« 九華公園では土俵の準備……ツバメの雛は元気、新しい「散歩友達」 | トップページ | 殿町のツバメは巣立ったか? »

2015年6月14日 (日)

新伊勢一の鳥居、ディテールを見る

Rimg00640613  新しくなった伊勢一の鳥居も、竣工式から一週間が経ちました。散歩友達の方とお話ししていますと、「あんなに節が多かったか?」とか、「節だらけで、大丈夫か?」という話題がよく出ます。確かに、川側から見て、左の柱には、かなりの節があります。いささか気になりましたので、昨日(6/13)、散歩の帰りによく見てきました。

Rimg00610613  左の写真が、その節の多い方の柱を真横から撮ったものです。川側の正Rimg00620613 面から見るよりも節がたくさんある気がします。それに、節が多いだけでなく、縦に筋が入っていることに気づきます。節の中央をそれが通っているところも複数ありました。どうも、縦に細く細工した別の木を埋め込んであるようです。専門的には、何かきちんとした名前がある技法なのでしょうが、そこまではもちろん、知りません。右は、部分的にクローズアップしたものです。このようにしてよく見ますと、けっこうひび割れが入っているようです。

Img_3486  左の写真は鳥居の柱(川がから見て、左のもの)の上部です。上の方にImg_3485 もけっこう、節が入っていました。右の写真は、川側から見て右の柱の上部です。笠木にもけっこう節があるんですね。これまで余り気になりませんでしたが、ボンヤリ眺めているだけでは気づかないのでしょう。「木を見て森を見ず」といいますが、やはり、木も、森も、両方をよく見ることは大切なのでしょう。


Rimg00630613  もう一つ。細部をじっくり見ていましたら、この写真の中央のような模様を見つけました。何かのマークのようにも見えます。3つの部分になっていますが、木目が周りとは一致していませんので、ここも後から埋めたところなのでしょう。大きな裂け目でもあったのかもしれません。

 まだまだ見落としていたり、気づいていないディテールがあるかも知れません。「見れども見えず」にならない様、全体も、細部もまた、しっかりと見てこようと思います。新しい発見があって、楽しめるかも知れませんから(笑)。

|

« 九華公園では土俵の準備……ツバメの雛は元気、新しい「散歩友達」 | トップページ | 殿町のツバメは巣立ったか? »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園では土俵の準備……ツバメの雛は元気、新しい「散歩友達」 | トップページ | 殿町のツバメは巣立ったか? »