« 九華公園にヒドリガモ飛来、キンクロその他は25羽……昨日の三重K-ABCアセスメント研究会についても | トップページ | 鎮国さんの工事、櫓の跡、九華公園にキツネがいるという話……カモは相変わらず »

2015年10月27日 (火)

芸達者なアオサギ、ハシビロガモのメス登場、カモは39羽@九華公園

Img_4685 郵便局から振替送金をする用事がありましたので、今日の散歩は、寺町のImg_4686 桑名別院から、八間通郵便局に立ちより、九華公園へと回りました。鳥さんは、いつも鎮国守国神社の社務所裏いるアオサギさんから。冒頭に持ってくるからには、訳があります。いつもはクールに樹上に佇んでいるだけなのですが、今日は、芸達者でした(笑)。いつもと同じアオサギさんなのでしょうか? しばらく見ていたら、いろいろとやってくれました。左は、片足立ちで翅を広げ、優雅なダンスでも始まるのかと思えたくらい。次いで、右のように、首を低く伸ばし、あたかも水泳競技のスタート姿勢かと見えました。

Img_4693  さらには、左の写真のように、まるで高笑いでもしているかのように、嘴を大きく広げました。あまり見ることはないのですが、舌までよく見えています。拡大して頂くとお分かりですが、アオサギさんの舌、根元のところが曲がっているというか、そういう風になっています。

Img_4695  最後には、上を向いて嘴を開け、のどを膨らませています。雄叫びでもあげるか、遠吠えでもしそうな雰囲気。何なのでしょう? これは見たことがありません。やはりアオサギさんは、ただ者ではありません(苦笑)。エンターテイナーだったようです。

Img_4701  以上、一通りの「芸」を見せてくれたあとは,いつものように、いつもの姿Img_4788 勢に戻って、ほぼ不動。ブロ友のgentaさんや、ミスターさんによれば、「木鶏」になってしまいました。その後、公園内を何度か回って、帰り際に見たときには、右の写真のように、身繕いに勤しんでいました。普段のアオサギさんそのものです。

Img_4743  さて、今日の九華公園のお堀のニューフェイスは、こちら、ハシビロガモのメスです。「ハシビロガモ」という名前の如く、嘴の先端が、広がっています。ここを水面煮付けて、嘴を少し開きながら泳いで、藻などをすくって食べるのです。去年も、オス・メスのペアでやって来ていましたから、今年も期待できます。

Img_4748  キンクロハジロや、スズガモなどは、今日は、本丸跡の南の堀に集まっていました。合計36羽。昨日よりさらに増えています。去年は、10月29日に27羽、30日に35羽を記録していましたから、同じようなペースです。このグループ、ほとんどがキンクロさんで、一部に数羽のスズガモのメスが混じっていました。

Img_4757  その中に見慣れないカモが、3~4羽混じっていました。この写真で、右下にいる2羽がそれです。中央辺りに写っているカモは、いずれもキンクロさんです。真ん中のカモ、嘴の根元が白いのですが、白い部分は大きくなく、冠羽もありますから、キンクロと思われます。

Img_4767  見慣れないカモさん達を1羽ずつ撮ったものです。コガモのように思えたImg_4768 のですが、コガモであれば、メタリックグリーンに見える「翼鏡」が見えるはずなのですが、見あたりません。帰宅して、画像をパソコンに取り込み、「Birder 2015年11月号」の「カモ類観察スペシャルガイド」と首っ引きでチェック。大きさは、キンクロさんとほぼ同じですから、40cm前後。コガモは、図鑑には、37.5cmとあります。顔は、ほぼ過眼線のみしか特徴がありません。翼鏡のみ特徴が合いませんが、取り敢えず、コガモの可能性が高いとしました。さらに観察することにしましょう。

Img_4829  ヒドリガモのカップルは、今日もいました。ハシビロガモといっしょに、朝日丸跡の南(立教小学校側)の堀にいました。この3羽を加えると、今日、九華公園でみたカモは、総計39羽です。鳥見がお好きなSさんに今日もお目にかかり、「カモが増えましたね」「ヒドリガモや、ハシビロガモも来て楽しみですね」とお話ししてきました。

Img_4790  キンクロファンの方もけっこういらっしゃるようですから、オス(左)、メス(右)の写真Img_4802 を載せておきます(私も好きです。とくに、あの「寝癖」)。右のように、水面に浮くカモを前から見ると、まんじゅうが浮いているようなイメージがあります。

Img_4813  このほか、今日の九華公園の鳥。カワウは、昨日よりや安くなかったのImg_4875 ですが、野球場の照明灯の上は、混雑。ただし、昨日も書いたように、ほぼ等間隔で並んでいます。本丸跡の神戸櫓のところの松の木には、1羽のみ。

Img_4883  九華公園の北門に近い土俵のところには、珍しくセグロセキレイ。もう1羽いて、計2羽。九華公園でセグロセキレイを見るのはあまりありません。

Img_4886  吉之丸コミュニティパークでは、ハクセキレイ。私は、ベンチに座って休んImg_4889 でいましたので、あまり動かなかったこともあってか、割と近くにまで寄ってきて、可愛らしい仕草を見せてくれました。

Img_4900  九華公園から吉之丸コミュニティパークを経て、七里の渡し跡、揖斐川堤Img_4902 防と、いつもとは逆コースで帰って来たのですが、この時期にしては、珍しくカモが浮いていました。150mほど先ですので、種類は肉眼では分からず。右の写真をパソコンで拡大して見たところ、ヒドリガモかなという気がしますが、確信は持てません。

