« 新しく見つけた鍾馗様と、ベランダ園芸覚え書き【正体不明は、オリヅルランでした(6/19)】 | トップページ | 赤須賀神明社も鳥居を建て替え……ツバメの巣はあちこちに »

2015年6月19日 (金)

お使い(笑)のついでに散歩……ちょっと驚く余談もお読みください【付記あります】

Rimg00460619 今日も梅雨らしい日となっています。しっかりと降る訳ではなく、時々霧雨が降るという感じです。ただ、空はまあまあ明るいので、出かけることにしました。家内の母親から、和裁に使う糸を買ってきて欲しいという電話がありましたので、寺町商店街のH屋さんへ、お使い(笑)に行く必要がありましたから。

Rimg00270619  そこで、まずは寺町のH屋さんへ。メーカー名と番号を伝え、使命は無事完了(笑)。子どもでもできるようなお使いです。途中霧雨らしい感じもありましたが、本格的に降ってきそうではありませんでしたので、ついでに別院さんと銀行へ周り、さらに、九華公園から七里の渡し跡、住吉神社と散歩もしてきました。4.2㎞。九華公園の入り口で、新しい散歩友達であるナナちゃんの飼い主のご夫婦と話していましたので、10時から1時間半ほど。飼い主のご主人、若い頃から鳥がお好きで、いろいろな鳥を飼っていたそうです。今では違法なのですが、数10年前、ウグイス、ヒバリなどなどヒナを捕まえてきて、育てたというお話を聞いてきました。現在、わが家のマンションが建っているあたりには、その頃は、キジもたくさんいたそうです。年配の方のお話を伺うのは、新しいことも分かって、楽しいものがあります。

Rimg00190619  さて、京町にあるツバメの巣を今日もまた、見て来ました。雨が降るかも知Rimg00180619 れないと思い、コンデジしか持っていきませんでしたので、あまりクリアな画像ではありません。2羽のヒナ、まだ巣にいました。このお宅、巣があるところは、駐車、駐輪のスペースになっていますが、道路側に、ナイロン製の紐が何本か下げられていました。ちょうど戻ってこられた、お住まいの方に伺ったところ(写真を撮るお許しも頂きました)、これは、カラス避けだそうで、効果絶大だということでした。

Rimg00300619  雨は降りそうもありませんでしたので、さらに九華公園へ。途中、本町の八間通沿いのお宅で、また新しいツバメの巣を発見。ここには3羽のヒナがいました。親鳥も戻って来て餌を与えていたのですが、さすがにそれはコンデジでは撮れません。楽しみが増えた、ということです。

Rimg00400619  あまり、これという話題も、写真もありませんので、余談を一つ。この写真、ご覧になっていかが思われますか? どこにある掲示だとお思いになるでしょう? 実は、吉之丸コミュニティパークの公衆トイレにあったものです。九華公園内のトイレにも掲げられています。まさかそんなことをする人はいないだろうと思っていたのですが、半月ほど前、犬を散歩させていた方が、九華公園のトイレにウ○チを流していくところを目撃しました。堀にワンちゃんのウ○チを放り捨てていく人を見たこともあります。堀に捨てるよりはマシという気もしますが、やはりここに書いてあるように、持ち帰るのが原則でしょうね。

【付記(6/19)】

 お使い(?)の事後談。午後から、家内の実家へ行き、母に糸を届けてきました(そのためだけに行ったのではありませんが)。糸の代金¥320を500円玉で頂き、「おつりはとっといて」ということでした。お駄賃、\180を頂きました(苦笑)。

|

« 新しく見つけた鍾馗様と、ベランダ園芸覚え書き【正体不明は、オリヅルランでした(6/19)】 | トップページ | 赤須賀神明社も鳥居を建て替え……ツバメの巣はあちこちに »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

今は、野鳥を捕らえるのは違法になってしまいましたが、昔はけっこう捕まえて、ヒナから育てている方がいらっしゃいましたね。
お祖父様もそういうご趣味がおありだったんですね。
ナナちゃんの飼い主の方も、ウグイスのヒナを捕まえ、上手に鳴く成鳥の鳴き声を聞かせて、それを覚えさせようとしたとか、あちこちの鳴き合わせの集まりに、鳥かごを持って電車で出かけたとおっしゃっていました。
羨ましい気がします。

さて、貼り紙の件、捨て猫などと同じで、嘆かわしいと思います。
最近は、おっしゃるようにそのままにして行ってしまう人も増え、公園を散歩していても、踏んでしまわないよう気をつけなくてはならなくなりました。

京町のお宅の紐、何のためかちょっと疑問だったのですが、カラス避けということで安心しました。
巣の下にも段ボールが敷いてあり、ツバメを大切にしていらっしゃる様子でしたので、ツバメ避けではないと思っていました。
今日見に行ったら、巣は空っぽ。
ヒナの育ち具合からは、巣立ったのかなと思っています。

投稿: mamekichi | 2015年6月20日 (土) 18時20分

こんにちは
子供のころ祖父も緑色だったのでメジロだったと思いますが
御飯をこねてヒナに箸の先からエサをあげてたのを見たことがあります。
公園のトイレに貼り紙してある所ありますね。
自分は持ち帰りますが、
そのままにして立ち去る人、スコップで遠くの草むらへ投げる人、トイレに流す人いろいろです。
公共の場ではルールを守らないといけないと思います。
紐、ツバメ避けじゃなくカラス避けで良かったですね。
工夫してもらってツバメも元気に育って欲しいですね。

投稿: こころん | 2015年6月20日 (土) 12時56分

おユキさん、おはようございます。

お使いの任務は、このあと、午後から家内の実家へ行き、糸を届けて、代金(¥320)とお駄賃(¥180)を頂いて、完了しました(笑)。
そうそう、買い物にも出かけ、日本酒1本を買ってもらいましたので、これもお駄賃かも知れません。

ところで、ナイロン製の紐というか、荷造り用の紐だと思いますが、あれでカラスを撃退できるとは思いませんでした。
なぜでしょうねぇ?
光の反射とかが効果があるのかという気がしていますが、分かりません。

投稿: mamekichi | 2015年6月20日 (土) 07時54分

mamekichi先生、こんにちは。

お使い任務、お疲れさまです(笑)。
改めて「お使い」というと、子どもに帰ったような、くすぐったいような、
ワクワクするような、不思議な気持ちになりますね。
足取りが、妙に弾んでしまったりして(笑)。

ナイロン製の紐が、カラス避けになるとは、知りませんでした。
どういう理由でしょう?


投稿: おユキ | 2015年6月19日 (金) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しく見つけた鍾馗様と、ベランダ園芸覚え書き【正体不明は、オリヅルランでした(6/19)】 | トップページ | 赤須賀神明社も鳥居を建て替え……ツバメの巣はあちこちに »