« “花筏”は今ひとつか?……九華公園にキンクロ戻り、カメも花びらで粧い | トップページ | 午後から晴れたので、歩いて来ました……花筏は難しい »

2015年4月 7日 (火)

まだまだ桜を楽しむ(笑)

Rimg00110407  寒の戻りというのでしょうが、それにしても寒い感じです(苦笑)。暖かいのにRimg00330407 慣れてしまいましたから、余計にそう感じるのだと思います。最低気温は10.2℃(9時10分)、最高気温13.4℃(13時50分)、北西の風が日中は4~5m/sほど。曇っていて、気温が上がらず、風が案外あるので、寒く感じるのでしょう。午前中は、この寒さに縮み上がった訳ではありませんが、押し入れの片付けに動員されていました。午後から、少しは歩いてこようということで、揖斐川の堤防を、伊勢大橋の方に向かって、2㎞ほど。右の写真にあるように、六華苑の向こう側にある桜並木を見て来ました。

Img_8656  さて、その桜並木、昭和30年代まであった“桜堤防”(2014年4月4日の“どうやら花散らしの雨風のようです……桜堤防と、揖斐川右岸、福島の水田あたりを散歩”をご参照ください)を復活させようというものです。桜は、雨風のため、かなり散り始めていました。今日は、いつもとは違う桜を撮ろうと思い、いくつかトライしてみました。本当はやはり、天気がよければよかったのですが……。その一つが、左の写真。堤防の道路に散った桜の花びらのじゅうたんを入れてみました。桜並木と、向こうに歩く人が二人、その奥には多度山も見えています。奥行き感も出ているのではないかと思います。

Img_8633  桜並木は、六華苑の前にある第2駐車場(住吉浦休憩施設)のあたりから続いています。左は、その六華苑の洋館に付属する塔屋も入れて撮ったものです。
Img_8359 この桜並木、昨日、七里の渡し跡近くから撮った写真がありました。この写真で、左に見える建物が、福島ポンプ場。中央やや右にある塔は、国交省木曽川下流河川事務所の施設です。

Img_8622  もう一つ試してみたのが、こちらの写真。桜の花びらが散ったものが、諸戸水路沿いの遊歩道に生えた雑草のところに積み重なっていたのです。この光景は、上から撮ったのでは、「ナニコレ?」で終わると思います。ローアングルで撮るとおもしろいかも知れないと思った次第。

Img_8628  ついでに、近くに生えていたタンポポも。ここにも桜の花びらが落ちていました。といっても、桜の花びらに気づいたのは、パソコンで画像を見てからでしたが……。


Img_8648  ところで、出かけたのが、14時半からでしたし、場所から言ってもあまりImg_8667 鳥はいません。スズメや、ムクドリくらいでした。このほか、諸戸氏庭園前の諸戸水路には、いつものカンムリカイツブリがいましたし、揖斐川堤防のところでは、“揚げ雲雀”の鳴き声が聞こえていました。

Img_8644  桜並木のあたりの、揖斐川堤防には、このようなプレートがつけられています。昔の“桜堤防(プレートでは、桜堤とあります)”に比べ、伊勢湾台風の被害などを受け、堤防はかなり強化されていることが分かります。また、下半分には、明治の中頃に、“内務省桑名工営所”が太一丸(拙宅付近一帯の地名)に設けられたことや、それが、現在の国交省木曽川下流河川事務所につながっていることが記されています。

Rimg00250407  今日の最後に、恒例の”マイ・ソメイヨシノ”です(笑)。さすがにかなり散ってきていました。 

|

« “花筏”は今ひとつか?……九華公園にキンクロ戻り、カメも花びらで粧い | トップページ | 午後から晴れたので、歩いて来ました……花筏は難しい »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

ここの桜並木、こころんさんもこの間いらっしゃったので、私も一度はと思って、今日行って来ました。
桜の木や、花の写真はもう十分と思いましたし、花は散り始めていますので、それを何とか入れたいと思って、あのような写真を撮ってみました。
地面に散った花びらは、必ずしもきれいではなくなっていますので、気をつけなくてはなりませんね。

六華苑の塔屋が入るアングルは、どうしても電線が写り込んでしまいます。
それだけが欠点です。
2枚目の写真のように、マンション9階のわが家からも撮れますが、桜の木がまだ小さいので、今ひとつの写真になってしまいます。

投稿: mamekichi | 2015年4月 7日 (火) 19時38分

こんばんは
桜並木の道、ピンクの絨毯で綺麗ですね。
ここいい場所ですね。
来年も行ってみようと思います。
六華苑と桜が入るアングルあったんですね。
門の近くにはありましたが思いつきませんでした。

桜も終盤ですね。

投稿: こころん | 2015年4月 7日 (火) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “花筏”は今ひとつか?……九華公園にキンクロ戻り、カメも花びらで粧い | トップページ | 午後から晴れたので、歩いて来ました……花筏は難しい »