« 猫の欠伸(笑)、シジュウカラは証拠写真、アオサギ、そしてハギ……御嶽山、藤原岳、なばなのイルミも | トップページ | ヒガンバナ七変化ならぬ“四変化”(笑)……石取会館と、木に登るカメ再登場 »

2015年9月15日 (火)

♪親ガメの背中に……♪ ……カワラヒワ、ゴマダラチョウ、京町の毘沙門天堂

Img_9180_3  9月15日、昔ならば敬老の日です。ずいぶん涼しくなりました。もう、あれほど喧しかったセミの鳴き声もほとんど聞かれなくなっています。そろそろ九華公園など、私の散歩コースに野鳥が戻ってくるのではないかと期待しているのですが、なかなかです。去年は、9月4日にイソヒヨドリ(メス)、9月12日にカイツブリ、9月15日にヤマガラ、シジュウカラ、9月20日にコゲラ、メジロ、サメビタキ(?)、9月28日にセンダイムシクイと登場してきたのですが……。今年は、今の時点で写真に撮れたのは、シジュウカラ、イソヒヨドリ、ホオジロ(去年は記録なし)くらい。コゲラは鳴き声は聞いていますが、姿は見えずです(アオサギ、ウミネコ、などは除きます)。

Img_9157_2  さて、今日の散歩では、カワラヒワの姿をとらえられました。といっても、Img_9165_2 今のところは、松の木のてっぺん辺りにしかいませんので、証拠写真レベル。九華公園本丸跡で撮りました。右の写真では、器用に松の葉っぱを束ねて掴まっているのが見えます。松の実をつついているときにこちらを向いたものです。

Img_9145_2  あまり見られないチョウですが、ゴマダラチョウと思います。九華公園のImg_9153_3 二の丸跡で撮りました。タテハチョウの仲間で、人家周辺や寺社の境内で見られることも多いといいます。右は、ノシメトンボのオスと思います。九華公園の朝日丸跡の樹上に止まっていました。

Img_9192_2  鳥がいないのでカメでも撮るか、と思って探していましたら、まさに、♪親ガメの背中に子ガメを載せて♪という光景が。それも、ミドリガメではなく、クサガメのような気がします。クサガメは、日本原産のカメ。ミドリガメに負けないでもらいたいと思います。九華公園の二の丸南で。

Img_9200_2  こちらは、大小並んで甲羅干し。場所は、諸戸水路の南の端。寺町商店街に近い方です。奥の小さい方はミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)ですが、手前はどうでしょう? ミドリガメではないように見えます。クサガメかという気もします。

Rimg00090915_2  ところで、いままであまり意識していなかったのですが、京町に毘沙門天Rimg00110915_2 堂があります。今日、改めて、「そういえば……」と思ったのは、今日が例祭で、夜7時から護摩供養が行われるようです。左の写真にありますが、ここは旧東海道に面しています(右側の石碑がその案内)。

Img_9130_2  今日もアオサギは、揖斐川沿いの堤防に佇んでいました。ただし、蟠龍櫓近くの川口水門にいました。ちょうど、鳥見が趣味の男性とお目にかかったので、教えて差し上げたら喜んでいただきました。

 今日の散歩は、8時45分くらいから、11時までと、久しぶりに2時間越え。ただし、そのうち、40分あまりは、バールフレンドの Y さんとおしゃべりしていたのです(苦笑)。おしゃべりには途中から、I 町のご隠居も仲間に(男性の散歩友達です)。こういうことで、歩いた距離は、いつもと変わらず4.9㎞。しゃべりに行ったようなものでした。

 冒頭の花の写真、名前を書き忘れていましたが、こころんさんのコメントにいただいたように、ハナトラノオです。こころんさんのブログで拝見し、確か九華公園の外周遊歩道沿いのお宅にもあったと思い、撮ってきたものです。以上、9月16日に付記しました。

|

« 猫の欠伸(笑)、シジュウカラは証拠写真、アオサギ、そしてハギ……御嶽山、藤原岳、なばなのイルミも | トップページ | ヒガンバナ七変化ならぬ“四変化”(笑)……石取会館と、木に登るカメ再登場 »

寺院」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、こんにちは。

軽いおしゃべりは、良いですよね。
年齢、性別もさまざまですから、思わぬ話題も出て来ますから、それなりにアタマを使います。
時々散歩でお目にかかる女性は、「お医者さんから、一日に7人の人と会って、話をしなさいといわれた」とおっしゃっていました。
高齢の方ですと、7人とあってお話しをするというのは大変かも知れません。

