« 夕方から“アリバイ散歩” | トップページ | 今シーズン初のヤマガラ、モズは縄張りを主張、そして悟ったような旅ネコ »

2015年9月26日 (土)

久しぶりに大山田川から伊勢大橋、揖斐川堤防へ

Rimg00090926_2  26.8℃(13時40分)まで気温が上がって、暑く感じられる日でした。朝一番にRimg00220926_2 接骨院に治療に行き、そのまま散歩がてら、歩いて帰ってきました。10時前から12時頃まで、あっちへブラブラ、こっちでウロウロして、5.5㎞。暑くてさすがにちょっと疲れました(苦笑)。歩いたのは、大山田川沿い(左は、沢南橋辺り)から、甚内ポンプ場、伊勢大橋(右の写真)、福島地内でした。

Img_0485_2  鳥さんはこの時間帯、あまりいません。大山田川沿いで、久しぶりにセグロImg_0495_2 セキレイが鳴いていました(左の写真)。新宮西橋近くのNTNの鉄塔には、カワウさんが2羽。いままでこの鉄塔、ほとんど気にしていなかったのですが、gentaさんがブログに「いつもここにカワウがいる」と書いていらっしゃったので、確認したらそのとおりでした。

Img_0520_2  沢南橋は、カワセミスポットでしたが、河川改修工事が行われ、その影響で、いなくなったのではないかと心配していました。しかし、gentaさんが、“いけないコサギさん”が、カワセミを目撃したということでしたので、行ってみました。30分近く粘ったのですが、来たのは、セグロセキレイ1羽。

Img_0508_2  あとは、カラスの大群。ちょっと気味が悪いくらいの数が上空を飛んでいましImg_0512_2た。確かにこの辺りでは、よくカラスを見ますし、電柱にも巣を作っていることがありますが、こんなにもたくさんのカラスを見たことはありません。

Img_0544_2  このあとは甚内ポンプ場東の入江へ。ここはアオサギがよくいるところです。アオサギに見つからないよう、そっと覗いたのですが、Img_0549_3 さすがに警戒心が強く、すぐに気づかれてしまったようです。早速、逃走態勢に入られてしまいました。いやぁ、毎度毎度この繰り返しです。テレビなどでは、釣り人から魚をもらうアオサギなどを放映していますが、やはり餌でつらないと行けないのでしょうか(笑)。

Img_0551_2  アオサギが逃げてすぐ、下流側からやって来たのは、多分ダイサギ。目Img_0565_2 の前を悠然と飛んで、大山田川の方へ。急いで戻って確認すると、大山田川が揖斐川に注ぐ辺りに降りて、餌を探しているようでした。鳥さんは、このあと、伊勢大橋下流側の中洲でも、ダイサギとアオサギを見たくらいです。

Rimg00190926  ところで、つい先日、新聞に伊勢大橋の架け替え工事が始まったというImg_0571 ニュースが載っていました。左は、伊勢大橋西詰めに以前からあった看板ですが、やっとこの内容が実現しそうです。

Rimg00200926  以前にも載せた記憶がありますが、上の伊勢大橋架け替え工事の看板の近くに、「不発弾探査」の看板もあります。この不発弾探査も、おそらく、橋の架け替え工事に関連して行われていたのでしょう。今日、やっと頭の中でつながりました。

Img_0573  この2隻の船が出ていて、向こう側の船(「警戒船」という旗が見えます)が、このあと伊勢Img_0584 大橋のすぐ下まで行くのが見られました。これが、不発弾探査の作業を行っている船かという気がしました。
Rimg00290926  伊勢大橋下流側の揖斐川の右岸堤防を歩いて来ました。こんなものを見つけました。以前はなかったと思います。「地表強震計」Rimg00340926 があるようです。側には、右のようなものもあり、関係した施設なのでしょう。

Img_0688   こちら、生け垣などとしてよく植えられている木です。名前は知りません。植物は苦手です(苦笑)。歩道に花が散って、おもしろい光景だと思ったのです。ローアングルのワンパターンという声もあるかも知れませんが……。

