« テラリウムを試作or習作 | トップページ | 名残の桜と、ハトの水浴び »

2015年4月10日 (金)

散歩はホームセンターにて(笑)……播磨産の筍を頂きました(喜)【修理についての付記あり】

Rimg00020410 10時過ぎくらいから降り始めました。明日の朝までは雨だそうです。4月に入ってから、どうも晴天という比が少ない気がします。気温も、10~11℃くらいとほとんど変わらず、何となく肌寒い日となっています。この雨、花散らしの雨となりそうです。

Rimg00120410_2  さて、こんな天気で、散歩には行けませんので、今日は代わりに、ホームセンターへ行って歩いて来ました(笑)。冗談半分、本当のところ半分です。結婚して以来使っている食器戸棚のガラス扉の蝶番(丁番)が、ずいぶん前から壊れてきていました。左の写真で、矢印をつけた、奥にある回転部分のピンが抜けてしまっているのです。ようやく直す気になって、朝からネットで調べ、使われているのは“アングル丁番”というものだと判明(名前も知りませんでした)。丁番のサイズなどを測って、東員町との境にあるサンシタウンのカインズホーム桑名店へ探しに行って来たのです。

Rimg00310410  こちらが、そのアングル丁番です。値段は、1個¥278(税込み)でした。1つRimg00330410 の扉は、上下に2つの丁番で止められていますので、2個を購入。右は、取り出したところの写真です。右の写真でご覧いただくと、左側の部分を本体に取り付け、右側を扉に固定するようになっています。丁番は、2つを一度に交換しないと、きちんと固定されないということでしたし、2つとも動作がアヤシイので、このあとで2つを交換する作業にトライすることにしています。うまく、また、スムーズに行くかどうかは分かりません。DIYには興味はあったものの、何しろ、これまでほとんど経験していませんから(苦笑)。うまく行きましたら、また報告致します。

Rimg00200410  ところで、今日は、家内の知人から、桑名・播磨産の筍を頂きました。ローカルなブランド品であります(微笑)。昼ご飯の時に早速、オリーブオイルで焼いて、頂きました。実は、毎年頂いていますので、内心、心待ちにしていたのです。ご好意で頂くものを当てにしていてはいけないのですが、播磨の筍は美味しいのです。JAでは、予約をすると筍掘りが体験できるようです。こちらをご覧ください。

Rimg00280410  オマケは、100均園芸(?)の続報です。テラリウムを作るのに、ラカンマキと、カポックと、2つ観葉植物を買ってきたのですが、テラリウムにはラカンマキを使いました。残りのカポックも、鉢に植えてやろうと思い、カインズの帰りにバローにあるmeetsで、受け皿付きの鉢を1つ買ってきて、このように植えてみたという次第です。ラカンマキも、カポックも、とくにこれが欲しいとか、これが良いと思って買ったのではなく、たまたま売っていた中から、テラリウムに使えるかなと思って入手したもので、けっこう行き当たりばったりです(苦笑)。ということで、このグリーン、木から、土から、鉢まですべて100均。まぁ、うまく育てば儲けものというくらいの気持ちです(といっても、100均出身のゴムの木が1mほどに生長したという、“成功体験”がありますからねぇ……)。

【付記】 食器戸棚の丁番の修理、トライしたのですが、残念ながら、不首尾に終わりました(涙)。

Rimg00190410_3    写真は、外した扉の方にアングル丁番を当ててみたものです。取り付け部分は、くり抜いてある円形のところにはまったのですが、赤い矢印をつけたところに隙間が生じてしまいました。市販されている汎用品では、黄色い矢印をつけた部分が、33mmあるのですが、わが家の食器戸棚に使われていたものは、ここが30mmだったのです。

 ネットであちこち調べたのですが、市販品でサイズが示されているものはすべて、これが33mmでした(この部分のサイズが示されていないものもありましたが……)。調べたかぎりでは、30mmサイズは売られていません。特注品であるのか、20数年前は一般に使われていたものであるのか、どちらかなのでしょう。

|

« テラリウムを試作or習作 | トップページ | 名残の桜と、ハトの水浴び »

季節」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

筍、播磨のものは美味しいですよ。
名古屋のスーパーなどで売っているかどうかは、分かりませんが、もしあったらお試しください。

ところで、食器戸棚の修理の件、いろいろとありがとうございます。
穴を削って広げてということも考えているのですが、幸か不幸か、ノミはもちろん、彫刻刀も手元にありませんので、「急いては事をし損じる」という事態には発展しておりません(笑)。
この戸棚、実は弟が務めている家具メーカーのものですので、一度、弟に聞いてからと思っているところです。

投稿: mamekichi | 2015年4月11日 (土) 07時17分

こころんさん、おはようございます。

テラリウムは、“苔園芸コツのコツ(農文協)”という本に載っていたもので、苔玉よりも管理が易しいと書いてありましたので、作ってみました。
以前、苔玉もいくつか持っていたのですが、水やりをキチンとせず、枯らしてしまったことがあります。
テラリウムの容器も100均で売っているのを見つけたのも、きっかけです。
このほかにも、あれこれやってみようと思います。

100均ショップでも、いろいろと植物を売っていますね。
同じ系列の店でも置いてあるものが違っていたり、探すのも楽しそうです。

タラの芽まで売っているとは知りませんでした。
10本まとめて売っているというのは、食用なのでしょうね。

太夫から播磨にかけては、広い竹林が続いていますね。
私は自分で掘ったことはありませんので、一度くらいはやってみたい気がします。

投稿: mamekichi | 2015年4月11日 (土) 07時13分

mamekichi先生、こんばんは。

たけのこ、おいしそうです。
我が家でも、炊き込みご飯にするか、薄くスライスして焼き、鰹節と醤油、またはポン酢で食べます。

アングル丁番、私も名前は知りませんでしたが、
この手の作業は、実家でも、どこに行っても大抵、私の仕事でした。
なので、なんとなく、アテにされているような気がしますので、
一応、対応策を書いておきます。

幸い、扉が木製ですので、丁番の大きさに印をつけて、彫刻刀などで彫り広げます。
ネジ穴の場所が合わないと思いますので、扉に丁番を当てて、丁番の穴からキリで少しだけ穴をあけます。
キリの代わりに細いドライバーがあれば、それでも可。
その穴がネジを導いてくれます。
先が入れば、ほぼ、失敗なくネジが入ります(斜めに入ると大変です)。

不安が残ったら、パテとかコーキング剤などで補強します。

怪我のないように祈っております。
(扉で指を挟んだり、足の上に落としたりする二次災害が意外と多いのです。)


投稿: おユキ | 2015年4月10日 (金) 21時18分

こんばんは
苔玉は見たことありますが、テラリウムは初めて聞きました。
新しい分野への進出ですね。
100均にも植物たくさん売ってますね。
この前行ったら、タラノメが売ってました。
あれは食用としてなのか育てるためなのか
もっときちんと見ておけばよかったと思いました。
10本ぐらいが入ってたから食用だとは思いますが。
100均でもあれは100円じゃない品かもしれません。
子供の頃、祖父に筍掘りに連れて行ってもらったことを
思い出します。
太夫の辺りの山ですが。
今考えたら私有地の山へ勝手に入って掘ってたんでしょうね(笑)

投稿: こころん | 2015年4月10日 (金) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テラリウムを試作or習作 | トップページ | 名残の桜と、ハトの水浴び »