« ワーキングメモリーと認知の構え(4)……齊藤(2015)から | トップページ | 実家へ……母親のかかりつけ医は同級生、そして、今日も俄庭師 »

2015年4月27日 (月)

つつじまつり直前、コゲラは元気、スズメは砂浴び

Rimg0014  名古屋では、27.5℃、岐阜は28.5℃、そしてあの多治見では28.9℃にもなったそうです(中日新聞のサイト)。桑名は、24.2℃でした(14時20分)。しかし、午前中散歩していたときから、かなり暑く感じ、けっこう汗を掻きました。アメダスではこの気温でしたが、これ以上になっていたかも知れません。

Img_0314  さて、5月1日からのつつじまつりを前に、九華公園では、ツツジがかなり咲いてきました。ただ、まだ満開とは行かず、木によってはつぼみがチラホラでているというものもあります。左は、管理事務所のすぐ東、堀に面したところです。どうもこの頃、“水鏡”が気になって、堀に映っているところを探して撮ってみたのですが、陽が当たる方向とかいろいろの条件があってなかなか難しいものがあります。

Img_0412  九華公園には、約450本のツツジがあるといいますが、私の好みは、神戸櫓跡のまわりにあるものです。左は、櫓跡の上に上がって、堀を見下ろしたところです。写真には、カメの甲羅干しスロープも写っています。朱い橋の向こうから、堀めぐりの舟が出ていました。

Img_0415  こちらは、同じく神戸櫓の上から、2枚目の写真のあたりのツツジを眺めたImg_0422 ものです。1枚前の写真よりもやや北向きです。右は、これまた神戸櫓跡から、本丸跡の方を見下ろした写真です。肉眼で見ると、もっと奥行き感があって壮観(というとちょっと大袈裟ですが)なのですが、写真で再現するのは難しいです。

Img_0469  徒歩圏内にある藤棚を先日見て回りましたが(2015年4月22日“フジを見Img_0471 て回る……エナガ、ツバメ、鯉のぼりも【付記あり】”)、どこも何となく今ひとつ、という感じです。九華公園の藤棚は、もう少しフジの房が長いと見事なのにと思います。他の公園では、小さいのですが、内堀南公園がまぁまぁかなという感じです。ただし、あくまでも私の徒歩圏内にあるところについての独断と偏見に基づいた評価です(苦笑)。

Img_0323  ところで、アイドルのコゲラさん(笑)、今日もいました。このところ、九華公園に行くと2回は確認してきます。一度は通常の散歩ルートで、さらに、公園内をほぼ一周した後もう一度見て来ます。左は、9時10分頃のものですが、顔を覗かせていました。性別は不祥です。

Img_0330  しばらくするともう1羽がやって来ました。最初はとなりの木に降り立ち(左の写真)、Img_0339 少し時間をおいて、同じ木の上の方にまずは移動しました(右の写真)。矢印を付けたのが後から来たコゲラ、丸をつけた方が、巣穴から覗くコゲラです。

Img_0352  後から来たコゲラ、見ていますと、徐々に下に降りて、巣Img_0357 穴に近づいて行きます。最終的には、この右の状態になりました。そして、このあと、巣穴のコゲラは、飛び立って行きました。カメラは構えてはいたのですが、対応できませんでした(苦笑)。

Img_0360  左の写真は、巣穴のコゲラが飛び立った直後です。

Img_0367  後から来たコゲラは、その後、巣穴を入念にチェックしてImg_0378 います。何度も覗き、周りを見て、巣穴に入っていきました。どうやら、この9時過ぎの時間帯に、巣穴の当番が交替するようです。ただ、卵があるかなどは分かりません。

Img_0295_2  九華公園に行く前、七里の渡し跡のところでは、スズメが4羽降りて来て、Img_0303 砂浴びをしていました。全くの逆光でしたので、余りきれいな写真にならず、ちょっと残念です。

Img_0310  カワラヒワも、あちこちでペアで行動しています。これは、吉之丸コミュニティパークの脇で出て来たものです。低いところに止まってくれたので、割ときれいに撮れました。