Img_0614_2  ちょっと季節外れですが、小型のヒマワリかと思います。揖斐川堤防から降りて、福島地内の田んぼの中にたくさん咲いていました。ここには、たくさんチョウや、ハチが寄って来ていました。

Img_0608_2  左は、イチモンジセセリです。右のハチは、誰でしょう? Img_0602_4 ミツバチか、ハナバチの仲間なのでしょうが、細かい毛がたくさん生えていますし、花粉まるけになっていて、なかなかユーモラスな印象もあります。

Img_0660_2  今日のコスモスは、諸戸苑近くの川沿いで撮りました。花を撮ると、どうしImg_0658_2 てもワンパターンになりがちですので、多少ともバリエーションをと思ったのですが、難しいですねぇ。

Img_0680_2  こちらは、東太一丸公園の近くで。ヨメナImg_0673_2 か、ノコンギクだと思いますが、私には判別できません。さらにまた、このハチさん達も、「誰でしょう?状態」です。ハチも難しいです(苦笑)。宿題にしておきます(いつまでにやれるかはアヤシイですが……)。

Img_0634_2  福島地内の田んぼの中の水路には、イトトンボがたくさんいます。毎年そうです。ただ、イトトンボの種類を判別は大変です。昆虫図鑑にはもちろん、判別ポイントが書かれているのですが、この写真だけではお手上げ。顔の正面からみた紋がどうとか、全長が何センチかとか……。呆然としています(大袈裟な)。宿題ばかり増えて、対応不能になりそう(笑)。

Img_0536  気分直しに、上之輪を歩いているときに見かけた子ネコ。とあるお宅のImg_0664 玄関先に、母ネコや、きょうだいと思われるネコたちといました。右は、諸戸苑近くでなっていたザクロの実。無花果とか、ザクロ、子どもの頃はよく食べました。とくに無花果は、近所のお宅になっているものを失敬して食べた記憶があります。もう時効ですよね(笑)。盛りだくさんの散歩でしたが、宿題も多数あり、我ながら笑えます。

|

« 夕方から“アリバイ散歩” | トップページ | 今シーズン初のヤマガラ、モズは縄張りを主張、そして悟ったような旅ネコ »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

gentaさん、こんばんは。

mamekichiというのは、DSのソフト、動物の森だったかに出てくるキャラクターから借りた名前です。
対して意味はありません(笑)。

さて、今日は、久しぶりに大山田川方面に散歩に行きました。
カワセミを見たかったのですが、残念ながら、今日は会えず仕舞いでした。

gentaさんは、遠出ができなかったようで、ガッカリですね。

あの鉄塔、いままでほとんど気にしていなかったのですが、gentaさんのブログでカワウがいると知ったので、確認してきました。

gentaさんをお見かけしたら、声をかけさせていただきます。
私は、いつも帽子を被って、一眼デジカメをぶら下げて歩いているアヤシイオジさんです。
もしどこかで出遭ったら、声をおかけください。
お願いします。

お気遣い、ありがとうございます。
散歩は、gentaさんほどたくさんは歩きません。
せいぜい4~5㎞が普通です。
よく歩いて、6~7㎞くらいです。

投稿: mamekichi | 2015年9月26日 (土) 20時34分

mamekichiさん(どうしてmamekichiなの?)こんにちは。今日はミスターの都合で、残念ながら遠出ができなかったんだワン。約束がちがうんだワン。で、もしやと思ってmamekichiさんのブログを覗いてみたんだけど、あの鉄塔のカワウさんが写っていたので大喜びだったんだワン。ありがとうなんだワン。セグロセキレイさんも見られてうれしかったんだワン。
もし偶然おいら(白黒のわんこだよ)を道で見かけることがあったら声をかけてくれるとうれしいんだワン。たぶんミスターと赤いひもでつながってると思うけど気にしなくていいんだワン。
歩き過ぎて膝を痛めないようにね。

投稿: genta gonta | 2015年9月26日 (土) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕方から“アリバイ散歩” | トップページ | 今シーズン初のヤマガラ、モズは縄張りを主張、そして悟ったような旅ネコ »