« 九華公園へ小散歩……ユリカモメ、エナガ、鎮国さんに梅が多い理由 | トップページ | 雑誌を買いがてら大山田川の沢南橋へ……ケリの飛び姿、オオジュリンのオス・メス、アオジに花たちも »

2015年3月15日 (日)

カンムリカイツブリの“体操”、“梅にジョウビタキ”そしてサンシュユの花

Rimg00180315 午前中は晴れ間もあり、暖かかったのですが、昼を過ぎてからは雲が広がって来ました。気温は、10℃を超えたくらいで、午後からは寒い感じです。冒頭の写真は、散歩から帰った時に撮った諸戸氏庭園です。なお、勝手ながら、本日は、アカデミック・バージョンはお休みとさせていただきます。

Img_6062  さて、本日はこの写真から。そうです、諸戸水路のカンムリカイツブリです。Img_6081 9時半頃散歩に出かけるときには来ていなかったのですが、11時半に戻って来たら、身繕いを盛んにする途中、いろいろと“体操”をしていました(笑)。動きにキレがあり、なかなか激しいものでした。

Img_6084  しばらく見とれてしまいました。静と動の組合せ、なかなか見事でした。

Img_5980  次には、新バージョンです。“梅にジョウビタキ”、略して“ウメジョウ”であります(笑)。貝塚公園で撮って来ました。さすがに、梅の花の蜜は吸わないようです。

Img_5853  散歩は、上述のように、9時半から2時間あまり。いつものように、住吉神社Img_5864 前から九華公園、貝塚公園、寺町と回ってきました。5.2㎞です。暖かくて、マフラーはいりませんでした。昨日同様、住吉水門や、七里の渡し跡では、オオバンが出て来ていました。左は、理由は不明なのですが、小競り合いのような感じでした。右は、藻を食べようとしているところです。

Img_5870  蟠龍櫓の前の揖斐川の堤防には、ホオジロが3羽ほど。鳴き声が聞こえImg_5894 ていましたので、そっと近づいて、写真撮影に成功。日当たりはよかったのですが、周りの枯れ草と似た色で、なかなかクリアに撮るには難しいものがありました。

Img_5902  近くの三の丸公園や、吉之丸コミュニティパークでは、ジョウビタキがいました。メスは、三の丸公園にいつもいる個体のようでImg_5911 す。オスは、吉之丸コミュニティパークに入ってから見つけました。ここにもよくオスのジョウビタキが出て来ますので、それかも知れません。

Img_5921  九華公園では、二の丸跡でシメを発見。久しぶりに会うことができました。最初は気づかれませんでしたので、松の木に隠れて数mImg_5924 のところから撮れました。が、やはり、すぐに発見されてしまい、樹上に逃げられました。それが右の写真です。

Img_5944  こちらも久しぶりですが、カワラヒワ。九華公園には、数は少ないものの、ずっとカワラヒワはいます。あの鳴き声(「キリリ、コロロ」という地鳴き)は、小鈴でも転がすような心地よいものがあります。

Img_5862  ツグミも少なくなったような気もしますが、それでもまだ、あちこちで見られImg_5950 ます。左は、蟠龍櫓の近く、堤防上の柵に止まっていたところ。右は、九華公園の朝日丸跡にいたもの。ちょうど正面顔が上手く撮れました。

Img_5960  “梅にメジロ”、まず左は、鎮国守国神社境内の梅の木で撮ったものでImg_5996 す。境内の稲荷社へ入る鳥居の前にけっこう立派な梅の木があります。右は、貝塚公園の梅の木に来ていたメジロです。2羽いたのですが、梅の木が何本か密集しているところで、なかなか良いシーンに巡り会えませんでした。貝塚公園の梅の方が、香りが強いような気がします。

Img_6012  ところで、散歩の帰り道に、寺町横の常信寺に立ち寄りました。真宗高田Img_6016 派のお寺なのですが、静かなところで割と好きな場所です。ここには、サンシュユの木があり、ようやく花が咲いてきました。果肉は、生薬に使用されるようです。なぜかこの花、気に入っているのです。

Img_6036  常信寺といえば、もう一つ気に入っているのが、こちら、ミツマタの花です。ご存じ、和紙の材料になる木です。その枝が必ず三叉、すなわち三つに分岐する特徴があるため、この名がついているようです。

Img_5966  最後に、気が早いのですが(苦笑)、九華公園の桜のつぼみです。真冬は固く閉じていたと思いますが、膨らむというか、緑色の部分が見えてきたというか、変化があると言えましょう。

|

« 九華公園へ小散歩……ユリカモメ、エナガ、鎮国さんに梅が多い理由 | トップページ | 雑誌を買いがてら大山田川の沢南橋へ……ケリの飛び姿、オオジュリンのオス・メス、アオジに花たちも »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。

河津桜とメジロの写真、拝見しました。
梅にメジロもそうですが、狙って撮れるものではありませんので、何度も挑戦するのが、よい写真への近道かなと思っています。

久松松平家の家紋は、私もずいぶん前から知ってはいたのですが、それと、鎮国守国神社の境内に梅が多い理由とが、結びつきませんでした(笑)。
松平家の末裔の方は、今でも、5月の金魚まつりにはいらっしゃるようです。
先日、先代宮司の奥様が「お殿様がいらっしゃるんですよ」とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

投稿: mamekichi | 2015年3月16日 (月) 08時51分

ひらいさん、おはようございます。

“ウメジョウ”、ひらいさんに倣って、勝手に命名しました(笑)。
チャンスがありましたら、是非撮影してみてください。

カンムリカイツブリの“体操”、驚きましたよ。
ひらいさんと似た感想ですが、カンムリカイツブリもあんな風にするんだと思いました。

ミツマタ、サンシュユ、どちらも黄色い花ですが、2月の後半から3月になる頃、常信寺でこの花が咲くのを楽しみにしています。

投稿: mamekichi | 2015年3月16日 (月) 08時47分

こんばんは
今日は寺町に寄ってみました。
三八じゃないけど車がたくさん停まってました。
桜とメジロに挑戦したのですが
mamekichiさんの梅とメジロの左のお写真の
ように撮りたいのですが、
自分にはまだまだと改めて感じました。
メジロが正面を向いて体に枝や花の影が無くて
いいお写真だと思います。
またチャレンジしたいと思います。
松平家の家紋が梅とは。
何かパズルが出来上がったようで
勉強になりました。

投稿: こころん | 2015年3月15日 (日) 18時11分

mamekichiさん、こんばんは!

新バージョン、ウメジョウ!(笑) これは是非撮影しておきたい組み合わせです! なばなの里ですが、梅はあちこちに咲いているのですが、鳥たちは、河津桜にとまっている事が多いようで残念です。

カンムリカイツブリ体操、カモ達程活発な鳥では無い感じでしたが、やる時はやるんですね。この鳥は、潜ってるか、変な寝方してるイメージしかないです。(笑)

ミツマタ、覚えました。サンシュユ、なばなの里にも咲いている事を確認しました。名札が付いてたので、間違い無いです。(笑)

投稿: ひらい | 2015年3月15日 (日) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園へ小散歩……ユリカモメ、エナガ、鎮国さんに梅が多い理由 | トップページ | 雑誌を買いがてら大山田川の沢南橋へ……ケリの飛び姿、オオジュリンのオス・メス、アオジに花たちも »