« キビタキのオスと、ヒガンバナの“プラス二変化”……“七変化”まであとひとつ(笑) | トップページ | 知能検査の結果を学業や、暮らし、仕事に活かしましょう……桑名発達臨床研究室のご紹介 »

2015年9月19日 (土)

カメは甲羅干しに苦労(笑)……堀の水面の松の枝にも、御嶽山、恵那山の眺望写真も

Rimg00020919 天気もよく、気温もホドホドでよい気候になりました。シルバーウィークの間Rimg00190919 も、天候は安定しているようです。1時間半ほど散歩をしてきましたが、さほど汗も掻かずに済み、風も心地よく、楽しめました。これで期待している鳥たちが出て来てくれれば、いうことはないのですが、もう少し早い時間帯に歩かないと、鳥に出遭うのは難しいかも知れません。

Img_9343  空気も澄んできたのでしょう、木曽御嶽山(左の写真)や、恵那山(右の写Img_9351 真で、名駅前の高層ビル群の右手の高い山)もよく見えていました。御嶽山には雲がかかっていましたが、中央には縦に白いものが見えますので、これはまだ噴煙が上がっているのかも知れません。

Img_9378  鳥を見たのは、カワラヒワと、ヒヨドリ、コサギ、ウミネコくらい(あとは、スズメ、ドバト、カワウ)。このカワラヒワの写真も高い木の上で、しかも逆光でした。ヒヨドリも同様。コサギ、ウミネコは、揖斐川の上を飛んでいたのですが、あまり上手くは撮れませんでした。

Img_9395  「また、カメかよぉ?」といわれそうですが、ご容赦ください。本丸跡の南のImg_9400 堀を眺めていたら、こんな様子が見えました。左の写真では、堀の水面にかかった松の枝や葉の上にカメが乗っているように見えます。右の写真では、水面から離れた枝の上にやはり、カメの甲羅らしきものが見えます。

Img_9404  離れて撮ると、この左の写真のような場所です。赤丸をつけたところをクローズアップした写真が、上の2枚です。ミドリガメも、こんなところにまで登って、甲羅干しには苦労しているようです。九華公園の堀は、揖斐川と水路でつながっていますので、干満に伴って、水位は変化します。右上の写真のカメは、水位が下がって、枝の上に取り残されたのかも知れません。

Img_9379  ちなみに、あの甲羅干しスポットは、今日もご覧のように大混雑を呈していました。他のカメの上にまでカメが乗っているくらいです。ミドリガメが、九華公園全体でどれくらいいるのか、分かりませんが、多分甲羅干しをする場所は、不足しているのでしょう。なお、「木登りカメ」は、今日も木に登っていました。

Img_9387  ヒガンバナ、今日は、花そのものではなく、キアゲハが止まっているところを見つけました。鎮国守国神社の境内で撮ったものです。あいにくこのアングルから、2~3枚撮れただけでしたので、こういう写真となりました。


Img_9426  鍛治町の道路沿いで、ツマグロヒョウモンのオス。

Img_9416  ギンヤンマは、珍しいところにいました。内堀のあるお宅の軒下の外壁に止まっていたのです。こういうところにいるのはあまり見かけない気がします。

Img_9414  貝塚公園の電線には、コノシメトンボのオスのようです。翅の付け根の胸にあるU字形の模様を見ると、コノシメトンボと思われます。

Rimg00120919  昨日の余談の続き。今日、九華公園に行きましたら、もうRimg00130919 一つ「刻印石」の表示が出ていました。昨日のものより数m、北側にあります(昨日、見落とした訳ではないと思うのですが……)。まだ他にもあるはずです。

Rimg00150919  今日の散歩は10時前から、11時半頃まで。いつものように、住吉神社、揖斐川堤防、九華公園から、鳥がいるかもと期待して、貝塚公園、新築公園、老松公園と足を伸ばしたのですが、空振り(笑)。帰りには、寺町によって、桑名別院にお参り(左の写真)。明日が、彼岸の入りですので、もう準備がしてありました。

|

« キビタキのオスと、ヒガンバナの“プラス二変化”……“七変化”まであとひとつ(笑) | トップページ | 知能検査の結果を学業や、暮らし、仕事に活かしましょう……桑名発達臨床研究室のご紹介 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

他人様の心が読めるようでしたら、占い師にでもなって大儲けしたいと思います(笑)。
ダブル・ワークがあと7日間とのこと、お疲れになりませんように。

新しいカメラ、徐々に慣れていらっしゃるようですね。
ヒガンバナのお写真も見事でした。

ヒガンバナにアゲハは、「ヒガンバナにもチョウが来るんだ」とちょっとビックリしつつシャッターを押しました。
今日(9/22)も、鎮国さんの境内で、似たようなシーンを撮ってきました。

鳥見リストは、今年は鳥が出てくるのが遅いような気がしたので、去年のブログをチェックしてみました。
九華公園のように町の側にある公園でもけっこういろいろな鳥が見られるものです。
改めてそれを認識しました。

諸戸氏庭園の横の文化エリアの公園にも、水場ができるようですから、野鳥がやって来てくれるのではないか期待しています。

投稿: mamekichi | 2015年9月22日 (火) 13時41分

こんにちは
mamekichiさんは観察力が鋭くいらっしゃるので心を読まれてるだろうなあと思ってました(笑)
自分に課した負荷、あと7日ほど。頑張ってきます。
まだ設定を全部覚えてないので今日撮ってて連写がしたくてもできませんでした(笑)
彼岸花にアゲハいいですね。僕もとっさにいつでも撮れるようにならなきゃいけないと思いました。
鳥見リストを拝見してて九華公園だけでもたくさんの鳥に出会われたのですね。
新しくできる公園に更に鳥も集まって来るでしょうから楽しみですね。

投稿: こころん | 2015年9月21日 (月) 13時36分

ひらいさん、こんにちは。

野鳥たち、なかなか来てくれません。
去年より遅いペースのような気がします。

キビタキが見られたのはラッキーでした。
鎮国守国神社の鳥居のところで聞き慣れない鳴き声がしたので、探したところ、キビタキでした。

カメは、ミドリガメが多分99%くらい(笑)。
今日も、“バールフレンド”の方とそういう話をしていましたが、ビックリしておられました。

ブログ、拝見しました。
一度、自分も直に見て見たいものです。

投稿: mamekichi | 2015年9月20日 (日) 16時06分

mamekichiさん、こんばんは!

野鳥は中々姿を現してくれませんね、こちら側でも色々な鳥の鳴き声が聞こえるのですが(もちろん聞いても鳥の名前は判りませんが(笑))、中々姿は見えないです。カメさん、九華公園に何匹程居るのか、想像出来ないですよね。もし水が無くなったら、凄い事になってそうです。(笑)

昨日分のお話ですが、キビタキ、これは一度見てみたいです! 綺麗な色の鳥は、魅力的です。

ブログに掲載しましたが、ついに今年度の河口堰カーニバルが始まりました!、明日も行きたいところなのですが、伊勢方面に行かなければならないので、ちょっと(かなり)残念です。と言いつつ伊勢方面で楽しんできますけどね。(笑)

投稿: ひらい | 2015年9月19日 (土) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キビタキのオスと、ヒガンバナの“プラス二変化”……“七変化”まであとひとつ(笑) | トップページ | 知能検査の結果を学業や、暮らし、仕事に活かしましょう……桑名発達臨床研究室のご紹介 »