« ボンヤリとした1日……河津桜を見て来ただけです | トップページ | カンムリカイツブリの“体操”、“梅にジョウビタキ”そしてサンシュユの花 »

2015年3月14日 (土)

九華公園へ小散歩……ユリカモメ、エナガ、鎮国さんに梅が多い理由

Img_5749 バタバタしていて、何とも落ち着かない日が続いているのですが、やはりカメラをぶら下げて歩くということが、私には必要であり、意味があると思い、午後から散歩に出て来ました。15時から16時15分、九華公園まで行って、公園を半周して戻って来ました。冒頭の写真、ユリカモメの飛び姿です。たまたまこのように撮れてしまったもので、左上にあった空をトリミングしただけです。

Img_5815  さて、いつもは午前中に歩くことがほとんどなのですが、違った時間帯にもImg_5828 出ていくものだと、今日はつくづく思わされました。その1つがこちら。エナガを本当に久しぶりに九華公園で見ました。2羽しか見られませんでしたが、それでもうれしいものです。

Img_5744  もう1つは、ユリカモメです。午前中、いつも私が九華公園に行く時間帯にImg_5734 は、もう2月下旬から姿を見なかったのですが、今日、15時過ぎには、10羽あまりが堀に浮いていました。左の写真もそれなりに迫力があると思いますが、このように写ってしまいましたので、敢えてトリミングなどはしていません。カモ達は、堀のあちこちに散らばってはいたものの、85~6羽がいました。

Img_5760  そのほか、シジュウカラや、コゲラの姿も、久しぶりにきちんと見られましImg_5782 た。朝日丸跡で、シジュウカラが10羽くらい、コゲラが2~3羽という群れで出て来ていました。群れが戯れている木々のすぐ下に入り込んだのですが、さほど警戒もされませんでした。

Img_5695  九華公園に向かう途中、住吉ポンプ場のところや、七里の渡し跡の川口水門では、オオバンが、合計7羽ほど来ていました。左は、Img_5723 ポンプ場から住吉水門のあたりにいたオオバン。右は、川口水門のところで、藻か何かを懸命に啄んでいる様子です。

Img_5708  揖斐川には、カンムリカイツブリが、住吉神社前あたりから、吉之丸コミュニティパーク前くらいまで、あちこちに数羽浮いていましImg_5729 た。一度に出て来て、おとなしくしてくれている訳ではありませんので、数えるのには苦労します。中洲近くには、キンクロさんたちとカンムリカイツブリがいるのも見えました。風がありましたから、けっこう波立っているのですが、それをものともせずという風です。

Img_5840  キジバトは、一廻りして諸戸氏庭園前に戻って来たとき、桜の木に出て来ました。2羽が、何やら場所取りでちょっと争っているようでした。結局こちらのキジバトさんが、勝ったようです。


Img_5787  ところで、鎮国守国神社の前には、このように、提灯が飾られていました。鎮国さんのお祭りは、5月の金魚まつりですから、ひょっとしたら、さくらまつりに備えて、すでに準備されたのかという気がします。3月10日に散歩したときだったと思いますが、氏子の方々が作業をしていらっしゃいました。この準備だったのでしょう。

Img_5792  境内の梅は、木によっては盛りを過ぎてしまったものももありますし、“今Img_5791 を盛りに匂うが如し”というきもあります。いつも同じような写真になってしまうので、ちょっと工夫をと思ったのですが、どうでしょう?右の写真の中央あたりをもっとズームアップしたものが、左のものです。

Rimg00180314  鎮国さんの境内には、多種多様の梅があります。この間からお話しするようになった先代神主の奥様も、あれこれ梅を植えたというUmebachi ことをおっしゃっていました。その理由、ピンと来ていなかったのですが、今日、この光景を見て気づきました。鎮国守国神社には、松平定綱公、定信公が祀られています。定綱・定信とも、いわゆる久松松平家に属する大名なのですが、この久松松平家の家紋が、“梅鉢”なのです(右の画像参照)。こういうことで、きっと梅がたくさんあるのだろうと思います。

Img_5837  くどくて恐縮ではありますが、河津桜です。どうもこの、寺町商店街の河津桜を私は大変気に入っているようです(苦笑)。河津桜の時期、散歩からの帰りがけには、たいてい見て来ます。

|

« ボンヤリとした1日……河津桜を見て来ただけです | トップページ | カンムリカイツブリの“体操”、“梅にジョウビタキ”そしてサンシュユの花 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

この日、久しぶりに歩いて来ました。
午後も、3時前後からしばらくは鳥の活動時間帯のようです。

警戒されなかったのは、たぶん仲間のシジュウカラなどがけっこうたくさんいたことや、私があまり大きな動きをしなかったからではないかと思います。
疲れているというのは、人間サマの発想かと……。

久松松平家の家紋は、確かに、エビングハウス錯視に見えます(笑)。
私としては、家紋と梅とが結びつかなかったのに、ちょっとガッカリしつつ、「発見」に納得しつつというところです。

3/15のカンムリカイツブリの1枚目の写真、すごいでしょう?
おっしゃるように、ライオンのたてがみのようで、新しい側面の発見だ、と思いました。

投稿: mamekichi | 2015年3月16日 (月) 08時59分

mamekichi先生、こんばんは。

久しぶりの散歩らしい散歩ですね。
午後の、そんな時間にも鳥さんたちに会えるのですね。
やはり目を肥やさないと、見つけられないようだと納得しました。

警戒されないというのは、午後になって、鳥さんたちも疲れているのでしょうか。

久松松平家の家紋、“梅鉢”。
先日、衝動買いした本に載っていた、エビングハウス錯視かと思いました(笑)

今日(3/15)のカンムリカイツブリさん、顔の周りの毛が長い、オスライオンみたいですね。
イワトビペンギンに似たヘアスタイルが印象的だったので、こんなんだっけ?と不思議な感じがしました。


投稿: おユキ | 2015年3月15日 (日) 18時20分

ひらいさん、おはようございます。

お気遣い、ありがとうございます。
親の入院などがあり、大変です。
散歩写真は続けようと思っています。

さて、鳥たちの行動、以前から午前・午後でも違うということには気づいてはいましたが、なかなか奥が深いものがあります。
1つ分かると、また別の謎が出てくる感じですね。

昨日は、あまりヒヨドリは見かけませんでしたが、ひょっとしてなばなの里に皆で出張でもしていたのでしょうか?
メジロは、梅にも、河津桜にも出て来ますから、今のなばなの里なら期待できるように思います。

投稿: mamekichi | 2015年3月15日 (日) 08時48分

mamekichiさん、こんばんは!

何かと落ち着かない時も有りますよね、一息つくためにも、是非お散歩続けて下さい。と言っても撮影中は一息どころでは無さそうですね。(笑)

鳥たちの行動、午前と午後でも違う事が証明されてしまいましたね。(笑) たまにはお散歩の時間を変えると良いのかもしれません。またエナガなどの珍しい鳥さんも時間によっては、飛来してくるようですね。鳥たちの謎は深まるばかりです。

今日は午前中雨だったので、車でなばなの里、午後はいつものコースでしたが、長良川のメンバーはいつも通りでした。(^^;; また、この時期になると、なばなの里は、ヒヨドリの里になるようです。(笑) 明日辺りは、メジロとか来てくれる事を願っております。(明日も行くの?って突っ込みは無しでお願いします(笑))

投稿: ひらい | 2015年3月14日 (土) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボンヤリとした1日……河津桜を見て来ただけです | トップページ | カンムリカイツブリの“体操”、“梅にジョウビタキ”そしてサンシュユの花 »