Img_0385  このところ、九華公園では、エナガの姿をよく見ます。前にも書きましたImg_0390 が、居着いたようです。左の写真では、またもや餌の虫を咥えていますので、クリックご注意!です。右は、ちょうど背中側が撮れました。朝日丸跡で撮ったものです。

Img_0391  シジュウカラは、エナガと一緒に来ていました。

Img_0291  諸戸水路です。カンムリカイツブリは、いつの間にか来なImg_0286 くなっていましたが、今日は、珍客来訪でした。カルガモが2羽やって来ていたのです。鳥さん達の間で、隠れた人気スポットになっているのでしょうか?

|

« ワーキングメモリーと認知の構え(4)……齊藤(2015)から | トップページ | 実家へ……母親のかかりつけ医は同級生、そして、今日も俄庭師 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん、こんばんは。

ツツジの水鏡、肉眼ではもう少しきれいだったのですが、まだまだ修行が足りません(苦笑)。
九華公園のツツジ、咲いている木は満開に近いのですが、陽が余り当たらないところはまだこれからです。

カメの甲羅干しが入ったショットは、神戸櫓跡からのものです。
気に入ってくださり、ありがとうございます。

走井山にもツツジがありましたね。
今年は、まだ走井山に行っていません。
三猿もしばらく見ていませんので、行って見てこようと思います。

投稿: mamekichi | 2015年4月28日 (火) 21時21分

おはようございます!
ツツジの水鏡、いいですね(^^)
満開が楽しみです!

亀の甲羅干しが入ったツツジのショットもいいですね(^^)
土曜日に走井山のツツジを見てきましたが、場所によって開花がまちまちでしたが、三猿のところは結構綺麗に咲いておりました。

投稿: TAKU | 2015年4月28日 (火) 09時56分

おユキさん、こんばんは。

水鏡<すいきょう>は、景色など 水面に物の形が映ることですので、季節は問わないようです。
今日のツツジの水鏡は、肉眼で見た方がもっときれいだったような気がしています。
何事も修行が肝心のようです(苦笑)。

藤も、白などの色もありますが、やはり紫が良いですね。
ただ、本文にも書きましたが、徒歩圏ないの公園の藤は、どうも今ひとつ元気がないようで、房も短く、残念な気がします。
施肥などの世話が必ずしも行き届いていないのかも知れません。

そして、今日のハイライトは、おっしゃるようにコゲラさんです。
巣穴の上のキノコは、はじめてこの巣穴を見つけたときからありました。
「見れども見えず」ですねぇ(苦笑)。
うまい具合に庇のようになっています。

コントというならば、後から来たコゲラさんが、巣穴をチェックしている様子を直接ご覧になると、もっと笑えます。
こればっかりは現地に行って頂かないとお分かりいただけないので、申し訳ないような、残念なような気がします。

後から来たコゲラが、巣穴の木の上の方から、徐々に降りていくところ、まさにジョーズの効果音は似合いそうです。

投稿: mamekichi | 2015年4月27日 (月) 21時03分

mamekichi先生、こんばんは。

そうかぁ、水鏡は一年中あるのですよねぇ。
当たり前のことに気付きました。
キレイに写っていると思いますが、難しいと書かれているからには、
肉眼ではもっとキレイなのでしょうか。

藤も、柔らかな京紫ですね。
藤を見ると、藤のカンザシを思い出します。
絵や写真だけで見れるものと思っていたのですが、実際に売っているところを見た衝撃が、強く残っているのでしょうね。

今日は、なんといってもコゲラさんですね。
最初の写真で噴き出してしまいました。
巣穴の上に、丁度良い具合に笠のようなキノコ?が生えています。
コゲラさんが、枯葉でも頭に乗せているのかと思って、よく見てみたら、まぁ、キノコと呼ばせてください、キノコが生えているではないですか。
前からありましたっけ?

ここで笑ってしまったので、後の写真はコントを見ているようでした。
巣穴のお留守番交代という、かなりのスクープだったのでしょうに、2羽が近付いていく様に、映画・ジョーズの効果音がついてしまいました(笑)。

投稿: おユキ | 2015年4月27日 (月) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワーキングメモリーと認知の構え(4)……齊藤(2015)から | トップページ | 実家へ……母親のかかりつけ医は同級生、そして、今日も俄庭師 »