« ワーキングメモリーと認知の構え(1)……齊藤(2015)から | トップページ | まだまだ桜を楽しむ(笑) »

2015年4月 6日 (月)

“花筏”は今ひとつか?……九華公園にキンクロ戻り、カメも花びらで粧い

Rimg00160406 午後から雨が降るという予報でしたが、今のところは曇り空が続いています。午前中いつものように散歩に出て来ました。昨日の雨で桜もかなり散ってしまったかと思ったのですが、まだ楽しめました。ただし、青空でなかったのは、やや残念です。写真は、蟠龍櫓の南にある三の丸公園の桜。花もまだ楽しめますし、足下もピンク色に染まっており、これもまたよしというところでした。

Img_8484  さて、今日は、桜も散り始めたことから、“花筏”が撮れないかと思って、九Img_8520 華公園に行ってきました。花筏はご存じと思いますが、水面に散った花びらが連なって流れているのを筏に見立てた言葉です。俳句では、春の季語です。小生にはちょっと不釣り合いなイメージですが、ご容赦ください(苦笑)。

Rimg00480406  ただ、まだ散り始めで、九華公園の堀には、さほどたくさんの花びらが浮いている訳ではありませんでしたし、曇り空でしたので、色の出方も今ひとつというところで、なかなか気に入った写真は撮れませんでした。今日は、下手な鉄砲を数撃っただけでした(笑)。ちなみにこれら3枚の写真は、堀の東南、キッチン寿さんの裏あたりで撮りました。

Rimg00770406  立教小学校の体育館の裏あたりは、ご覧のような状況でした。左は、九Img_8589 華公園の西(三之丸町内)側からのものです。右は、同じあたりを、料亭藤の裏あたりから撮ったものです(左の写真の奥のところから撮ったもの)。

Img_8414  ところで、今日は、九華公園の堀にキンクロさん達が帰ってきていました。その数46羽ほど。花見の混雑や、堀の舟めぐりを避けて、どこかに行っていたのでしょう。ただ、水灯籠などがある辺りは避けて、堀の東の方にまとまっていました。他に鳥は、ヒヨドリはもちろんですが、エナガやカワラヒワなどの姿が見られました。

Img_8383  傑作を1枚。いつものスロープには、暖かくなってからは毎日、カメたちが甲羅干しをしているのですが、今日はその中に、ご覧のように、桜の花びらを甲羅や、頭につけているのが一匹いました。目立ちます。まさかカメが自分でつけたとは思えませんが……。それに、メスのカメなら良いのですが、オスだとちょっと引きます(苦笑)。

Img_8344  生き物ではありませんが、住吉神社の狛犬、桜を背景に撮ってみました。本殿に向かって左に鎮座している方です。この狛犬、赤ちゃんを連れています。右下にその赤ちゃんの頭部の一部が写っています。この写真も青空がバックだったら、もっとよかったかも知れません。

Rimg00800406  九華公園のあとは、歴史を語る公園の脇を通って、アピタに寄って来ました。この歴史を語る公園は、東海道五十三次をモデルにしています。中央の橋は、京の三条大橋を模したもの。左側の石の橋は、南大手橋。旧・桑名城の大手門は、北・南と2つあったのですが、その南の門に当たるところ。脇のお宅の桜が良い雰囲気を醸し出しています。

Img_8611  今日の散歩、9時過ぎから11時半近くまで。九華公園を一廻りして、アピタに立ち寄って、5.5㎞。諸戸水路まで戻って来たら、今日も、カンムリカイツブリが来ていました。キンクロさんの姿は見られなくなっているのに、律儀な方です。

Rimg00050406  最後は、恒例により(?)、諸戸氏庭園前のマイ・ソメイヨシノ”です。かなり散り始めていました。


|

« ワーキングメモリーと認知の構え(1)……齊藤(2015)から | トップページ | まだまだ桜を楽しむ(笑) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

花筏を、きれいに撮るのはかなり難しいです。
おっしゃるように、流れ方によってはどこかに固まってしまい、ゴミのようにしか見えないこともよくあります。
それに、本当のゴミが混じっていることもあり、いかにそのゴミを写さないかに腐心しなければならないこともあります(笑)。

花びらカメさん、そうそう、「女装家」という表現の方がピッタリかも知れません。

京の三条大橋を模した景色、なかなか良い感じでしょう?
この橋の向こうから右手に、東海道五十三次をモデルにした公園があります。
ただし、訪れる人は少なく、静かです。
ここには旧・桑名城の堀があり、当時の石垣がそのまま残っているところで、私の好きな場所の一つです。

投稿: mamekichi | 2015年4月 7日 (火) 17時59分

mamekichi先生、こんにちは。

花筏、良いですね。
私がよく通るのは川沿いなので、花びらが端に流されてしまって、ゴミのようになっていました(泣)。
そばに下りてみれば、それなりに綺麗かもしれませんが。

花びらを付けた亀さん、女装家が出現!と勝手に見出しを付けたら笑えました。
これだけ花びらが浮いているのですから、キンクロさんの背中にも乗っているのではないか、と思った次の写真が花亀さんでした。

京の三条大橋を模したこの風景、好きです。
木の欄干に、少し苔のようなものが付いていて、ピカピカしていない感じが良いです。

そういえば京都の銀閣寺が、修復の際、建立当時を再現して黒漆で塗るというニュースを聞いた時、とてもガッカリしたことを思い出しました。
銀閣の銀は「いぶし銀」だと思い込んでいたので。
結局、いぶし銀は保たれつつ、修復されたそうです。

投稿: おユキ | 2015年4月 7日 (火) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワーキングメモリーと認知の構え(1)……齊藤(2015)から | トップページ | まだまだ桜を楽しむ(笑) »