投稿: mamekichi | 2015年9月16日 (水) 13時40分

おユキさん、こんにちは。

カワラヒワ、肉眼ではあそこまで見えなかったのですが、松の葉を鷲づかみにしていました(笑)。
小型の野鳥といえども、足の爪はかなり大きいことが多く、木の枝や幹などにそれを食い込ませてしっかりと掴まっているのをよく見ます。

「親ガメの背中に子ガメが……」でありますが、親子かどうかも不明ですねぇ(笑)。
勝手にそう思っているだけかも知れません。
それにおユキさんが書いていらっしゃるように、背中に乗るつもりだったのか、たまたま乗ってしまったのかも分かりません。
例の甲羅干しスポットのスロープでは、ひたすら甲羅干しがしたくて他の亀の上に上がってしまったと思われる光景はよく見ます。

この間の「猫の欠伸」の件。
欠伸がうつるとか、喫煙者で誰かがタバコに火をつけると、他の人もついついタバコを吸うという現象を「社会的促進作用」と呼んで説明しています。
ネコはどれくらい賢いのでしょうね?
学生時代、先輩で、ネコを使って形の区別を学習させる実験をしていた方がいらっしゃいました。
私はネコを飼ったことはありませんし、よく分かりません。
おっしゃるように「鏡に映った自分の姿を自分だと認識する」というのは、かなり高度な知的能力が必要です。
ただ、実際に「自分と認識しているかどうか」を確かめるのは、相当難しいと思います(というのも、聞いても答えてくれませんから、行動を観察して、確かにそうだと判断できないといけませんから)。

投稿: mamekichi | 2015年9月16日 (水) 13時37分

こころんさん、こんにちは。

おっしゃるとおり、ハナトラノオです。
名前を書き忘れていましたので、追記しました。
明るいピンク色をしていて、良い感じの花ですね。

福王神社も毘沙門天でしたか。
ずっと昔(20年以上前)、一度だけ行ったことがあります。
もともとは、武神なのですが、七福神のお一人でもありますし、勝負事にも御利益があるともいわれるようですね。
御朱印集め、興味はあるのですが、あまりあちこち出歩きませんので、あまり集まりそうにありません(苦笑)。

おしゃべり、私もけっこう好きです(笑)。
散歩で知り合って、お話しするようになった方がたくさんいます。
こういう方たちは、私がカメラをぶら下げていることもあって、「良い写真撮れた?」「新聞に投稿はしてないの?」など、聞いてくださいます。
鳥好きの方もたまにいらっしゃり、情報を教えて頂いたり、昔何がいたというような話を伺えたりして、楽しいですね。

投稿: mamekichi | 2015年9月16日 (水) 13時27分

ストレスのない軽いおしゃべりというのは、とても大事な脳活性化ですね。 一日だんまりというのは、とってもよろしくありません。さりとて家族だと、最低限の事しか話しませんし(^^;;
退職するとひきこもりになる予定の私ですので、その点をよく考えておかないとなりませんね。

投稿: チーママ | 2015年9月16日 (水) 10時57分

mamekichi先生、おはようございます。

カワラヒワさん、意外とガッツリ、松の葉を掴んでいますね。
器用だなぁ、と感心してしまいました。

親ガメの背中に子ガメが乗って・・・。
これから登るぞ~というところを見たことがないのですが、
子ガメは、親ガメに乗るつもりだったのか、というのが、ずっと疑問なのです。

岩に登るように、ただただ前進したら、亀の甲羅の上に到着していた、というのが本当じゃないのかな、と。
カメさん、どこでも登りそうなんだもん。

先日の、ネコの欠伸は「社会的促進作用」を促したのですね。
こうやって、とお手本を示したとは、笑えました。不審者認定を受けない事を、祈るばかりです(笑)。
ネコって、賢いのでしょうか?

鏡に映った自分の姿を、自分だ、と認識するのは、動物としてとても賢いのだとか。
その話を思い出しました。

あ、ご心配なく。索引を引いたら、社会心理学の項にたどり着きました(笑)。


投稿: おユキ | 2015年9月16日 (水) 09時43分

おはようございます
ハナトラノオですね。
ルピナスのように下から上へと順に花が咲いて綺麗な花ですね。
福王神社と同じ毘沙門天ですね。
mamekichiさんも御朱印集めされたらどうでしょう。
体動かすことも大切でしょうが、おしゃべりはいいですね。
無趣味の人とおしゃべりするときは
話題の切り口を見つけるのに困ることがありますが(笑)
写真の趣味はいいですね。撮るだけでなくあちこちで目にした物などを話題にできますから。

投稿: こころん | 2015年9月16日 (水) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫の欠伸(笑)、シジュウカラは証拠写真、アオサギ、そしてハギ……御嶽山、藤原岳、なばなのイルミも | トップページ | ヒガンバナ七変化ならぬ“四変化”(笑)……石取会館と、木に登るカメ再登場 »