« WISC-Ⅳや、WAIS-Ⅲの結果を学習や、暮らしに活かしましょう……桑名発達臨床研究室のご紹介 | トップページ | 新聞店のツバメも巣立ち、ローアングル“キノコ写真”にはまりつつあるか?……峯崎部屋の朝稽古は来週から »

2015年6月24日 (水)

新たなツバメの巣……カワウ、アゲハ、シオカラトンボなど盛りだくさん

Img_3913 ちょっと古い言葉でいえば、“マイ・ブーム”かも知れません。それは、ツバメImg_3918_2 の巣と、ヒナであります。今日、また、新たに巣を見つけました。春日神社近くにある、老舗の新聞販売店の、新聞販売機の上にこの巣があります。販売機には、注意書きが張ってありました。ヒナは、1羽しか見えませんでした。

Img_3908  一方、殿町にあるこちらのお宅の巣は、今日はすでに空っぽでした。無事に巣立ってくれたことを期待しています。しかし、それにしてもよくよく見て歩くと、けっこうあちこちにツバメの巣があるものです。

Rimg00170624  さて、梅雨の晴れ間が続いています。今日は、昼前に28.4℃になったようで、散歩中もけっこう蒸し暑く、しっかり汗を掻きました。8時50分から11時20分まで、5.6㎞を歩いてきたのですが、途中、散歩で知り合った方と30分近く話をしていました(苦笑)。九華公園、殿町、老松公園、寺町、桑名別院のルートでした。

Img_3836  散歩に出てすぐ、自宅の目の前の諸戸水路では、カワウが1羽、小魚を捕らえていました。釣りで言えば、“入れ食い”状態のようで、ちょっと潜っては小魚を咥えて出て来ていました。

Img_3901  アゲハは、この頃よく見ます。九華公園の南にあるお宅の生け垣に蜜をImg_3903 吸いにたくさん集まって来ています。鳥がいないこともあって、その代わりに何枚か撮って来ました。右は、チョウにはしっかりとピントが合っている訳ではありませんが、花に止まる寸前をうまく捉えられたと思います。

Img_3906  九華公園の外周遊歩道で、道に繰り返し降りて何かしているアゲハもいました。肉眼では何をしているのか見分けられなかったのですが、写真で確認したら、道に落ちた松の花か何かを吸おうとしていたようです。こんなこともするのかと、思った次第。

Img_3975  こちらは、一廻りして来て、諸戸水路に戻ったところで見つけたシオカラトンボ。近づいても逃げませんでした。2~3mのところから撮って、トリミングしてあります(EOS x-5 250mmズームを使用)。

Img_3878  今日は花も何枚か撮ってきました。まずは、九華公園の管理事務所近くで見つけたゆりの花。バックは、アガパンサスと、アジサイです。


Img_3929  久しぶりに老松公園に行ってみたら、ムクゲの花がかなり咲いていましImg_3933 た。右の白い花も、ムクゲだと思います。先だってのノウゼンカズラや、ムクゲが咲いてくると、個人的には夏だなという気がします。

Img_3864  写真を撮った順はバラバラになりますが、行きがけに三の丸公園で撮ったクローバです。実は、あまり鳥もいないだろうから、何も撮るものがないと困るなと思って撮っただけのショットです(笑)。EOS x-5は、モニタがバリアングルなので、こういうローアングルで撮るとき、便利です(笑)。

Img_3886  これも、バリアングル・モニタを活用して撮った1枚です。九華公園の朝日丸跡に、たくさんキノコが出て来ていたのです。梅雨の時期、公園内や、隣接する野球場の芝にキノコが出てくることがあります。食べられる代物ではないでしょうし、あまりじっくり見るものでもないかも知れませんが……。

Img_3895  ヘンなキノコをお目にかけてしまいましたので、「口直し」という意味も込めて、少しは綺Img_3959 麗な花も載せておきます。ただし、何という花か知りませんし、不精をして、名前は調べておりません(苦笑)。

Rimg00240624  余談です。100均園芸の一環なのですが、「シソ栽培セット」なるものを先だって買ってきました。一度、ドジを踏んでひっくり返してしまい、慌てて土をかき集めて、鉢に戻したのですが、その困難を乗り越えて(大袈裟!)見事に2本、生えてきてくれました。まだどうなるか、分かりませんがきちんと育ってくれることを祈っています。

|

« WISC-Ⅳや、WAIS-Ⅲの結果を学習や、暮らしに活かしましょう……桑名発達臨床研究室のご紹介 | トップページ | 新聞店のツバメも巣立ち、ローアングル“キノコ写真”にはまりつつあるか?……峯崎部屋の朝稽古は来週から »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。

