« 知能のCHC理論(その2) | トップページ | 8月最終日は、居職……10年前の散歩写真から(有王塚、俊寛塚) »

2015年8月30日 (日)

そろ~りと散歩……アオサギ、カラス、飛行機雲、紅葉(?)、メダカなど種々雑多です(笑)

Rimg00350830 午後になって青空も見えてきましたので、3時半から30分ほど、そろ~りと、また、久しぶりに(25日以来)住吉神社まで行き、帰りには、諸戸水路を一廻りして来ました(1.8㎞ほど)。写真は、住吉神社脇から、鳥居などを入れて撮ったものです。

Img_8244  神社近くの住吉水門の脇には、アオサギさんが佇んでいました。ここにアオサギがいるようになると、九華公園や、吉之丸コミュニティパークにもアオサギが来る事が多い気がします。もうすぐ9月ですから、散歩コースにも鳥たちが戻ってくれるとうれしいのですが……。

Img_8223  住吉神社の前には、揖斐川に向かって階段があります。そこにカラスがImg_8268 やって来ました。何だか色が変です。年寄りなのか、病気なのか、羽も抜けているように見えます。右は、またあとから住吉水門の上に来たところを撮ったものです。

Img_8224  このカラス、足下の濡れたところに嘴をつけて、飲んでいるようです。この液体、水なのか、飲み物をこぼしたものなのか、よく分かりません。あたりに水たまりはほとんどありませんでした。よほど飲みたかったのでしょう、何度もこの動作を繰り返していました。

Img_8283  セミもずいぶん少なくなりました。こちらのアブラゼミ、諸戸水路の南端近くの桜の木で鳴いていました。西日に当たって、ちょっとイメージが違って見えます。

Img_8276  日曜日のこの時間、セントレアに向かう飛行機がたくさん飛んでいきます。西から来て、我が家のあたりのやや北を通り、長島町の上空くらいで南に向きを変えます。こちら、Cathy Pacificの旅客機。何気なく撮ったのですが、パソコン上でみたら、これも飛行機雲なのでしょう。両翼の先端から筋のように雲が出ているのが撮れていました。

Img_8217  久しぶりということもあって、そろ~りと歩いてきました。しばらくは天候がはっきりしないようですが、雨が降らなければ、歩きに行こうと思っています。諸戸氏庭園前の桜並木、一部の葉がこのように紅葉(?)してきていました。紅葉といってのよいのかどうか、分かりませんが……。猛暑のあとは、不順な天候。しかも、8月なのに「秋雨」前線だそうです(もっとも、立秋は過ぎていますから、不思議はないのかも知れませんが)。

Img_8306  オマケ。メダカが来て1ヶ月あまり経ちました。金魚鉢も、水も汚れてきまImg_8298 したので、今日は、メダカの住まいの大掃除をしました。ご覧のようにきれいになったのですが、卵のようなものを見つけました(右の写真)。メダカの卵ではなく、サカマキガイのもののような気がします。孵ってみないと何か分かりませんので、そのままにしておきます。ヒメダカの下にある、白いぶつぶつが、それです。左に写っているのは、例のサカマキガイです。

|

« 知能のCHC理論(その2) | トップページ | 8月最終日は、居職……10年前の散歩写真から(有王塚、俊寛塚) »

メダカ」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

こっそりではありません(笑)。
家内も「行ってきたら」と申しておりましたし……。
夕方散歩に出るのは珍しいことではあります。

すでに陽は西の空でしたので、アオサギさんも黄昏ていました。
七里の渡しが見えるところまで行って戻って来たら、もういませんでした。
挨拶に来てくれたのかも知れません。