Img_4965  カワラヒワは、拙宅近くまで来て、諸戸氏庭園前の桜に数羽が群れていました。


Rimg00051027  ところで、九華公園など散歩コースの木々も色づいてきています。左は、管理事務所近くから北の方を撮ったものです。右端は、柿安本社ビル。イチョウの木や桜の木はかなり色づいています。

Img_4944  蟠龍櫓のところでお目にかかった男性が、「七里の渡し跡の桜も色づいImg_4953 てきたから、鳥居と、松の木と入れたら良いのが撮れるかも知れない」とおっしゃったので、ちょっと真似をしてきました(笑)。左の写真は、対岸の川口水門の脇から撮ったもの、右は、七里の渡し跡を通り抜けて、旅館山月の脇から撮ったもの。いつもカメラ任せですので、露出補正などきちんとやらないと反省しています(苦笑)。

Img_4776  鎮国守国神社の工事現場、今日は、ご覧のように、地鎮祭かと思われる準備がされていました。宮司さんも辺りを整理整頓していらっしゃいました。整地作業が終わり、参集殿の建設が始まるのでしょう。

Rimg00051026  ということで、本日の散歩は、9時前から11時半近くまで。九華公園をウロRimg00071026 ウロしていましたので(この数日、以前とは違って、鳥を探して、公園内を二周、三周するようになってしまいました)、5.4㎞歩いて来ました。写真は、「桑名七里の渡し公園」の様子(昨日、10/26に撮影)。工事は終わったようです。11月3日のオープンまで、あと1週間。右のように、諸戸家の煉瓦塀の基礎が見つかったという看板が掲げられていました。公園の西の、現在の諸戸氏庭園に煉瓦塀がありますが、それがこの公園の方まで続いていたようです。

|

« 九華公園にヒドリガモ飛来、キンクロその他は25羽……昨日の三重K-ABCアセスメント研究会についても | トップページ | 鎮国さんの工事、櫓の跡、九華公園にキツネがいるという話……カモは相変わらず »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

アオサギさん、時々こういう芸を見せてくれますから、気を抜けません。

カモさん達は増えました。
ただし、マガモやアイガモは美味しいという話が書いてありますが、キンクロさんについては記述がありません。
鴨肉は、脂肪の融点が低く、冷めても口の中で溶けまろやかな口当りとなり、消化されやすくもたれないから好まれるといいます。
種類によっては、臭みが強くて食用には適さないようですから、くれぐれも選んでください(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年10月28日 (水) 20時42分

mamekichi先生、こんにちは。

アオサギさんの百面相、堪能させていただきました(笑)。
直に観察していないと、見れないものですね。

カモさん、たーっくさんになりましたね。
ネギをばら撒いて陶板を・・・というと、色んなところから叱られそうですので、濁しておきます(笑)。

鳥さんたちの顔ぶれを拝見すると、本当に、冬が目前になったというのが実感できますね。

投稿: おユキ | 2015年10月28日 (水) 14時46分

gentaさん、こんばんは。

アオサギさんは、本当に得体が知れません(笑)。
思わぬところに何食わぬ顔で佇んでいたり、木鶏でいたりなどなど。

今日の一連のパフォーマンスは、楽しめました。
とくにあの舌は、久しぶりに見ましたので、コーフンしました(笑)。
初めて見たときは、本当にびっくりしました。

ハクセキレイの写真、EOS kiss x-5のプログラムモードで撮っています。
どちらも焦点距離は250mm、f/6.3、シャッター速度1/320秒。
露出補正はしていません。
ISO感度は、IMG4886の方が160、IMG4889が200でした。
ハクセキレイさん、ほぼ10mくらいのところで撮影しています。

カメラのスキルには習熟しないといけないと思いつつ、鳥撮りに備えて、いつもプログラムモードでお茶を二語いています(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年10月27日 (火) 21時05分

こん@@ワン。
アオサギさんの舌を伸ばして笑って(吠えて?欠伸して?)るのには驚いたんだワン。あれに近い姿は見たことはありけど、あれほどアホっぽい(失礼!)のは初めてなんだワン。ぜひ生で見たかったワン。ほんとにアオサギさんは得体のしれないサギ科なんだワン。動物園でもペリカン目の鳥さんはアホっぽいひとが多いような気がするんだワン(これはミスターの意見だワン)。
水に浮かんでるカモさんを前から見るとお饅頭みたい、というのはおいらも同感なんだワン。おいらは鏡餅にミカンが乗ってるみたいに思ってたんだワン。
ハクセキレイさんの2枚の写真、とってもすてきなんだワン。おいらもミスターにハクセキレイさんを可愛く撮ってほしいと思ってるんだけど、ミスターのデジカメはセンサーが小さく、お天気が良くてよっぽど明るいところでないとまともに写らないんだワン。それで望遠端で撮ると、どうしてもザラついた感じになったり、色が滲んだ感じになったりして残念なんだワン。ほんとはAPS-Cかフルサイズの一眼で撮ってほしいんだけどね。ミスターは、このカメラがつぶれるまで使い倒す、って言ってるんだワン。おいらが生きてるうちにいいカメラ買ってほしいんだワン!
おいらの愚痴みたいになっちゃったんだけど、mamekichi先生は、上の2枚のハクセキレイさんの写真を、どれくらい離れた距離から、どんなレンズで(焦点距離やF値は?)どんな設定で(もし特別な設定があったら)撮ったのですか?よかったら教えてほしいんだワン。 genta & mister

投稿: genta gonta | 2015年10月27日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園にヒドリガモ飛来、キンクロその他は25羽……昨日の三重K-ABCアセスメント研究会についても | トップページ | 鎮国さんの工事、櫓の跡、九華公園にキツネがいるという話……カモは相変わらず »