« イソヒヨドリの求愛給餌と、ツバメの雛 | トップページ | 花菖蒲まつり撮影会と、伊勢一の鳥居竣工式&くぐり始め……ツバメの巣は破壊(涙) »

2015年6月 6日 (土)

ツバメの餌やり

Img_2990 今日も散歩がてら、昨日見つけた南寺町のツバメの巣の様子を見てきました。昨日とほぼ同じく10時を過ぎた頃です。今日は、15分ほどの間に、何度も親鳥がやって来て餌を与えるところが確認できました。最初のこの写真、親鳥がちょうどやって来たところなのですが、雛たちは、巣から落ちそうな勢いで餌をねだっています。「嘴が黄色い」ということばがありますが、雛たちまさにその通りです。

Img_2957  ツバメの親鳥は、飛びながら虫などを捕まえるということです。この2枚の写Img_2958 真でも、何か虫を咥えてやって来て、雛の口に口移しで与えていました。

Img_2976  左は別のシーンなのですが、雛の口のかなり奥まで親は、自分の嘴を突っ込んで餌を与えているようです。しかし、このとき餌をもらえなかった雛も大きな口を開けて餌を要求しているようで、同じ雛同士でも生存競争は厳しいのでしょう。

Img_3005  トンボもツバメの餌になっています。あんなに素早く飛ぶトンボを空中で捕まえるのですから、ツバメの飛翔能力も大したものだと思います。今日は、このとき以外にも、トンボを与えているところを目撃しました。ただし、トンボはさすがに大きくて、食べにくそうで、雛も食べるのに時間がかかっていました。

 近くの生花店の方も、ここに巣があるのをご存じのようで、私が写真を撮っていると、通りがかりに、「親は来ていますか?」と声をかけて行かれました。

Img_2931  さて、散歩コースは、いつも通り、七里の渡し跡から九華公園を経て、寺町、桑名別院と4.4㎞でした。九華公園は、とくに変わりはありませんが、花菖蒲を見に来る方もけっこうありました。あのカメの甲羅干しスポットは、ご覧のように大混雑。

Img_2912  公園の入り口では、知り合いの方がハトや、スズメにパンくずをやっておImg_2915 られました。ハトの方が強いのですが、スズメの中にも強者がいて、ハトに混じって、餌をゲットするものもいます。子連れのスズメも来るようです。右は、スズメ同士で餌の取り合いをして、何かの拍子に両者とも飛び上がったところ。パンくずも空中に浮いています。

|

« イソヒヨドリの求愛給餌と、ツバメの雛 | トップページ | 花菖蒲まつり撮影会と、伊勢一の鳥居竣工式&くぐり始め……ツバメの巣は破壊(涙) »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

ツバメたち、あちこちで子育て真っ最中ですね。
この巣は、いわゆる「二番仔」だろうと思います。

ただ、今日の記事に書きましたように、今日確認に行ったら、巣は壊れていました。
残念です。

ところで、新伊勢一の鳥居、ご覧になったんですね。
今日、竣工式で、終わった後、くぐり始めをしてきました。

カラスがムクドリを攻撃したというお話、残酷ですね。
九華公園のコゲラも、カラスか何かにやられたのかも知れないと思っています。
自然界の出来事とはいえ、やはり厳しいものがありますね。

一週間の連休、お疲れ様でした(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年6月 7日 (日) 15時26分

こころんさん、こんにちは。

いつものようにかなりの枚数を撮った中に見るに堪えるショットがありました(笑)。
ここはちょうど通りに面したところに巣が作られていて、正面からも脇からもよく見える一で、写真を撮るには好都合でした。

先日、家内の実家にも巣がありトライしたのですが、こころんさんのお知り合いのお宅と、たぶん同じような条件で、うまく行きませんでした。

ただ、残念なことに、この南寺町の巣は、今日確認に行ったら、壊れていました。
たぶん、糞が落ちるのを嫌って、壊されたのだろうと思います。

投稿: mamekichi | 2015年6月 7日 (日) 15時21分

mamekichiさん、こんにちは!

