« “うりぼう”経由、北勢中央公園へ | トップページ | 懲りもせず、花菖蒲 »

2015年5月22日 (金)

九華公園のノハナショウブと、桑名別院のスイレン

Rimg00100522  午後からは晴れて、気温も上がるということですが、午前中は雲が多めの天気です。いつものように、8時40分から、九華公園、寺町、桑名別院と歩いて来ました。5.6㎞ほどです。野鳥は、ほとんど姿が見られませんでしたが、散歩友達の方とあちこちで話をしていましたので、帰宅は11時。

Img_2293  さて、九華公園の花菖蒲園(管理事務所の南)では、咲き始めた花菖蒲の種類が少しずつ増えてきました。まずは、私の好きな、原生品種である“ノハナショウブ”です。他の花菖蒲ももちろん、きれいなものがたくさんあるのですが、やはり、すべての元となったこのノハナショウブには、何となく気品さえ感じます(ちょっと大袈裟ではありますが……)。

Img_2288  もう一種類、咲き始めていたのは、こちらの“除夜の鐘(肥後系)”です。

Img_2306  桑名別院へは、もちろんお参りするという目的もあるのですが、この時期になりますと、スイレンが咲き始めますから、それも見たいということで立ち寄って来ました。

Img_2308  今日は、上のように、赤い花が一輪と、白いスイレンの花が、7輪ほど咲いていました。別院さんの池は、「冬牡丹千鳥よ雪のほととぎす はせを」の句碑(冬牡丹句碑)の前にあります。水は循環はしていないようで、濁ってはいますが、水面にスイレンの花が映っていたのは、ちょっと良い感じでした。

|

« “うりぼう”経由、北勢中央公園へ | トップページ | 懲りもせず、花菖蒲 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “うりぼう”経由、北勢中央公園へ | トップページ | 懲りもせず、花菖蒲 »