« ツバメ見参に、カワラヒワのラブシーン……大山田川・沢南橋へ | トップページ | 桜もチラホラ、花見客もチラホラ……コゲラのオスの印も »

2015年3月27日 (金)

桑名城堀めぐりは明日から、夜桜舟めぐりもあるようです……オマケは、諸戸氏庭園横の新しい公園

Img_7579 九華公園の堀に、数日前から竹竿がきれいに並べてさしてありました。いっRimg00300327 たい何だろうと不思議に思っていたのですが、どうやらこれが完成形のようです。桑名城堀めぐり、今年は“夜桜舟めぐり”も運行されるようで、そのための灯籠がつけられていました。この灯籠、子どもたちが作ったようで、それぞれに絵と名前が描かれていました。また、金魚まつりに使われる金魚の灯籠も浮かんでいました。

Rimg00250327  その堀めぐりの案内看板ですが、よく見てみましたら、右のように“桜 咲きRimg00260327 ましたね~ なので、3月28日(土曜日)から、お堀めぐりしますね。”という但し書きが貼られていました。明日からです。バールフレンドのお二人は、「そりゃ、明日乗らなけりゃ」とおっしゃっていました(微笑)。ちなみに、今晩6時からローカルの三重テレビの情報番組で、生中継があるそうです(とってもワクドキ!)。

Img_7610  さてその九華公園の桜、やはり本丸跡の藤棚のところが開花が早いようでRimg00340327 す。他のソメイヨシノは、まだチラホラという感じでした。明日は天気もよく、暖かそうですが、まだ花見には早いように思います。

Rimg00390327  こちらのシダレザクラは観賞に堪えますが、いかんせん本数が多くありません。暖かそうですから、ブラブラ散歩に出かけるのにはちょうどよいでしょう。

Img_7585  露店も、先日北門のところに2軒設けられましたが、今日はさらに、この写真の3軒を含め、6軒ほど準備が進んでいました。花見気分が盛り上がります。子どもみたいでお恥ずかしいのですが、本当は、露店で買い食いをしてみたい気がしています(苦笑)。

Img_7554  ところで今日は(も?)、鳥たちはあまり見かけませんでした。ただ、諸戸Img_7564 水路には、カンムリカイツブリが来てくれていました。オオバンも、住吉ポンプ場のあたりに2羽。カイツブリも、オオバンもまだいてくれるようです。

Img_7635  “見返り美人”のジョウビタキのメスは、九華公園の野球場近くにいるものです。シダレザクラを見て、外周の遊歩道に向かったときに出て来ました。まるで挨拶に来てくれたように思えます。

 

Img_7599  カワラヒワは、九華公園でも、ペアで行動しているものが多いように見えました。このあたりでは、春が繁殖期のようです。しかし、さすがに昨日のように求愛給餌シーンは見られませんでした。

Img_7605  こちら、鎮国守国神社の裏にある“獅子頭”(椿の一種)です。かなり咲いてきた花が一つありました。名前を教えていただいたのがうれしくて、九華公園に行くと毎日確認しています(苦笑)。

Rimg00230327  オマケの話。わが家の近く、諸戸氏庭園と六華苑の間(以前、桑名リRimg00050327 バーサイドボウルがあり、その後すし道場があったところ)に国営公園が作られています。左の写真で“文化のシンボルエリア”となっているところです。かなりできあがってきたように見えます。以下、右の写真から3枚、番号をつけましたが、左の写真に付記した位置から撮ったものです。

Rimg00160327  けっこう広い公園になるようです。散歩をするところが増えますし、水の流Rimg00200327 れも作られるようですから、野鳥も来てくれるのではないかと期待しています。実際すでに、ツグミやら、メジロやらが入り込んでいました。地元では、「門がやたら立派だな」ということで評判になっています(笑)。

 ということで、本日の散歩は、10時前からほぼ2時間、九華公園を往復してきました。それでも、5.5㎞ほどを歩きました。例のコゲラの巣穴、今日も留守でしたが、近くでコゲラが鳴いていたり、飛んでいたりしましたから、巣として使っている可能性はあると思います。

|

« ツバメ見参に、カワラヒワのラブシーン……大山田川・沢南橋へ | トップページ | 桜もチラホラ、花見客もチラホラ……コゲラのオスの印も »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。

露店、確かに昔と比べますと、ずいぶん変わってきました。
考えてみれば、自分の子どもの頃といえば、半世紀も前、昭和40年頃ですし……(笑)。
それにこのごろは、市の観光協会も露店を出しますから、時代は変わりました。

「売り手」の経験は、病院で働いていた頃、夏祭りで俄店主になったことがあります。
ただ、おユキさんの子供会役員としてのご経験と同じく、生活がかかっていた訳ではありませんので、疑似体験といえるほどではありませんね。

獅子頭は、もちろん文字通り、獅子の頭をイメージした命名だろうと思います。
ただし、まだもっと花は開くと思いますので、本当はその時の写真を見ていただいた方がよいでしょうね。

ところで、「桜がいつ咲くのか?」というのは難しい質問ですねぇ(笑)。
確かに咲いているところを現在進行形で見たことはありませんね。
朝、散歩に出てみると、咲いていますし、次の日も同様で、さらに増えているという風ですが、どうなのでしょう?
どなたか教えてくださいませんかねぇ?

投稿: mamekichi | 2015年3月28日 (土) 13時37分

追記です。思い出しました。

子ども会の役員として、フランクフルトとラムネを売ったことがありますが、ピリピリしたところがなくて張り合いがありませんでした。
やはり彼らの「生活かかってます」というシビアさも含めて、体験したいです。

投稿: おユキ | 2015年3月28日 (土) 11時10分

mamekichi先生、こんにちは。

近頃は露店の商品も、趣が変わってきましたね。
子どもの頃は、商品もさることながら、電気やガスの元、商品が出来る工程などが不思議で、とても面白く見ていた記憶があります。

ちなみに、私は焼きとうもろこしがあったら、躊躇わずに買い食いする自信があります(笑)。

買うのも良いですが、売る側になってみたいと思いませんか?
初めての体験ばかりで面白そうです。

獅子頭、パッと見、ケイトウのように見えますが、写真を拝見する限り、花びらが鶏のトサカのようでもありますね。

先生、桜って、いつ咲くのでしょう?
毎年、気付いた時には咲いているので、朝咲くのか、昼間咲くのか、夜の間に花が開くのか、今年は気になります。

投稿: おユキ | 2015年3月28日 (土) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツバメ見参に、カワラヒワのラブシーン……大山田川・沢南橋へ | トップページ | 桜もチラホラ、花見客もチラホラ……コゲラのオスの印も »