« 赤須賀でお地蔵様、イオンタウンの展望台そして養老鉄道“センロク”で俄撮り鉄……9/20の散歩写真 | トップページ | サメビタキ、モズのメス、シジュウカラ……まだまだヒガンバナも(苦笑)、余談は、EOS x-5でこれまで110,127枚撮ったお話 »

2015年9月21日 (月)

カイツブリとアオサギ@三ツ又池公園

Rimg00180921 気持ちのよい天候が続いています。今日は、敬老の日。朝、思いついて、Rimg00090921 ちょっとだけ遠征して来ました。弥富市にある 三ツ又池公園です。朝の散歩で時々お目にかかる鳥好きの方(いつも双眼鏡をもって散歩していらっしゃいます)が、ここへ行って、カイツブリをたくさんみてきたと昨日、おっしゃっていたからです。宝川という川の遊水池を利用した公園で、芝桜で有名なところ。我が家からは、国道1号線を回って、クルマで片道20~25分ほど。

Img_9648  駐車場から割と近いところ(上右の写真の地図で、スタート&ゴール地点とImg_9656 あるところのすぐ北あたり)で、最初のカイツブリ&巣を発見。私に気づいたようで、慌てて何か隠し始めたようなところです(左の写真)。このあと、巣を離れて、泳ぎ始めました(右)。

Img_9714  左は、池の北側、親水砂浜広場に近いところに浮いていたカイツブリの巣です。このカイツブリさん、私と同じく、ガーデニングの趣味がおありのようです(笑)。冗談はともかく、他の巣にも、けっこう、草花が伸びているものがありました。巣づくりの材料の中にそういうものが、混じっているのでしょう。巣は、数えられたかぎりで4つほど。

Img_9717  中には、こちらのように、何故かカメさんが乗っているものもありました。持ち主のカイツブリさんが、放棄したのでしょうか? 九華公園でもミドリガメ達は、甲羅干しの場所確保に躍起になっていますから、同じなのかも知れません。

Img_9883  こちらは、一廻りして、スタート&ゴール地点の向かい側に来たときに撮った写真。左が親で、右はその子どものように見えました。親鳥の方は、ちょっとだけジャンプした瞬間です。このあと、寄り添うようにして巣の方に戻って行きました。他の巣でも、ヒナがいたりするのかも知れません。

Img_9705  さて、池の北半分の方に回ると、あちこちでアオサギに出遭いました。Img_9804 とはいえ、ご覧のようにこちらに気づくと、すぐに逃げるのはどこのアオサギさんも同じようです。おそらく、実数では、2羽だっただろうと思います。

Img_9768  池のもっとも北、菖蒲園のところにいたアオサギ。ウォーキングコースのImg_97772 草に隠れてみていたら、あまり気づかれませんでした。かなり深いところに入って、餌を探していました。肉眼では見えなかったのですが、ドジョウのようなものを咥えているところが撮れていました。

Img_9831  親水砂浜広場まで行って、睡蓮園まで戻って来たら、アオサギと、ダイサImg_9837 ギ(たぶん)が近くで、仲良く餌探し。上手く撮れていませんが、アオサギは小魚をゲットしたようでした。

Img_9832  大きさ、目元や嘴の色からダイサギと思いますが、こんなに首をまっすぐ伸ばしているのを見たことはありません。アオサギさんは、Img_9847 餌を探すときに、こういう体勢になるのは時々見ますが。しばらくみていましたが、ダイサギの方は、餌は捕まえられなかったようです。右は、餌を探しているところでしょうが、やはり同じサギの仲間、アオサギのスタイルにとてもよく似ています。

Img_9856  菖蒲園のところにいたアオサギではないかと思います。というのも、私に気づいて、池の中之島の方に飛んでいったからです。素知らぬ顔をしてたってはいますが、多分私の存在に気づいていると思います。距離がありましたから、平気を装っていたような気がします。

Img_9732  ところで、そのほかの鳥など。左の写真、あまり良く撮れImg_9743 てはいないのですが、中央辺りにイソシギの姿が写っています。どこから飛んできたものです。右は、とんでもなく首の長い生きものが見えたので撮りました。首の長いのは、カメのようですが、こんなに長いのでしょうか? その奥には、カルガモが2羽、マッタリしています。

Img_9814  こちらは、棒の上にモズのような鳥が止まったので、慌ててカメラを向けてシャッターを押したのですが、間に合わなかったという不始末写真。鳥の正体は不明。もう一つ、大変残念なことをしたのは、睡蓮園のところを歩いていたら、カワセミが飛んできたのです。あのブルーメタリックを見間違えるはずはありません。追いかけたのですが、見つけられませんでした。

