« 諸戸徳成邸特別公開 | トップページ | 濃緑の季節、鳥は少ないものの、花菖蒲が楽しみに »

2015年5月18日 (月)

コゲラの巣立ちは、残念ながら、ならなかった模様

 夕方には雨が降り出しそうです。すでに午前中から、曇り空ですし、西寄りの風は湿気を含んでいます。

Img_2185  九華公園のコゲラの巣、雛の巣立ちを楽しみにしていたのですが、うまく行かなかったように思われます。今朝、行って見ましたら、左の写真のようになっていました。ちょっとグロい状況ですので、そういったものが苦手な方は、クリックなさらないでください。巣穴の入り口に、コゲラが引っかかって、息絶えていました。赤い羽が見えますので、これはオスなのだろうと思います。バールフレンドのYさんによれば、「Hさんが、土曜日の午後からこういう風だったとおっしゃっていた」ということでした。ここに写っているコゲラは、親鳥なのか、雛なのか、よく分かりませんが、こういう状況では、巣立ちはうまく行かなかったと思えてしまいます。残念です。

Img_2171  その九華公園、今日は、鳥たちの姿もまばらでした。シジュウカラの鳴き声Img_2199 は、あちこちでしていましたが、カワラヒワは、姿も、鳴き声もほとんどありません。堀には、ここに棲み着いているカルガモが2羽。あれほど咲き誇っていたツツジもほとんど散ってしまいました。

Img_2175  代わって、花菖蒲が。先日咲き始めた“曲水の詩(曲水の宴と書きましたImg_2178 が、誤りでした)”はさらにいくつか咲いて来ていました。右は、“稲妻”です。いずれも肥後系の花菖蒲。

Img_2179  こちらは、伊勢系の“青柳“。もうじき咲きそうです。これら3品種は、いずれも、管理事務所から南にある、朱い橋のところの菖蒲園で撮りました。ここは、いつも早くから花菖蒲が咲き始めます。

Img_2196  公園内にある鎮国守国神社には、梅の木が多いのですが、すでにかなり大きな実が付いていました。考えてみれば、もう5月も後半ですから、当然なのでしょう。

 今日の散歩、9時10分頃から1時間半ほどで、九華公園、寺町商店街、桑名別院と回ってきました。4.3㎞です。同じような距離を歩いても、鳥がいないと短時間で回ってこられます。

|

« 諸戸徳成邸特別公開 | トップページ | 濃緑の季節、鳥は少ないものの、花菖蒲が楽しみに »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんばんは。

ミリオンさんもコゲラの巣立ちを楽しみにしてくださっていたんですね。
ありがとうございます。
残念でもあり、ショックでもありました。
散歩友達の方々も、張り合いがなくなったといっておられました。

このコゲラの巣は、二の丸跡(インコの小屋のあるところが二の丸跡)から朱い橋を東に渡って、通路を南側に行き、左手にあるベンチのすぐ脇にあります。
料亭藤さんが、見えるあたりです。
私も最初は、たまたまベンチで散歩友達の方とお話ししていて気づいたもので、ご存じないと見つけるのは難しいかも知れません。

投稿: mamekichi | 2015年5月19日 (火) 20時29分

こころんさん、こんばんは。

コゲラ、たまたま見つけた巣で、2ヶ月ほど楽しませてくれたのですが、本当に残念で仕方ありません。
おっしゃるように巣立つというのは、自然界では大変なことなのですね。

ところで、草取りをなさって、毛虫にやられてしまわれたのですね。
毛虫そのものでなくても、毛に触れただけで皮膚がやられるというのは、余り考えてもみないことです。
どうぞお大事になさってください。

投稿: mamekichi | 2015年5月19日 (火) 20時25分

mamekichiさんこんにちは。
コゲラの雛が大きくなるのをmamekichiさんのブログで楽しみにしてたのに残念なことになってしまいましたね。
私も九華公園に行った時はコゲラの巣はどこにあるのかな?
確か二の丸跡あたり?と探しましたが見つけられませんでした。


投稿: ミリオン | 2015年5月19日 (火) 13時49分

おはようございます。
ショックです。
直に見たことありませんでしたが
mamekichiさんのお写真で成長を楽しみにしてましたのに。
巣立つという段階まで進むのには
自然界ではたいへんなことなんだなと
改めて考えさせられました。

昨日から右腕が包帯グルグル巻きです^_^;
日曜日にがんばって草取りをしたら
どうやら毛虫の毛によって腕がボロボロになりまして。
昨日夕方、ひどい状態でしたので急遽イオンに皮膚科があったので行ってきました。
イオンの中に病院があるって便利ですね。
毛虫がいるような場所では長袖必須です。
毛虫に直接触れてませんが毛がこんな悪さをするとは思いませんでした。

投稿: こころん | 2015年5月19日 (火) 10時03分

ひらいさん、おはようございます。

自然は、やはり厳しいですね。
何があったのか分かりませんが、残念な結果です。
私自身も、散歩友達の方々も、張り合いがなくなった感じでいます。

投稿: mamekichi | 2015年5月19日 (火) 07時18分

おユキさん、おはようございます。

コゲラさん、思いも寄らない結末で驚きました。
この状態では、巣立ちは叶わなかったと思わざるを得ません。

親鳥でも巣穴は通ることができていましたので、雛が大きく育ちすぎて引っかかるということはないと思います。
散歩友達のファンクラブの皆さんも、楽しみがなくなってしまいました。

投稿: mamekichi | 2015年5月19日 (火) 07時14分

コゲラの巣立ちを楽しみにしてのですが、残念な結果となってしまい、ちょっと悲しいですね。金曜日~土曜日にかけて、何が起こったのでしょうか、自然の厳しさを実感しました。

投稿: ひらい | 2015年5月18日 (月) 19時01分

mamekichi先生、こんにちは。

コゲラさん、残念でしたね。
親鳥が盛んに餌を運んでいたので、これはヒナで、大きく育ちすぎて引っ掛かってしまったのかな、などと考えてしまいました。

他所の子は、成長が早いわねーなどと思って見ていたのに・・・。
ファンクラブの方々も、相当、悲しんでいらっしゃるでしょうね。


投稿: おユキ | 2015年5月18日 (月) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 諸戸徳成邸特別公開 | トップページ | 濃緑の季節、鳥は少ないものの、花菖蒲が楽しみに »