« ゆるりと散歩……ウミネコ、アオサギの飛び姿に蟠龍櫓と七里の渡し跡 | トップページ | 八丁縄手踏切が史蹟?、常夜灯が消えた……歴史ウォーキングの案内から謎を探る »

2015年9月 2日 (水)

予想外の上天気で3.9㎞の散歩……ネコとアオサギ、そして「よんどころない事情」とは(笑)

Rimg00020902 今朝、6時過ぎは、こんな風に霧が立ちこめていました(左の写真)。長良川河口堰も霧Rimg00080902 に霞んでいますし、本来であれば画面の左の方に見える伊勢大橋(国道1号線)もまったく見えませんでした。右の写真は、河口堰、揖斐・長良川、六華苑の洋館の塔屋(右の薄いブルーの建物)をズームしました。予報では、午前中は強い雨が残り、午後からは曇りといっていましたので、「やれやれ今日もか」と思っていました。

Rimg00120902  しかし、午前中所用で外出している間、みるみる天候は回復し、ご覧のような好天に(写真は、正午前)。最高気温も久しぶりに31℃になったようです。ただ、北からの風が吹き、蒸し暑さもなく、エアコンいらずで過ごせました。

Rimg00220902  さて、今日も、上に書きましたように午前中は外出、そのほかはアセスメントの報告書のまとめに勤しんでいました。午後3時半を過ぎて、日も傾いてきましたので、散歩に出て来ました。寺町、桑名別院から、今日は九華公園内を一廻りし、揖斐川堤防から住吉神社と、3.9㎞を歩いてきました。1時間あまりです(写真は、九華公園に行く途中、田町交差点から北東の空を見上げたものです)。

Rimg00240902  九華公園の中を歩いたのは、8月25日(散歩に出たら降られました……散歩写真の代わりは、狛犬【玉取りについて、追記あります】)以来です。4時過ぎの時間帯でしたが、この時間も朝以上にたくさんの方が歩いておられました。公園内、鳥の姿はあまりなく、アブラゼミが名残のように鳴いていましたし、ツクツクボウシもあちこちで鳴いていました。ツクツクボウシの姿をとらえようとしたのですが、見つけられませんでした。草むらでは、秋の虫たちの鳴き声がしています。いよいよ秋も間近ということでしょう。

Img_8488  今日、九華公園で目立ったのは、ネコさん達。左のネコさん、近寄ってもImg_8484 逃げませんでした。宮司さんのお宅にも白いネコがいますが、確か真っ白でしたから、違うネコでしょう。右は招魂社の拝殿でお休み中のネコさん。気持ちよさそうです。

Img_8492  こちらは、本丸跡への入り口にいたネコさん。こちらを向いて、「ニャァオ」と何度も鳴いて、愛想はよかったのですが、いざカメラを向けると、ご覧のような表情に。「フン!」といっているようで、ちょっと残念。

Img_8503  揖斐川堤防にでて、中洲を見ますと、あちこちにアオサギさんの姿が見Img_8523 えます。左は、蟠龍櫓の辺りから真東にいたアオサギ。240mほど先にいます。右の写真は、同じな加須なのですが、少し上流側。住吉神社の東、河口堰の近くです。赤丸の中に2羽のアオサギがいます。

Img_8511  アオサギさんは、先日もいた、住吉水門のところにもいました。西日に当Img_8513 たって、黄昏れています。近づいたら、といっても、水門を挟んで40m弱なのですが、逃げる体勢に入りました(右の写真)。これだけ長い付き合いなのですから、もう少しフレンドリーになってくれないものかと思います(苦笑)。

 ところで、この頃あまり気にしていなかったのですが、アクセスカウンタが、139万を超えていました。ページビューをカウントしているはずですが、我ながら驚くべき数です。ご覧くださっている皆様には感謝申し上げます。この秋で、ブログ開設満10年を迎えます。引き続き、興味関心の赴くまま、散歩写真、鳥写真を中心に載せていきますので、よろしくお願い致します。

 もう一つ。1週間前からの「よんどころない事情」でありますが、実は、先週水曜日、買い物に行った店舗の駐車場で転倒し、右脇の肋骨にひびが入ったようでした(苦笑)。買い物を終えて、自分のクルマに向かって歩いていたとき、駐車場に入ってきた他のクルマがすごい勢いで私の方に向かってきたのです。「危ない」と思い、そちらに気を取られたすきに、車止めにつまずいて転倒してしまったという次第です。

