風強く、鳥少なし……久しぶりのヤマガラ、諸戸氏庭園は秋の特別公開が始まる »