« WISC-Ⅳの臨床クラスターによる解釈(続) | トップページ | アオサギ、ウミネコ、カラスにセセリチョウ »

2015年8月17日 (月)

大山田川でコサギ、アオサギ

0817weather 夜中、3時台に74mmと豪雨だったようです。大雨、洪水の警報も出ていRimg00330817 ましたし、四日市、桑名、川越には土砂災害警戒情報もだされていました。ただ、雨は7時台には上がり、その後、晴れ間も出て来て、かなり蒸し暑くなっています。最高気温は、30℃に達するかどうかという予報でしたが、昼前には30.2℃。なかなか涼しくはなってくれないようです(苦笑)。

Rimg00120817  三洋堂桑名店へ雑誌を買いに行ったついでに、久しぶりに大山田川の様Rimg00170817 子を見てきました。左は、上之輪神社あたりから見た下流側(橋は、以前よく鳥を見に来た歩行者専用橋)、右は上流側です(奥の鉄橋はJR関西線)。土砂を浚渫する工事が行われましたし、昨日からの雨で水量はかなりありました。今朝方は、水が溢れそうだったそうです。

Rimg00070817  ちょうど目の前には、コサギが1羽。コンデジしか持っていませんでしたのRimg00130817 で、あまり鮮明な画像ではありません。しかし、コサギを見たのは久しぶり。もう1羽が、歩行者専用橋のあたりにいたのですが、2羽とも小生に気づいて、上流側に逃げました。右は、関西線の鉄橋近くに逃げ、2羽が並んでいるところ。

Rimg00220817  そのあとは、大山田川に沿って、揖斐川の甚内ポンプ場のところへ。大Rimg00190817 山田川が、揖斐川に合流します。アオサギがよくいるところで、少し期待して行ったところ、いました。コンデジで、ズームを目一杯効かせて撮ったのですが、ピントは今ひとつでした(苦笑)。アオサギさん、どなたも神経質で、こちらに気づいたらすぐに逃げられました。

Rimg00250817  揖斐川に近いところには、カモらしき鳥がいました。カルガモのように見えますが、定かではありません。この時期、まだ他のカモは渡っては来ませんから、間違いはないと思います。

 さて、お盆も終わりましたし、来週、一つ研修会の講師を頼まれています。WISC-Ⅳについて、通級指導教室の先生方を対象にお話しします。資料はかなりできていますが、もう一度見直して、最終的に仕上げなければなりません。

|

« WISC-Ⅳの臨床クラスターによる解釈(続) | トップページ | アオサギ、ウミネコ、カラスにセセリチョウ »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

アオサギさん、つい先日は、揖斐川右岸、蟠龍櫓の下に佇んでいました。
暑さも和らぎつつありますから、そろそろ桑名市内にも出て来ているのかもしれません。

老賢者といえば、フクロウですが、去年は、猪名部神社にアオバズクを見に行きましたが、今年は行かず仕舞い。
ただ、アオバズクは、2羽の子どもを育てていたようです。

ところで、エンケンさんとアオサギさん、何だか似ているような気がしてきました(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年8月18日 (火) 22時58分

mamekichi先生、こんにちは。

アオサギさん、ご無沙汰しています。
今シーズンも、フクロウの代わりに、老賢者役を、よろしくお願いいたしますm(__)m。

と、アオサギさんへの挨拶でした。

これくらいのピントですと、エンケンさん(遠藤憲一さん)と間違わずに済みます(笑)。
私は、エンケンさんも、アオサギさんも、カッコイイと思っているので、失礼ではないと思います。
決して(笑)。

投稿: おユキ | 2015年8月18日 (火) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WISC-Ⅳの臨床クラスターによる解釈(続) | トップページ | アオサギ、ウミネコ、カラスにセセリチョウ »