 以前から知っている接骨院に通って治療を受けていますが、痛みはかなり軽減しました。このところの午前中の所用や、外出は、治療に行っているのです。

 猛烈な勢いで来たクルマは、私より年配の男性が運転していたのですが、まぁ、直接轢かれなくてよかったですし、この程度で済んだのは不幸中の幸いと思います。しかしそれにしても、駐車場であんなスピードを出してもらっては迷惑千万であります。ただ、「人の振り見て我が振り直せ」といいますから、自分も気をつけることに致します。皆様も、どうぞお気をつけください。

|

« ゆるりと散歩……ウミネコ、アオサギの飛び姿に蟠龍櫓と七里の渡し跡 | トップページ | 八丁縄手踏切が史蹟?、常夜灯が消えた……歴史ウォーキングの案内から謎を探る »

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

昨日は上天気になりましたが、今日はまた昼くらいから雨ですね。
昨日、我が家は、レーダー画像を見ながら、「雨は降らないから、洗濯しても良いよ」と。
しっかり乾きましたよ。

白っぽいネコさんの目まではしっかり見ませんでしたが、確かに、左右で瞳の色が違いますね。
オッドアイという名前があるからには、珍しいのでしょうね。

ところで、駐車場であまりスピードを出すのは、本当に迷惑です。
我が家のマンションでもそういう人がいます。
私が転んだときは、そのクルマは、バックしてクルマを止めるためにいったん、前進して私の方に向かってきたのですが、それがかなりのスピードに見えたのです。
チーママさんへのお返事にも書いたように、運転者の方は降りて「大丈夫ですか」と聞いてきました。

肋骨のヒビは、整形外科でレントゲンを撮っても写らないことが多いようです。
それに整形では、痛み止めと湿布薬を処方してくれるくらいでしょうから、接骨院に行きました。
当初は、10日以上かかるという診断でしたが、テーピング、高周波治療、超音波治療などに加え、「リブバンド」で固定しました。
今日で2週目になりましたが、お陰様で大部楽になりました。
接骨院の先生も、「予想より早く良くなっていますね」ということでした。

歩くのは、初めは、傷に響いて痛かったのですが、3~4日過ぎからは、楽になってきました。
未だ若いつもりでしたが、気をつけなくてはなりません(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2015年9月 3日 (木) 14時27分

チーママさん、こんにちは。

ご心配くださり、ありがとうございます。
お陰様で、肋骨の日々の方はかなり痛みも引き、普段の生活にはあまり支障がないくらいになりました。
左膝も打ったのですが、打ち身のようで、こちらも日にち薬です。
当初2~3日は、歩いても、胸の傷に響いていたのですが、その後は次第に軽快してきています。
接骨院の先生も、「思ったより早く良くなりそうだね」とおっしゃっています。

痛みもさることながら、あんなことで転んでしまったというショックの方が大きかった気がします。

相手の運転者の方も心配して来てくださったのですが、すぐに起き上がれましたので、「大丈夫だ」と伝えました(同情していた奥さんらしき人は、そのまま気にもせずスタスタと行ってしまわれましたが……)。

それにしても、この年になりますと、いろいろとあります。
おっしゃるように、よくよく考えてみますと、車止めは、親の敵のようなものです。
気をつけましょう。
と私が申し上げても、説得力があるのか、ないのか。

投稿: mamekichi | 2015年9月 3日 (木) 14時16分

mamekichiさんこんにちは、昨日は良い天気でしたね。
あんなにいい天気になるとは思ってなかったので洗濯すれば良かったと後悔です(笑)
一番上の白っぽい猫ちゃんはオッドアイ(左右で瞳の色が違う)ですね。
駐車場でスピードを出すのはいけませんね、倒れたのに気づかずその車は行ってしまったんでしょうか。
ナンバーを控えて警察に言わないと。
ヒビがはいったのは骨折に比べると治りにくいそうですね。
それでは散歩するのも辛かったでしょうね、どうぞお大事にしてください。

投稿: ミリオン | 2015年9月 3日 (木) 13時20分

あらら! それはしばらく、行をするのもしんどかったでしょうに。ひたすらおとなしくするしかありませんので、散歩もゆっくりなさってくださいね。
それにしても、文句の一つも言わなかったのですか? 立派な交通事故ですもの。 あ 相手は気にせずに行っちゃったのかしら? それはそれで、ますます腹が立ちます(--)  打ち所が悪かったら、とんでもないことになっていたのですから、少しはお説教したいところです。
この年になりますと、車止めはわが身の敵となります(^^;; だって目に入らないことが多くて、ちょうど足を引っ掛ける高さなんですもの。 一度バランスを崩すと、なかなか踏ん張りが利きませんしね。
どうかくれぐれもお大事になさってくださいね。

投稿: チーママ | 2015年9月 2日 (水) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆるりと散歩……ウミネコ、アオサギの飛び姿に蟠龍櫓と七里の渡し跡 | トップページ | 八丁縄手踏切が史蹟?、常夜灯が消えた……歴史ウォーキングの案内から謎を探る »