カラス、最初に見たときは、「何だ?」と思ったくらいでした。
そうですねぇ、何となく哀愁は感じます。

飛行機雲、肉眼ではまったく見えませんでした。
こんな写真が撮れると、散歩写真はやめられません(笑)。

メダカの水槽、けっこう緑っぽくなってきていたので、前日から準備して掃除しました。
ミナミヌマエビも2匹いるのが確認できましたし、金魚鉢もきれいになりスッキリしました。
メダカも喜んでいるように見えます(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年8月31日 (月) 13時14分

mamekichi先生、こんばんは。

そろ~り、というと、こっそり、とも取れますね(笑)。
出た甲斐あって、アオサギさんにも会えたんですね。

いつもと時間帯が違うこともあってか、アオサギさんが、黄昏色っぽく見えます。
いつもより、イカしてます。

このカラスさんみたいに歩いているお婆さん、見かけます。
哀愁と可愛らしさが同居した風情、というと、怒られてしまうでしょうか。

飛行機雲!
特撮みたいです。
糸で引っ張られているみたいに見えて、笑えました。

メダカの水槽、視界クッキリで、気持ちいいですね。
この金魚鉢のようなスッキリお天気が、恋しいです。


投稿: おユキ | 2015年8月30日 (日) 22時45分

ひらいさん、こんばんは。

よんどころない事情があって、しばらく活動を控えておりました(苦笑)。
ここに書きますと、恥をさらすようなところもありますので、とくに秘匿しておきます。
また、少しずつ慣らしていくつもりです。

揖斐川右岸でもアオサギを見るようになりましたし、昨日の朝など、我が家のベランダの前をアオサギが飛んでいきました。
そろそろ、こちらにもアオサギを初めとして、サギたちが戻って来てくれるのではないかと期待しています。

おっしゃるように、アオサギは、他のサギと違って餌に対してあまり貪欲ではないような気がします。
何故でしょうね?
生きものについては、不思議なことがたくさんあります。
人が近づくのに神経質というか、警戒心が強いのもそうです。
ただ。スズメや、ハクセキレイのように街中によくいる鳥たちでも、人間が近づくとやはり警戒しますから、もともと取りに備わっている習性なのかも知れませんね。

カラスは、そうなんです、貧相なのです。
老化なのか、病気なのか分かりませんが、いずれにしても生きものの宿命なのでしょうね。

飛行機、ひらいさんも同じ便を撮影なさったんですか。
まさに奇遇ですね。
スジが出ているのには、肉眼で見ているときにはまったく気づきませんでした。

投稿: mamekichi | 2015年8月30日 (日) 20時13分

こころんさん、ありがとうございます。

やはりサカマキガイの卵ですか。
これはまずいですね。
明日の朝、駆除することにします。

水槽の掃除、メダカたちに何か影響があるかと少し気になったのですが、幸い、皆元気に泳ぎ回っていますし、近づくと寄って来ます。

投稿: mamekichi | 2015年8月30日 (日) 20時05分

ごめんなさい、先ほどのコメントは「ひらい」でした、名前を入力し忘れてしまいました。

投稿: ひらい | 2015年8月30日 (日) 18時55分

mamekichiさん、こんばんは!

そろ~りと散歩、いつもより短い距離でしたね。1.8kmと言えば、なばなの里一周(花ひろば含む)と同じくらいです。本日自分は鈴鹿川周辺5km程歩いてきました。自転車散歩は2km程で終わってしまいました。

アオサギ、そろそろ九華公園にも出没しそうですね。こちらの田んぼ等で、ほぼ毎日見かけますが、シラサギ達と違い、率先してエサ探しをしてないような気がします。やはり人が近づくと気になるのでしょうか? あんなにデカイ図体してるのに、臆病?神経質?な所は面白いですね。(笑)

カラス、ちょっと貧相ですね。先日のムクドリ襲撃事件以来、カラスを敵対視してますが、このような姿になってしまうと、やはりかわいそうです。

そして飛行機!、奇遇にも同じ便を撮影していたようです。こちら側でも綺麗にスジが見えておりましたよ。

投稿: | 2015年8月30日 (日) 18時54分

こんばんわ。
それはサカマキガイの卵です(^_^;)。
メダカは一粒一粒バラバラです。
水槽、綺麗になりましたね。
メダカも喜んでいることでしょうね。

投稿: こころん | 2015年8月30日 (日) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知能のCHC理論(その2) | トップページ | 8月最終日は、居職……10年前の散歩写真から(有王塚、俊寛塚) »