« 散歩はホームセンターにて(笑)……播磨産の筍を頂きました(喜)【修理についての付記あり】 | トップページ | ワーキングメモリーと認知の構え(2)……齊藤(2015)から »

2015年4月11日 (土)

名残の桜と、ハトの水浴び

Img_8857 朝早い時間帯はまだ雲がありましたが、9時前後からは良く晴れてきましRimg00210411 た。昼には気温も、20℃近くになりました。絶好の行楽日和なのですが、あいにくここらの桜はほぼお仕舞いです。さくらまつりの期間中ですが、九華公園は、花見客はほとんどなし。露店も、かなり撤退して、最盛期の1/4くらいの数。土日は、立教小学校が臨時駐車場になっていますが、私が見たときは1台のみ駐車。左は、揖斐川クルーズの“Trois Riviere”号(フランス語で、3つの川の意味。本来はアクサン記号が付きますが、省略。木曽三川をイメージした名前でしょう)が、住吉神社下の乗船場に入るところ。右は、蟠龍櫓と、三の丸公園。

Rimg00240411  さて、散りゆく桜の名残を惜しむ写真を撮りたいと、いくつか撮って来ましImg_8937 た。左は、九華公園の朝日丸跡の東から、遊歩道を眺めたものです。中央あたりに、小さくキンクロさんが4羽写っています。右は、葉っぱが青々として来たイロハモミジを、桜をバックに撮ってみました。

Rimg00330411  桜吹雪を撮りたいと思ったのですが、吹雪くほど桜の花は散っていませんでした。それでもと思って、何枚かトライしてみたうちの1枚が左のものです。九華公園の二ノ丸橋の南のたもとあたりで撮ったものです。クリックして拡大の上、よく見ていただくと、桜の花びらが舞っているのがお分かりいただけるでしょう(微笑)。

Img_8980  こちらは、諸戸水路の南端、桜の木の下にあるベンチ。ベンチにも、地面にも桜の花びらが散り、また、光線がおもしろいかという気がしました。


Img_8891  ところで、九華公園は花見客も少なくなったためか、鳥が少し戻ってきてImg_8898 いました。まずは、最初、目を疑ったのですが、ハトの水浴び。二の丸跡へ入って行くあたりで、8~10羽くらいが入れ替わり立ち替わり、水を浴びていました。潜っているハトもいました。みんな、何だか目つきが尋常ではない感じがしました。それもあってか、時折、ハト同士で小競り合いが起きていました。

Img_8889  ツグミは、公園内の何カ所かで見られました。いつもよりも、遅くまでいるImg_8945 ような気もします。カワラヒワは、ペアで行動していることが多いように見えます。ただし、並んで止まってくれるということはありません。

Img_8926  もう九華公園からはいなくなってしまったのか、と思っていたのですが、メジロ(左)や、シジュウカラ(右)も、数は少ないものの見られまImg_8950 した。コゲラの鳴き声も、何度か聞こえ、飛ぶ姿も見たのですが、写真には撮れませんでした。

Img_8872  蟠龍櫓の屋根には、ハクセキレイが。けっこう良く通る声で鳴いていて、どこにいるのかと探したくらいです。ヒヨドリは、桜の木に出Img_8877 没しています。右の写真は、吉之丸コミュニティパークで撮ったものです。

Rimg00620411  桜はほぼ終わりですが、それに代わって、あちこちの緑が次第に濃くなってきている気がします。左の写真は、わが家から見下ろした諸戸氏庭園。緑が濃くなってきているのと同時に、“緑”と行っても、いろいろな色合いがあるものだというのを改めて認識させてくれます。

Img_8974  桜が終わると、ツツジや、フジの季節になります。左は、寺町堀の南の端にある藤棚の様子。つぼみと言ってよいのかどうか分かりませんが、このようになっていました。

Img_8967  オマケです。料亭藤さんの鬼瓦。今まで、何遍もこの前を通っているのImg_8970 に、今日までまったく気づきませんでした(苦笑)。大黒様と、恵比寿様なのでしょう。ご商売を営んでいらっしゃるので、商売繁盛を祈ってなのかと思います。屋根の上の鍾馗様はいくつか紹介してきましたが、それ以外に、こんな鬼瓦もあるんですね。

Img_8943  今日の散歩は、揖斐川堤防から、九華公園、貝塚公園、寺町と回って、5.3㎞。ほぼ2時間。気持ちよい気候でした。明日までは天気は良さそうです。このネコさんのように過ごしたい気がします(いつもそうだろうという突っ込みがありそうです……笑)。

|

« 散歩はホームセンターにて(笑)……播磨産の筍を頂きました(喜)【修理についての付記あり】 | トップページ | ワーキングメモリーと認知の構え(2)……齊藤(2015)から »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

この船、どこが持っているのかまではよく知りませんが伊勢大橋北の揖斐川右岸に舟溜まりがあり、そこに係留されています。
甚内ポンプ場の東です。

ハトの水浴び、なかなかのものでした。
ハトがこれだけ大胆に水浴びをしているのは初めて見た気がします。
それにたくさん集まると、同じハトの仲間とは言え、やはり少々のトラブルは生じるもののようで、笑えました。

コアジサシ、連休の頃からでしたね。
楽しみですね。

投稿: mamekichi | 2015年4月14日 (火) 10時21分

mamekichiさん、こんばんは!

揖斐川クルーズの“Trois Riviere”号、そのようなイベントが有ったのですね。長良川方面にも来ていたのでしょうか?一度見てみたいです。

ハトの水浴び、豪快ですね~、とても気持ちよさそうです。鳥たちの小競り合いは、見てて飽きないですよね。(笑) 水浴びを見ると、暖かくなったんだなぁと実感します。そして、夏と言えばコアジサシ!、昨年は5月連休中にコアジサシを初目撃していました、今年はいつ頃来てくれるのでしょうか、今から楽しみです!

投稿: ひらい | 2015年4月13日 (月) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩はホームセンターにて(笑)……播磨産の筍を頂きました(喜)【修理についての付記あり】 | トップページ | ワーキングメモリーと認知の構え(2)……齊藤(2015)から »