ツバメ、子育て真っ盛りですね。こちら側でも、そこら中でせっせと親鳥がエサを運んでおります。少し飛べるようになった雛は、我先にと飛び出して親からエサを貰ったりしてます。親鳥は、どの子にエサやったか覚えてるのか心配になりますね。(笑)

昨日土曜日、新鳥居見て来ました。観光バスが3台来ており、凄く賑わっておりましたよ。別件ですが、ちょっと残酷なシーンを目撃しました。住吉神社前で、カラスがムクドリを追い回しており、そのまま捕まえてどこかへ運んで行きました。カラスが憎らしく思えた瞬間でした。

長い連休も、本日で最終日でした。その最終日午前中は、明日からの業務開始に備え準備しておりましたので、今からいつものコースに出掛けようと思っています。

投稿: ひらい | 2015年6月 7日 (日) 13時02分

こんにちは
ピントばっちりで瞬間をとても綺麗に撮られてますね。
いい角度から狙える場所に巣があっていいですね。
僕も知人のお宅の玄関に毎年巣を作りに来てるので
トライしましたが、失敗でした。
位置的に真上で暗くフラッシュが必要でした。
明るい場所と角度が良くないと難しいですね。

投稿: こころん | 2015年6月 7日 (日) 11時49分

おユキさん、おはようございます。

このツバメの巣があるのは、裏通りというのも何ですが、車のすれ違いがやっとという細い道にある、昔からの商店街の一角です。
昔は商売をやっていたと思われるお宅の軒先にあり、私はとなりのお宅の前から撮っていました。
数m先にこの巣があるのです。
親が警戒して近寄らないかと心配したのですが、昨日はそうでもなかったようです。

黄色い嘴は、おっしゃるように親に餌をもらおうというアピールになっていると思います。
3枚目の写真以上に、雛の嘴に親が嘴を突っ込んでいるシーンもありました(ただし、ピンぼけですが)。

カメの甲羅干し、九華公園の堀の中では、ここがベストポイントなので、大賑わいになっていると思われます。
石垣にへばりついていたり、堀の中の石に乗っているものもいるのですが、ここはスロープになっていて登りやすく、しかも南向きになっていますので、大人気なのでしょう。
それにおっしゃるように、どのカメさんも良く育っています。

ミドリガメがほとんどですから、皆、飼えなくなって捨てられたものなのでしょう。
どこの公園も似たような状況だと思います。
生態系にももちろん良くない影響があるでしょうが、カメのたくましさと、もの悲しさを感じます。

投稿: mamekichi | 2015年6月 7日 (日) 08時16分

mamekichi先生、こんばんは。

ツバメのヒナたち、よくこんな角度で撮れましたね。
すごい躍動感です。ツバメ合唱団。
下から見上げたことがありますが、その時は「顔中が口だなぁ」と思ったものです。
口しか見えなかったのです。

お写真を拝見して、今になってよく考えると、黄色くて大きな嘴は、
「ココに餌を!」というアピールなのかな、と思えます。
三枚目の写真は、「お父さん(お母さん)、食べられちゃう~」と、
台詞をつけたくなります。

亀さんたち、こんなに押し合いへし合いしてでも、このスロープで甲羅干しがしたいのでしょうか。
大人気スポットなんですね。
というか、この亀さんたち、かなり大きいですよね。
以前、引きのお写真で、「デカッ」と驚いたことがあります。

亀のお写真を見ると、長久手の杁ヶ池公園の亀たちは、どうしているのかなぁ、と思います。
ご存知かもしれませんが、あそこにも、たくさん・・・夥しい数の亀がいるのです。


投稿: おユキ | 2015年6月 6日 (土) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イソヒヨドリの求愛給餌と、ツバメの雛 | トップページ | 花菖蒲まつり撮影会と、伊勢一の鳥居竣工式&くぐり始め……ツバメの巣は破壊(涙) »