前から食べられるものも作ってみたいと思っていたところ、100均でこの栽培セットを見つけました。
シソについては、家内公認ですので、お陰様でスペースの心配はしないで済んでいます(笑)。
シソは丈夫だそうですから、私のような素人でもよいのかなと思っています。

バリアングル液晶は、こういう時に便利です(微笑)。
別院さんのスイレンを撮るときなんかにも使っています。
ただ、クローバの写真は、他に被写体が何もないと困るなと思って撮った苦肉の策です(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2015年6月25日 (木) 07時40分

おユキさん、おはようございます。

どうぞご遠慮なく入り浸ってください(笑)。
いつでも歓迎致します。

さて、このツバメのヒナ、高い天蓋付きのベッドにいるようにも見えますね。
高貴なツバメかも知れません(笑)。

3枚目のアゲハ、何をしているのかと疑問でした。
まさか蜜は出てこないと思いますが、どうなのでしょう?。
吸っては飛び立ちを繰り返していましたが……。
2枚目のアゲハは、おっしゃるように動きが感じられるかなと思って載せました。

ムクゲは調べてみたら、アオイ科でした。
フヨウ、ハイビスカス、タチアオイも同じくアオイ科だそうです。
ちなみに、ノウゼンカズラはノウゼンカズラ科でした。

クローバーの写真は、鳥とか他の写真が撮れないと困るなと考えて、思いつきで撮ったものです(苦笑)。
キノコは、本文にも書きましたが、この時期、九華公園などでよく出て来ています。
土の盛り上がりに勢いが感じられますよね。
どちらも、ローアングルで撮ったのですが、私が使っている一眼デジカメは、液晶ビューの角度が変えられるので、こういう時、とても便利です。

「口直しの花」、いずれもホワイトバランスは、オートです。
蛍光灯モードにすると、もっと青みがかるのではないかと思います。

シソは、丈夫だと聞きますので、育つことを期待しています。
他にネギとかも作って、薬味に使いたいと秘かに企んでいるところです(笑)。
鳥はシソを食べるんでしょうかねぇ?
わが家のベランダには、時々ドバトさんがやってくるんですが……。

投稿: mamekichi | 2015年6月25日 (木) 07時37分

こんばんは。
シソを始められたのですね。
また一鉢増えて大丈夫ですか?(^_^;)
以前の記事に許された鉢のスペースのことを書かれてたのでちょっと心配です。
でも、芽が出て良かった。
ローアングルいいですね。
やっぱり液晶が動く一眼の方が楽しめそう。今度は液晶が動く方がいいなと思います。

投稿: こころん | 2015年6月24日 (水) 19時59分

mamekichi先生、こんばんは。

なんだか入り浸っているようで、恐縮です。

今日のヒナさんは、お姫様みたいですね。(オスだったら王子さま。)
アタマ打ちしない場所というだけで、とても優雅に見えます。

アゲハさん、餌は、咲いている花の蜜だけではないのですね。
右の写真、確かに躍動感があるように思います。

ムクゲも、先日のノウゼンカズラもハイビスカスにそっくりですね。
同じ科目なのかと、少し調べてみましたが、断念。

クローバーの写真は、そのまま絵葉書になりそうですし、キノコは、根元の土が盛り上がっている様子から、思っていたより、早く、力強く成長するんだなぁ、と新鮮な発見がありました。

お口直し?の花、名前は私も知りませんが、蛍光灯モードで撮られたのでしょうか。
やはり、少し違いますね^^。

シソ、大きく育って、食べられるといいですね。
以前、冬菜を育てていて、全部、鳥さんたちに食べられてしまったことがあります。
食べるだけでは飽き足らず、坊主になったその鉢で、砂浴びまでして行かれました。
嬉しいやら、悲しいやら、という思い出です。

鳥さんは、シソを食べるのでしょうか。

投稿: おユキ | 2015年6月24日 (水) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WISC-Ⅳや、WAIS-Ⅲの結果を学習や、暮らしに活かしましょう……桑名発達臨床研究室のご紹介 | トップページ | 新聞店のツバメも巣立ち、ローアングル“キノコ写真”にはまりつつあるか?……峯崎部屋の朝稽古は来週から »