« 東海地方は梅雨入り、新たにツバメの巣を発見 | トップページ | 梅雨らしい一日 »

2015年6月10日 (水)

殿町のツバメは健在、久しぶりにエナガ、チョウも……新旧伊勢一の鳥居比較

Img_3285 梅雨の晴れ間となりました。30℃を超えるという予報です。朝一番に市役所に用事に行き、散歩に出たのは10時過ぎ。まずは一昨日見つけた殿町のツバメの巣を見に行きました。ヒナたちは、かなり大きくなっており、ツバメらしくなってきた気がします。巣で羽ばたきの練習をするヒナもいましたが、まだ皆、巣に留まって、親鳥が餌を運んでくるのを待ち構えています。左の写真では、親鳥はトンボを捕まえてきて与えているようです。

Img_3286  この写真では4羽しか見えませんが、背後にもう1羽いて、計5羽とも元気でした(微笑)。巣の中での育雛日数は20~24日だそうです(Wikipediaによる)。この巣を見つけたときはもうかなり成長しているようでしたので、巣立ちも近いかも知れません。

Img_3337  さて、散歩は、いつもとは逆に、寺町、殿町から九華公園へと回りました。4.5㎞ほどです。天気がよく、かなり暑く、汗も掻きました。こちらは、全くの証拠写真ですが、九華公園では、久しぶりにエナガの姿を見かけました。以前、九華公園に居着いたようだと書きましたが、間違いないのかも知れません。このほか、シジュウカラもまだいるようでした。

Img_3345  北門近くの土俵には、シートがかかっています。ここに水たまりができていて、スズメが水を飲みに降りて来ていました。クリックして拡大していただくと、スズメの嘴から、水滴が落ちているのが見えます。

Img_3304_2  鎮国守国神社の境内、九華招魂社の近くでは、アゲハが草に止まって、お尻をくっつけていました。本当かどうか分かりませんが、卵でも産み付けているのか、と思いました。

Img_3310  九華招魂社のあたり、今日は見慣れないトンボも飛んでいたので、何とか撮りたかったのですが、あいにく止まってはくれず、失敗(どころか、シャッターも押せませんでした)。代わりにではありませんが、ヤマトシジミ。

Img_3325  アジサイは、九華公園の外周遊歩道沿いのあちこちに咲いています。雨が似合うのはもちろんですが、左の写真のように陽が当たっているのも良い感じかと思います。

Img_3328  ピンク色がかかった花には、柔らかい感じの陽射しが良いかも知れません。


Rimg00100531  余談です。帰り道、伊勢一の鳥居を通っていたら、男性の方が、「古い鳥Img_2683 居よりも大きいな」とおっしゃる声が聞こえて来ました。私は余りそういう感じはしていなかったのですが、気になりましたので、比べてみました。左は、5月31日にcx-3で撮影したもの。右は、6月4日にEOS x-5で撮影したもの。似たような位置から撮っていますから比べられると思います。ほぼ同じ高さ、大きさに見えますから、男性の勘違いなのだろうと思います。ただ、新しい鳥居も、この6月4日の様子に比べると、ピカピカさがやや衰えたような気もしました。

|

« 東海地方は梅雨入り、新たにツバメの巣を発見 | トップページ | 梅雨らしい一日 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま

お久しぶりですが、漢方薬でイライラもなくなったということですから、体調も良さそうですね。
アジサイは、九華公園の中には少ないのですが、周りの遊歩道沿いのあちこちのお宅にいろいろと咲いています。
今年は、花菖蒲の咲き具合が今ひとつという感じで、ちょっと残念です。
花菖蒲をきちんと咲かせるには、植え替え、株分け、土の入れ替えなどの手入れが必要だと聞きました。

投稿: mamekichi | 2015年6月11日 (木) 18時14分

おひさしぶりでございます。
今、更年期でございます。
漢方薬を飲んでいます。
イライラなくなりました。
紫陽花、わたしもきゅうかこうえんに、行って見たいです。
先生は、お元気ですか?
御自愛下さいませ♪

投稿: 秘書 | 2015年6月11日 (木) 11時13分

こころんさん、おはようございます。

アゲハ、ちょうどうまい具合に、陽がよく当たるところで、こちらを向いて止まってくれました。
見慣れないトンボや、モンシロチョウなどもたくさん舞っていたのですが、これらは止まってはくれず、残念ながら写真には収められませんでした。

鳥居の見え方は、おユキさんが書いてくださったように膨張色ということが関係しているように思うのですが、新しくなってありがたみが増していたことも影響したのかも知れません。

投稿: mamekichi | 2015年6月11日 (木) 08時29分

おユキさん、おはようございます。

ツバメの嘴は、成長して小さくはならないと思います(笑)。
おっしゃるように、人間のアタマと同じように、比率が小さくなるのではないかと思います。
ただ、餌をねだる時、大口を開けるイメージが強いという影響はかなりある気がします。

アジサイ、散歩コースのあちこちに、いろいろなものが咲いています。
子どもの頃は、ガクアジサイなどいろいろなものがあるのを知らなかったせいもあると思いますが、普通のアジサイしか、アジサイはないと思っていた記憶があります。

伊勢一の鳥居の見え方、おもしろいですよね。
たぶん、おユキさんのご指摘通り、膨張色ということが関係していると思いますが、新しくなって、ありがたみが増して、大きく見えたのかも知れません(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年6月11日 (木) 08時27分

こんばんは。
アゲハ、前からのいいアングルから撮られましたね。
鳥居の新旧比較、面白いですね。
その男性、旧の鳥居を見た時は靴底が厚い靴で
新の鳥居を見た時は靴底が薄い靴で高く見えたとか(笑)
新しいのは大きく見えるんでしょうかね(^_^;)

投稿: こころん | 2015年6月10日 (水) 18時01分

mamekichi先生、こんにちは。

ツバメの嘴って、成長すると小さくなるのでしょうか。
それとも、人間の頭と同じで、成長すると体が大きくなるから小さく見えるようになるのでしょうか。
いつも思うのです。だって、あまりに口がパッカーと大きく開いているものですから。

アジサイも、色々ですね。
こんな風に、花びらがグラデーションのものなんて、子どもの頃あったかな、と思います。
余談ですが、満開のアジサイより、まだらに咲いたものの方が、好きです。

伊勢一の鳥居、新しい方が大きいと言った方は、素直な方ですね(笑)。
薄い色は膨張色ですから、大きく見えたのでしょうね。
それにしても、金色に輝く新品の鳥居に、早くも衰えが見えてきたとは・・・。
自然時計は厳しいですねぇ。

投稿: おユキ | 2015年6月10日 (水) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海地方は梅雨入り、新たにツバメの巣を発見 | トップページ | 梅雨らしい一日 »