« 残務整理中……散歩に出て、お木曳き行列に遭遇 | トップページ | 家内の実家へ……アジサイとキセキレイ »

2015年6月 1日 (月)

早くも6月、七里の渡し跡の鳥居は建て替え工事

Img_2633 気がついたら6月になっていた、という感じです。3月に母親が最初に入院しImg_2647 た頃から、バタバタと日々が過ぎたからだと思います。本当に目まぐるしい3ヶ月間でした。

Rimg00100531  さて、昨日は、この伊勢一の鳥居の立て替えのためのお木曳きが行われました(左の写真は、昨日のものです)。今日が、建て替え工事ということでしたので、見て来ました。といっても、七里の渡し跡は、いつもの散歩コースの途中にありますから、わざわざ行ったということではありません。

Img_2519  9時20分過ぎに着いたときにはすでに、このような状況で、これまでの鳥居Img_2523_2 は倒されていました。工事は、市内の寺社建築専門の小島建設が担当していました。工事にあたっていらっしゃったのは10名ほどで、案外少ない気がしました。一人は、白人男性でビデオカメラで、工事の様子を撮影しておられました。この方、小島建設の法被を着ていましたので、社員の方なのでしょうね。

Img_2539  こちらは、鳥居の最上部にある“笠木”が外されたところ。“かけや“というImg_2545_2 のでしょうが、大きなハンマーや、大きな“バール”を使って作業をしていました。部材を移動させるには、クレーンを用いるようですが、作業自体は案外人力に頼っているようで、感心しました。

Img_2550  笠木は、左の写真のようにクレーンでつり下げられ、写真の右端に写っているトラックの荷台に下ろされました。


Img_2577  奥の方の柱と、“貫<ぬき>(笠木の下にある横棒)”とが、外されたところでImg_2583 す。この作業でも、かけやや、バールを使い、人力で押したりしていました。このあとは、笠木同様、クレーンでトラックに移動。手前側の柱が移動されるところまで見ていました。

Rimg00540601  左の写真では、中央の作業員の方が、バールを使って、笠木と柱とを分Rimg00550601 離させようとしています。右の写真でも同様にバールが使われているほか、作業員の方が、バールの動きに合わせて、笠木を押しています。笠木の上部に張ってある銅板は、長年の風雪で緑青がふいてきています。

 七里の渡し跡は、通れませんので、いったん住吉神社近くまで戻って、旧・東海道沿いに出て、北大手橋から九華公園に向かい、公園を一周。その後また、寺町で別院さんにお参りして来ました。建て替え工事を見物する方は、入れ替わりがありましたが、数10人はいたと思います。

 七里の渡し跡の、新しい鳥居は、午後から建てられるということでした。元気があったら見に行こうと思っていたのですが、さすがに、先週の疲れも取れていませんので、断念しました。近いうちに新しくなった鳥居を見て来ます。

Img_2629  ところで、この時期、ツバメはよく見ますが、それ以外の鳥は余り出会いImg_2661 ません(ハト、カラス、ムクドリなどは、別)。しかし、今日は、カワラヒワや、シジュウカラを久しぶりに取ることができました。余り良い写真ではありませんが、載せてしまいました(笑)。カワラヒワは、九華公園の遊歩道で、シジュウカラは珍しく桑名別院の山門前にいました。

 本日の散歩、9時頃から11時過ぎまで。4.2㎞ほどでした。しかし、今日になって何だか、また疲れが出て来た気もします。残務整理はユルユルと進行中ですが、役所関係の手続は、改めて実家方面などに出かけなければなりません。

|

« 残務整理中……散歩に出て、お木曳き行列に遭遇 | トップページ | 家内の実家へ……アジサイとキセキレイ »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

九段坂さん、初めまして。
お越しくださり、ありがとうございます。

お木挽きの時は、同じあたりにいらっしゃったんですね。
すごい人出でした。

古い鳥居撤去の時も、たくさんの方が来ておられ、中には、「20年後は見られるかなぁ?」などとおっしゃっている方も。

昨日は、出かけていましたので、鳥居が建て替わったのはまだ見ておりません。
今日は雨ですので、また明日にでも見て来ようと思っています。

投稿: mamekichi | 2015年6月 3日 (水) 07時29分

はじめまして。桑名お木曳きブログ検索~。写真から私も後半に同じ所にいたような?今朝は鳥居の無い松と松の間から日の出をカメラにおさめてる数人の方々を。数人は冗談か?冥土の土産とか言ってました。(次は20年後確かに ) 昼過ぎに七里の渡しへ。建て替え?最中で夕方には完了してました。次は 20年後みれるかなあ~と思い鳥居へ一礼して帰路に。

投稿: 九段坂 | 2015年6月 2日 (火) 22時52分

こころんさん、こんにちは。

新しい鳥居、もう建っているはずなのですが、今日は、家内の実家へ行っていましたので、まだ見ていません。
明日は雨のようですから、明後日くらいかなと思っています。

鳥居の根元、銅板より下のところが地中に埋まっていたと思いますが、写っている人と比べますと、1mくらいあるように見えます。

お木曳きの行列は、まだ来ていないだろうと思ったのですが、ちょうど出会いました。
道路も横断できませんでしたし、せっかくの機会だと考え直して、写真を撮って来ました。
奉曳車は迫力がありましたし、あの唸るような音(ワン音というようです)が印象に残っています。
見物客もかなりたくさん出ていました。

投稿: mamekichi | 2015年6月 2日 (火) 16時32分

おはようございます。
新しい鳥居、楽しみですね。
あんな大きな木製の鳥居を20年間
支えも無く立ち続けるようにするには
素人の目にはわからないような技術もあるんでしょうね。
天気予報が怪しそうだったのですが
お木曳きの日はいい天気になって
見に行けばよかったと後で思いましたが
お写真を見せていただき雰囲気を味わえました。

投稿: こころん | 2015年6月 2日 (火) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残務整理中……散歩に出て、お木曳き行列に遭遇 | トップページ | 家内の実家へ……アジサイとキセキレイ »