« 去年9~11月の鳥見リスト……昨年秋のシーズンに初見の鳥 | トップページ | カメは甲羅干しに苦労(笑)……堀の水面の松の枝にも、御嶽山、恵那山の眺望写真も »

2015年9月18日 (金)

キビタキのオスと、ヒガンバナの“プラス二変化”……“七変化”まであとひとつ(笑)

Rimg00020918 朝6時頃は、霧が出ていました。桑名駅前にあるサンファーレのマンションRimg00090918 棟(18階建て、高さ60m)は高層階が霧に覆われていました(マンションに限れば、県内でもっとも高いそうです)。長良川河口堰も霧で霞んでいました(右の写真)。その後は、概ね晴れてよい天気になりました。

Rimg00110918  接骨院に行って治療を受けた後、10時半近くからいつものように散歩。コーRimg00240918 スもいつもの通り、住吉神社から揖斐川堤防、九華公園、寺町商店街、桑名別院であります。距離も変わらず、4.3㎞。「判で押したよう」というのは、このことです(苦笑)。右は、九華公園、朝日丸跡から東屋、その向こうは本丸跡を見た写真。

Img_9319  さて、今日は、キビタキのオスを九華公園で見つけました。多分、初めて見たと思います。鎮国守国神社の鳥居近くの樹上にいました。もう1羽、いたようです。図鑑によれば、夏鳥で、渡りの途中に丘陵地の雑木林にも飛来するとありました。渡りの途中だとすれば、見られたのはラッキーです。

Img_9329  キビタキの近くには、シジュウカラが数羽群れていました。ただし、高い木の上の方にいて、あまりきちんとした写真は撮れませんでした。証拠写真に近いものです。このほか、周りでは、ヤマガラの鳴き声もしていたのですが、こちらは姿は見られませんでした。

Img_9281  お馴染みアオサギさん。今日は、蟠龍櫓の近くにある川口水門の下流側にいました。30mほどのところまで近づけましたが、今日は逃げませんでした。少しはフレンドリーになってくれたのでしょうか? 目つきも穏やかな気がします。七里の渡し跡では、コゲラがいたのですがすぐに逃げられてしまいました。

Img_9317  ウチワヤンマが、電線に止まって、休んでいるように見えました。九華公園の二の丸跡から朝日丸跡へ渡る橋の南側です(バックは、立教小学校)。翅が傷んでいて、疲れているのかも知れません。

Img_9298  ところで、先日の続きではありませんが、ヒガンバナであります。狙って出Img_9307 かけた訳ではありませんが、行ってみたら、水滴がついていたのです。九華公園の管理事務所すぐ南、クジャクなどがいた鳥小屋の裏手(西)に咲いている彼岸花で遊んでみました。

Rimg00250918  もう少しヒガンバナにお付き合いください。こちらは、九華公園の外周遊Rimg00270918 歩道南、二ノ丸橋近くで撮ってきました。先日は、真上から撮ったものを載せましたが、今日は、コンデジを使って、ほぼ真下から見上げて撮ってみました。左は、そばにあった街灯や、青空と相まって、自分では結構おもしろいと思っています。右は、密集して咲いているところで同じことをしてみました。ゴチャゴチャしてしまったかも知れません。先日は、”ヒガンバナ四変化”でしたが(9/16、ヒガンバナ七変化ならぬ“四変化”(笑)……石取会館と、木に登るカメ再登場)、これで“プラス二変化”です。あと一つ、何か工夫しないと……(笑)。

Rimg00200918  余談です。九華公園の管理事務所の向かいに、このような“刻印石”といImg_9292 う看板が立てられていました。左の写真がそれです。クモの巣とクモが被ってしまいましたが……。右は、その石をクローズアップしたものです。お城を作るとき、石垣などに担当者の印を刻むということはよく聞きますが、そういうものなのでしょうか。ただ、この印については何も説明がありませんので不明です。管理事務所近くには、他にも刻印のある石があったと思います。

|

« 去年9~11月の鳥見リスト……昨年秋のシーズンに初見の鳥 | トップページ | カメは甲羅干しに苦労(笑)……堀の水面の松の枝にも、御嶽山、恵那山の眺望写真も »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

