« 行きつけの神社!? | トップページ | 梅雨の晴れ間、御嶽山などを望む »

2015年6月27日 (土)

早速神社めぐりか(笑)

Rimg00430627_2  雨は夜中過ぎに上がったようですが、スッキリしない天候です。いきなりですが、左の写真、いったい何だと思われるでしょう? ヒントその1、撮影場所は、鎮国守国神社の社務所前です。ヒントその2、奥に写っている輪にもご注目ください。正答と思われるものは、最後に。

Rimg00250627_2  さて、昨日の話題とのつながりからではありませんが、“行きつけの神Rimg00300627_4 社”の一つである鎮国守国神社であります。もとをたどると、天明4年(1784)白河(現福島県白河市)城内に松平定綱(鎮国公)を祀ったのが始まりだそうです。文政6年(1823)、松平氏の白河から桑名への移封にともない、桑名城本丸に移ったといいます。のちに、松平定信(守国公=楽翁)をも祀っています。現在の拝殿は、大正8年(1919)に完成しています。戦災を免れているため、拝殿・社務所などは戦前の姿を残しています。

Rimg00390627_2  境内には、こちらの九華招魂社があります。九華招魂社は、「桑名藩領Rimg00400627_2 内殉難護国の英霊」を御祭神とし、第2次世界大戦までのすべての桑名出身の戦没者を祀っています。

Rimg00410627_2  もう一つ境内にあるのが、この宮光稲荷大明神です。お稲荷さんですから、当然、稲荷神をお祭りしているため、由緒書きなどはありません。この写真を撮った背後には、お稲荷さんであればどこにでもあるように赤い鳥居がたくさん並んでいます。

Rimg00370627_2  忘れるところでした。九華招魂社の南には、この高竈神社というのも祀られています。由緒書きが判読しにくくなっていて残念です。どこかで調べると資料が出てくるかも知れません。このほか、境内にはまだいろいろ、興味深いものがありますが、それはまた機会を改めて。

Rimg00460627_2  神社をコンプリートしようという訳ではありませんが、散歩途中で、「確か新築町にも1つあったな」と思い出して、確認しに行ってきました。新築町集会所(写真の右端に、半分だけ写っているのが、その集会所です)のところにある神社です。地図にも載っていませんし、たいてい「○○神社」などと刻まれた石碑などが建っていますが、それもありません。三重県神社庁のリストにもありませんでした。集会所には、「桑名宗社参集殿」という看板も併せて掲げられています。春日神社と何か関係があるのかも知れません(春日神社は、別名桑名宗社なのです)。こんなことを考え、こういうことをしていると、神社にはまっていきそうな気がします(苦笑)。

Rimg00500627_2  前の写真でも分かりますが、この神社、小さいのですが、鎮守の森はうっそうとしていて、なかなか良い雰囲気です。鳥居をくぐって、境内に一歩足を踏み入れると、厳かな気分に満ちてきます。

Rimg00140627_2  神社は、今日はこれくらいにして(笑)、そのほかの散歩写真を。九華公園にある土俵は、覆っていたシートが外されていました。明日(28日、日曜)、わんぱく相撲が予定されています。去年は、終わってから、申し込んでいた人には、ちゃんこ鍋が振る舞われていました。一度、食べてみたいものです。

Rimg00580627_2  先だって、寺町商店街にオープンした手作りアイスのお店(ミルク)の壁に描かれた絵です。高校生の女性が描いていました。一昨日も見たのですが、未完成と思い込んでいましたが、今朝の“桑員ホームニュース(中日新聞に織り込まれます)”に“参加型壁画”として紹介されていました。つまり、描かれた太鼓のバチに手を添えると、「完成」する絵だったのです。なるほど良く考えられています。

Rimg00320721_2  ところで、最初のクイズの回答です。たぶん間違ってはいないと思いますが、神社の方に確認した訳ではありません。おそらく、この茅の輪を作る材料でしょう、ということです。この写真は、昨年7月21日に撮った茅の輪です。鎮国さんでは、今年は(も)、7月20日に予定されています。

|

« 行きつけの神社!? | トップページ | 梅雨の晴れ間、御嶽山などを望む »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント


ミリオンさん、こんにちは。

茅の輪くぐりの季節ですね。
春日さんは、明後日ですが、鎮国さんは7月です。
できれば、両方行ってきたいと思っています。

寺町のアイスの店の絵は、私は「まだ描きかけ」と思っていたのですが、桑員ホームニュースで、ああいう意味だというのを知りました。
女子高校生の方が描いておられましたよ。

まだあそこのアイスは食べていません。
ミリオンさんのお勧め、今度試してみます。
英字新聞に包んであったというのは、ちょっとカッコイイですね。

投稿: mamekichi | 2015年6月28日 (日) 18時57分

ひらいさん、こんにちは。

神社めぐり、まだ本格的にやろうと決めた訳ではありませんが、興味はあります(笑)。
あまりけしかけないでください(苦笑)。

ところで、猪名部神社はグーグルマップなどで調べると、3つあります。
上げ馬神事のあるところが元のところなのでしょうね。
たとえば住吉神社は、もとは大阪で、他はそこから勧請して建てられていますから、そういう関係なのかな、という気がします。
長島でも、八幡社とか、八剱神社とか、同じ名前のところがいくつかありました。

茅の輪くぐりは、半年間の汚れを祓うという意味で行われるようですが、最近「流行」ではありませんが、あちこちで復活して来ているようです。

ところで、ブログの移転、お知らせくださり、ありがとうございました。
どうなさったか気になっていました。
あとで拝見します。

カメラの方も、酷使されたため、ストライキでも起こしたのではありませんか(笑)。
懲りずに撮りまくりましょう。

投稿: mamekichi | 2015年6月28日 (日) 18時54分

mamekichiさんこんにちは。
6月末は茅の輪くぐりの時期ですね。
茅の輪って青畳のようないい香りがしますね。

寺町のアイスのお店に絵が書いてありましたが。
牛の絵は覚えてますがバチを持ってるように写真を撮れるとは気がつきませんでした。
ここのアイス一度買いましたよ、石榑産伊勢茶みるくは美味しかったです。
家に帰ってから冷凍庫にしまおうと思ったら英字新聞にアイスが包んでありました。

投稿: ミリオン | 2015年6月28日 (日) 13時41分

mamekichiさん、こんにちは!

神社めぐり、新しい試みですね。桑名市限定なら何とか全部めぐる事が出来そうですが、実際には大変でしょうね。神社繋がりで、先日話題になっていた、猪名部神社ですが、行こうかなと思って調べてみたら、全部で3箇所有りました。神社の支店?というのも有るんですね。茅の輪くぐり、初めて知りました、行事にも色々有るのですね。

先日カメラが壊れて(時々何も写らなくなる症状)修理してましたが、結局再現されずに戻ってきました。今のところ順調ですが、1年でカウンター4周(4万枚(笑))なので、どうなる事やらです。とりあえず3ケ月保障延長されたので、ガンガン使ってみようと思ってます。

マイブログ、移転周知出来ずに申し訳有りませんでした、旧避雷針棒にて、ネタ全部削除して2015年6月4日から新たに公開中です、またお時間有る時に、ご覧下さい。

投稿: ひらい | 2015年6月28日 (日) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行きつけの神社!? | トップページ | 梅雨の晴れ間、御嶽山などを望む »