« 九華公園で彼岸花、イソヒヨドリとホオジロの証拠写真(笑) | トップページ | ♪親ガメの背中に……♪ ……カワラヒワ、ゴマダラチョウ、京町の毘沙門天堂 »

2015年9月14日 (月)

猫の欠伸(笑)、シジュウカラは証拠写真、アオサギ、そしてハギ……御嶽山、藤原岳、なばなのイルミも

Img_8999 今朝は、17.2℃でした(5時40分)。ずいぶん涼しくなりました。散歩をしていても、草むらからは盛んに虫の声が聞こえて来ます。秋になってくるImg_9005 と、遠くまで眺望が利くようになります。今日は、木曽御嶽山も見えていました(左の写真)。まだ、白い噴煙が上がっているように見えます。右は、鈴鹿山脈の藤原岳。太平洋セメントによって、石灰石が採掘されていて、ご覧のように山容が変わるほどになっています。

Rimg00010914  こちらは、午後3時前、散歩に出るときの北の空。秋の空です。中央から左に伸びる山並みは、岐阜・福井県境の両白山地。今日は午後になってもよく見えていました。散歩は、午後3時から4時過ぎにかけて。寺町から九華公園、揖斐川堤防、住吉神社と4.4㎞。

Img_9029  まずはこちら。「猫の欠伸」であります。そうです、このブログの名前にもしています。九華招魂社の“守りネコ”の1匹。ただ、いきなり欠伸をしてくれましたので、写真としては失敗作。「もう一度欠伸してくれよ」と頼んだらしてくれたのですが(笑)、それも上手くは撮れませんでした。上手く撮れていたら、ブログのシンボル写真にしようと思ったのですが……。

Img_9043  午後からの散歩でしたので、鳥はあまり期待していませんでした。案の定でImg_9116 した(苦笑)。シジュウカラが2~3羽、九華公園にいたのと、いつもの住吉水門のところにアオサギさんがいたくらい。蟠龍櫓近くでカワラヒワが10羽ほどいましたが、こちらはすぐに逃げられました。アオサギさんは、夕陽に当たって黄昏れているように見えますし、蓑を被ったというか、カッパのようにも見えます。

Img_9085  鳥がいませんので、カメたちでも(笑)。左は、例の甲羅干し名所のスロー プ。今日はけっこう賑わっていたのですが、一番下のカメは、これからよじ登ろうと努力中。しかし、残念ながら、その努力は報われませんでした。

Img_9069  何故だかは、自分でも分かりませんが、「秋→萩」という連想が突然働きImg_9062 ました(苦笑)。九華公園を歩いていて、ハギの花が目に付いたのです。調べてみたら、ハギにも何種類かあるようですし、花の時期は6月からとありました。何も知らないということが露呈しています。左の写真は、ハギのイメージからちょっとでも脱したものをと思って撮ってみました。

Img_9070  ハギに止まったイチモンジセセリ(左の写真)。このところ、あちこちでセImg_9127 セリチョウが目立ちます。右はキタキチョウ。住吉ポンプ場近くでせわしなく舞っていました。止まってくれないかとしばらく待っていたら、散歩の男性が通りかかったのですが、ちょっと不審そうな目で見られました(爆)。「ヘンなオッサン」と思われたのでしょう、きっと。確かにそうであります。

Rimg00190914  午前中は今日も接骨院に行っておりました。月曜で、天気もよいため、混雑していました。高齢者の方が大半で、先生の施術待ちの方も多かったので、小生は、低周波治療をいつもの3倍くらいの時間受けて、時間調整(笑)。お陰で1時間半ほど滞在していました。リブベルトは、もう外出の時だけつければよいといわれました。ただ、しばらくは通院を続けるつもりです。写真は、九華公園の二ノ丸橋。冬になると、ユリカモメがこの欄干に並ぶところです。

Img_9108  オマケ。揖斐川堤防から見た、なばなの里ウィンターイルミネーション110917144302 の建設現場。三角形の構築物が、円周状に配置されているように見えます。作業員の方が登っているのも写っています。といいつつ、小生自身はイルミは見に行ったことはありません(苦笑)。我が家の玄関先から、覗くだけです。右は、なばなの里のサイトから借りたものに書き込みましたが、左の写真は矢印の方向から撮ったものです。イルミ、今年は、10月24日スタートだといいます。

|

« 九華公園で彼岸花、イソヒヨドリとホオジロの証拠写真(笑) | トップページ | ♪親ガメの背中に……♪ ……カワラヒワ、ゴマダラチョウ、京町の毘沙門天堂 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

そうなのです。
このネコさんに、こうやってと自分も欠伸をしつつ頼んだら、してくれたのです。
欠伸がうつったのかも知れません(笑)。
ちなみに、心理学用語では、「社会的促進作用」といいます。

アオサギは、相変わらずつれないというか、愛想なしというかです。
この写真は、私に気づいて、逃げようという体勢に入ったところと思います。

カメの甲羅干しについてはいろいろと笑えます。
カメも多分必死なのだと思います。

投稿: mamekichi | 2015年9月15日 (火) 13時54分

mamekichi先生、こんばんは。

ええ?!と、二度見ならぬ、二度読みしてしまいました。
ネコさんとお話出来ただけでなく、お願いも聞いてくれたのですね(笑)。

アオサギさん、屈伸運動をして、これからダイブするみたいに見えます。
カメさんも、これが普通なのでしょうけど、腕(?)の格好や瞼の角度が、一生懸命に見えて、可愛いです。

鳥さんやカメさんは、表情から色んなシチュエーションをこじつけやすいので、楽しいです。

投稿: おユキ | 2015年9月14日 (月) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園で彼岸花、イソヒヨドリとホオジロの証拠写真(笑) | トップページ | ♪親ガメの背中に……♪ ……カワラヒワ、ゴマダラチョウ、京町の毘沙門天堂 »