Rimg00130921  こちらは、ウォーキングコース沿いにあった、ここで見られる鳥リストの看板。なんと、あのコアジサシが載っているではありませんか。これは、来シーズンに向け、よく覚えておかねばなりません。それにカモ類もけっこう来るようですから、秋が深まったらもう一度来てみる価値がありそうです。

Img_9698  オマケ。東の方へ歩いていたら、高圧の送電線が。こういう高い鉄塔をみると、何だか写真に撮りたくなりました。屁理屈を言えば、人工物の造形の美に惹かれたというところです(苦笑)。

Img_9686  もう一つは、ヒガンバナ。もう十分堪能したといわれるかも知れませんが、“七変化”にまだ一つ足らないのです(笑)。ヒガンバナの魅力の一つは茎がきれいだと書いていたブログがありました。確かに、ヒガンバナは、花が咲いている間は、葉は出て来ません。花が散って、冬になる頃にはが出てきたように思います。「花と葉が同時に出ることはない」という特徴から、日本では「葉見ず花見ず」とも言われると、Wikipediaの説明にありました。

|

« 赤須賀でお地蔵様、イオンタウンの展望台そして養老鉄道“センロク”で俄撮り鉄……9/20の散歩写真 | トップページ | サメビタキ、モズのメス、シジュウカラ……まだまだヒガンバナも(苦笑)、余談は、EOS x-5でこれまで110,127枚撮ったお話 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

やっとカイツブリを見てきました。
この頃、お話しをするようになった80歳くらいの男性が、鳥見がお好きなようで、いつも双眼鏡をもって歩いていらっしゃるのです。
昔は、写真も撮っていらっしゃったようですが、「いまは、年を取って写真は撮れません」だそうです。
この方が、教えてくださったので、行ってきました。
三ツ又池公園、良いところでしたよ。

巣があるということは、おっしゃるようにもう少し早い時期に行くと、親が背中に子どもを乗せているところがみられるかも知れませんね。
それと、コアジサシが来るというのにも驚きました。
どちらも、来年ですね。
忘れないでおきましょう。

投稿: mamekichi | 2015年9月22日 (火) 13時50分

おユキさん、こんにちは。

そうなんです、ようやくカイツブリさんに会ってきました。
ただ、カイツブリも、人に対する警戒心が強いので、すぐに逃げます。

カイツブリの巣は、多分水に浮いているだけで、水草に絡めたりはしていないと思います。
巣の材料の中に、草など植物の類も使っているので、それが育って、ガーデニングをしているように見えるのでしょう。

サギ、とくにダイサギやアオサギのように首の長い種類は、おっしゃるように、ろくろ首のように見えて、不気味ですね。

ヒガンバナは、花が咲いているときには葉はありません。
が、花が終わってしまうと、その存在をあまり意識しなくなりますので、葉っぱが出ているところは気づきませんよね。

投稿: mamekichi | 2015年9月22日 (火) 13時46分

mamekichiさん、こんばんは!

カイツブリ!、と言うか「三ツ又池公園」! このような所が有るのですね。これは行かねばなりません。そしてカイツブリの巣、と言うか「上陸」! 初めて見ました。もしかして夏に行くと、背中に子供を乗せてる所が見れるのでしょうか? 是非確認してみたいです! と言ってもあと1年、忘れてしまうかなと。(笑) この公園で見られる野鳥、長良川でもおなじみの面々ですね、年中楽しめそうです! コアジサシが来ているというのは驚きでした。

自分も本日用事が有り弥富付近に居ました。もう夕暮れで薄暗かったのですが、サギの巣に戻ってくるサギで、凄い状態になっておりましたよ。

投稿: ひらい | 2015年9月21日 (月) 20時09分

mamekichi先生、こんにちは。

やっと会えた、という感じですね。

ガーデニングがご趣味のカイツブリさん、ひょっこりひょうたん島みたいで和みます。
お写真を拝見して、巣が水に浮かんでいるようだったので、流されないのかなぁ、と不思議に思ったのですが、水草などに絡めて作るのですね。

ダイサギさん、きっとアオサギさんもそうなのでしょうが、
首を伸ばしたところを正面から・・・というのは、ろくろ首のようで、ちょっと怖いです(^^;)。

彼岸花、そういえば、葉っぱを見ませんね。
好き~と言っていますが、咲いているところしか見ていませんでした。
今年は、咲いている場所をチェックしておいて、花がない時の状態を見てみようと思います。

茎がキレイというと、ガーベラやカラーも、茎がキレイで、大好きな花なんですが、茎も込みで好きなのかもしれません。

投稿: おユキ | 2015年9月21日 (月) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤須賀でお地蔵様、イオンタウンの展望台そして養老鉄道“センロク”で俄撮り鉄……9/20の散歩写真 | トップページ | サメビタキ、モズのメス、シジュウカラ……まだまだヒガンバナも(苦笑)、余談は、EOS x-5でこれまで110,127枚撮ったお話 »