« 木に登るミドリガメに、九華招魂社の狛犬ならぬ、守りネコ | トップページ | 知能のCHC理論(その4) »

2015年9月12日 (土)

遠目のアオサギとカルガモだけ……鳥は少なし、町の風景と、猛禽類が飛来したというお話し

Rimg00140912 台風も過ぎて3日目、九月も中旬に入りましたので、そろそろいろいろな鳥も来ているのではないかと期待しましたが、ほとんど空振りでした(苦笑)。今日も、朝一番に接骨院で治療。帰宅して、10時20分頃から12時頃までかけて、九華公園から貝塚公園と、5.2㎞ほど歩いて来ました。写真は、住吉神社前から眺めた揖斐川の下流方向。写真の中央やや右あたりで、長良川と合流します。右に小さく見えるのが、蟠龍櫓。櫓のすぐ右の建物は、旅館山月(旧・脇本陣)。

Img_8868  今日はさすがのアオサギさんも、遠く、揖斐・長良川の中洲に見えただけImg_8875 (300m以上先)。スズメやドバトはもちろんいましたが、それ以外は、九華公園のカルガモさん2羽(右の写真)。九華公園では小型の野鳥が2羽いたのですが、一瞬姿が見えただけで確認もできませんでしたし、写真も撮らせてもらえませんでした。

Img_8871  吉之丸コミュニティパークにいたイチモンジセセリか、オオチャバネセセリ。Img_8886 翅の模様が確認できませんでしたので、どちらか不明。足にまで花粉が付いているのが分かります。トンボも、アカトンボの仲間はたくさん飛んでいましたが、飛びものは撮れませんでした。右はシオカラトンボのオス。岩に止まったのですが、ズルズルと下に落ちていきます。笑えました。

Rimg00050912  我が家のすぐ近く、諸戸氏庭園の東には、「桑名七里の渡し公園 文化のシンボルエリア」の整備が行われています。国営木曽三川公園「河口地区」(三重県桑名市)における新たな拠点として、公園が作られているのです。もう3年近く工事を行っていますが、本年度中に完成予定のはずです。新たな散歩コースであり、憩いの場所になると思います。

Rimg00090912  住吉水門の内側には、“trois riviere号”が止まっていました。定員53名(乗員2名は別)。リバー・クルーズなどに使われます。名前は、フランス語で「3つの川」ですから、「三川号」というところかと思います。一度は、乗って、木曽三川のクルーズをしてみたいですねぇ。

Rimg00320912  八間通。桑名駅から、九華公園まで続く、メインストリートと言えます。寺Rimg0030 町交差点から、西(桑名駅方面)を見たものが、左の写真。東(九華公園方面)が右の写真です。桑名では珍しく、電線が地中化され、電柱がなくスッキリしています。並木も大きくなり、なかなか良い感じで、気に入った景色です。

Img_8896  寺町の桑名別院にお参りしていたとき、上空でエンジン音が響いてきました。ヘリコプターかと思って見あげたら、エンジン付のハングライダーが飛んでいました。250mmズームで撮って、そのままトリミングもせず載せました。色からすると、時々飛んでいるハングライダーのようです。

Img_8897  オマケ。九華公園で、散歩友達のナナちゃん(柴犬です)の飼い主さんにお目にかかりました。3~4日前にトビよりも大きい猛禽類が飛んできていたそうです。台風の影響でしょうか。見逃してしまい残念。ハトなどが、そのあとしばらく姿を消したといいますから、本当に猛禽類だったのだろうと思います。もう一つ、昔は、九華公園の松の木にトビが巣を作っていたという話も伺いました。

|

« 木に登るミドリガメに、九華招魂社の狛犬ならぬ、守りネコ | トップページ | 知能のCHC理論(その4) »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、ありがとうございます。

「東海道五十三次を歩く城下町・桑名と七里の渡し」というツアーがあったんですね。
検索してみたら、次のツアーでした
http://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=J17771150070

桑名もけっこう観光地化しているんですね。

投稿: mamekichi | 2015年9月15日 (火) 20時06分

遅レスですみません。
12日にトロワ・リヴェール号に乗ったと言う人がブログで書いてました。
「東海道五十三次を歩く城下町・桑名と七里の渡し」と言う大阪からのツアーで、
その人は桑名から熱田の宮の渡し~熱田神宮までの参加だそうです。
海蔵寺で大阪から来るご一行様を待ち、はまぐりプラザで蛤料理を食べて、
トロワ・リヴェールのチャーター船で海上七里を渡ったそうです。
こんなツアーがあるのは知りませんでした。

投稿: ミリオン | 2015年9月15日 (火) 14時53分

ひらいさん、おはようございます。

涼しくなりましたね。
早朝ですと肌寒いかも知れません。

去年のデータですと、そろそろシジュウカラ、コゲラ、ヤマガラなどや、コサメビタキ、サメビタキ、イソヒヨドリなどが出てくる頃ですが、まだのようです。

新しい公園は、木々の他に水の流れもできるようですから、野鳥も来るのではないかと期待しています。
今いるのは、スズメくらいですが(笑)。

三川号、普段は、揖斐川の伊勢大橋上流側の舟溜まりに係留されています。
イベントがあると、登場します。
なかなか良さそうな舟で、一度は乗ってみたいですね。

猿回し辺り、拝見してきました。
いったい何ができるのでしょうね。
楽しみです。

投稿: mamekichi | 2015年9月13日 (日) 08時24分

mamekichiさん、こんにちは!

随分涼しくなってきましたね、早朝散歩開始時、少し寒かったので、大丈夫かなと思いながらいつもの薄着で出掛けましたが、野鳥を追いかけてたら汗だくになりました。(笑) 夏はもう少し続きそうです。

そちら側は、野鳥も少なかったようで残念です。こちら側では、いつものメンバーですが、相変わらず大勢集まっており、時間いっぱいまで楽しめました。時間制限は、なばなの里「花ひろば」オープン日なので、一番乗り達成の為でした。(笑)

新しい公園、野鳥が来てくれるような仕掛けが有ると嬉しいですね、楽しみです!。三川号、結構高級な船ですね、自分も一度乗船してみたいです!

そして、なばなの里「花ひろば」オープンという事で、あの場所をじっくり観察して来ました。猿まわし辺りを更新しましたので、またお時間有ればご覧下さい。

投稿: ひらい | 2015年9月12日 (土) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木に登るミドリガメに、九華招魂社の狛犬ならぬ、守りネコ | トップページ | 知能のCHC理論(その4) »