ヒガンバナ、あちこちで咲いていますね。
もう明日が、彼岸の入りです。

さて、ご紹介いただいたブログ、見てきました。
似たようなことをお考えになる方はいらっしゃるものですね(苦笑)。

私は、コンデジで、マクロ設定にして、ヒガンバナの真下にカメラを入れ、シャッターを半押しにしてピントがあった音がしたら、シャッターを切りました。
もちろん、液晶画面は、撮るときは見られません。
撮ったあとで確認していました。

サンファーレの辺り、よく強い風が吹いているようですね。
「ビル風」といわれる風かも知れませんね。
規模の大きな建物の周りで、複雑な流れの風が発生するのをビル風というようです。

投稿: mamekichi | 2015年9月19日 (土) 17時43分

mamekichiさんこんにちは、彼岸花咲いてきましたね、
ブログですごいアングルで彼岸花をとってる人↓がいたので私も真似をしようとしたけど無理です(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/mosura_830/55521477.html
すごい真下から撮るって液晶画面も見えないしどうするんだろう?
そう言えば、駅前のサンファーレの近くを通る時、
いつも風がビュービューとすごい風が吹いてるように聞こえます。
ビルとビルの間に風が通るようにできているからなんでしょうね。

投稿: ミリオン | 2015年9月19日 (土) 15時04分

おユキさん、こんにちは。

昨日はまだ天気が今ひとつという予報もありましたね。
「晴天になってしまった」には、浅くて薄い訳があるとは、いったいなんでしょう?

さて、ヒガンバナ、そうですね、他の知り合いの方のブログを見ても、「実はあまり好きではない」と告白があったりします。
シロバナヒガンバナであれば、またイメージが違うのかも知れませんが、徒歩散歩圏内ではこの頃見なくなりました。
クルマで走っているとき、2度ほど見たのですが……。
息子さんのお聞きになった噂も、さもありなんという感じです。

見上げるショットを撮ろうと思ってうまく行きませんでしたが、一眼デジカメですと、真下から写すのはほぼ不可能。
そこで、コンデジで、マクロを使ってトライしてみたという次第。
かなりイメージが違いますよね。

アオサギさん、近づいても逃げませんでした。
気づいていたとは思うのですが。
キューリは多分食べてくれないでしょうねぇ。
動物食ですし。
念のため、今度聞いてみます(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年9月19日 (土) 12時28分

mamekichi先生、こんにちは。

今日は、雨か曇りだとのつもりで、色々考えていたのですが、
予想をはるかに超えた晴天になってしまいました。
「晴天になってしまった」には、浅くて薄いわけがあるのです(苦笑)。

ところで、彼岸花、案外、不評なんですねぇ。
お墓とかのイメージが強いとのことでしたので、息子にも聞いてみました。
彼の高校では、花壇に彼岸花が咲き乱れていたそうなので、少なくともお墓のイメージを持たずに見ると、どう感じるのかと。

「不吉」らしいです(泣)。
というのも、彼岸花は死体がたくさんあるところに咲く、と噂で聞いていたから、とのことでした。

でもご心配なく。私は相変わらず、魅力的な花だと思い続けます(^^)v。

そうそう、真下から見た彼岸花。塔のようで立派です。
角度を変えるだけで、これだけ違う様相になるのですね。

アオサギさん、少しフレンドリーになってくださったとのこと。
そろそろキューリで餌付けが可能かもしれませんね。
あ。カッパじゃないから無理ですね(笑)。
アオサギさんには、ナイショにしておいてくださいm(__)m。


投稿: おユキ | 2015年9月18日 (金) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 去年9~11月の鳥見リスト……昨年秋のシーズンに初見の鳥 | トップページ | カメは甲羅干しに苦労(笑)……堀の水面の松の枝にも、御嶽山、恵那山の眺望写真も »