« 戯れに……シメを描いたもの | トップページ | 桑名城堀めぐりは明日から、夜桜舟めぐりもあるようです……オマケは、諸戸氏庭園横の新しい公園 »

2015年3月26日 (木)

ツバメ見参に、カワラヒワのラブシーン……大山田川・沢南橋へ

Img_7389 ようやくツバメの写真が撮れました。とはいえ、“飛びもの”故に、これくらImg_7487 いが精一杯です(苦笑)。ツバメそのものは、しばらく前から飛んでいるのを見ていましたが、今シーズン写真に撮れたのは、今日が初めて。左の写真を撮ったのは、市内福島の水田です。このあと、大山田川の沢南橋へ行ったところ、数羽が飛んでいました。沢南橋で撮ったのが、右の写真です。あまりクリアではありませんが、ツバメと分かってはいただけるものと思います。

Img_7422  もう一つ、”スクープ写真”があります(笑)。国道1号線の宮前町交差点近くImg_7423 にある神明社の鎮守の森で撮ったものです。カワラヒワの求愛給餌ではないかと思います。カワラヒワは、緑や黄色が濃い方がオスだといいますから、右がオスで、餌を与えている方でしょう。かなり高い枝に止まっていましたし、他の枝が邪魔でしたので、これまたこれが精一杯という写真ですが、こういうシーンは初めてでした。ちなみにいったんつがいになると、夫婦仲はよいということです(改訂版鳥のおもしろ私生活、主婦の友社)。

Rimg00020326  さて、今日の散歩は、上述のように、大山田川の沢南橋へ行って来ました。Rimg00050326 カワセミや、ウグイスを狙ったのですが、これらは空振りでした。帰りに三洋堂に立ち寄って、本や雑誌を見たのですが、目的のものはまだ入っておらず。9時半から2時間半、5.2㎞ほどです。ツバメの写真を撮った福島の水田では、農家の方が機械で田起こしをしておられました。

Img_7475  ツバメと、カワラヒワのスクープはあったものの、それ以外、めぼしい鳥はいませんでした。カワセミはまったく姿を現さず、ウグイスは地鳴きは聞こえ、姿は垣間見られたものの、写真には撮れずでした。それ以外には、まずは、こちらのオオジュリンと思われる鳥が、2羽ほど。

Img_7495  あとは、このアオジくらいでした。着いたときにはやや風が強かったのですが、幸い次第に止んできましたので、橋の上にいてもさほど寒くはありませんでした。歩行者専用橋から、一瞬、イタチの姿も見えたのですが、すぐに草の陰に隠れてしまい、証拠写真はありません。

Img_7401  そのほか、途中、福島の水田では、ケリを2羽ほど見ました。ちょっと距Img_7411 離があり、かなりトリミングをしています。ハクセキレイの姿もあちこちで見ます。この頃は、つがいと思われるハクセキレイもよく見ます。

Rimg00110326  ところで、今日の散歩コースには桜の木はあまりありまImg_7531 せん。唯一といってもよいのが、この修徳小学校の桜です。正門の両側に合計3本あるのですが、向かって左の2本がかなり咲いていました。気持ちよく晴れた青空をバックになかなか良い感じです。

Img_7535  菜の花もあちこちでよく咲いています。この写真は、わが家近くの蓮見町あたりの畑に咲いていたものです。


Img_7372  福島の鋳物工場近くの空き地には、ホトケノザが群生していました。一つひとつはちいさな花なのですが、これだけ集まると見事と言えます。


Img_7547  そうそう、今日諸戸氏庭園前の諸戸水路には、ずいぶん久しぶりにカンムリカイツブリの姿がありました。居合わせた顔見知りの方が、「ゴミがなくなって、水がきれいになったからまた来たのかも知れない」とおっしゃっていました。3月15日以来です(“カンムリカイツブリの“体操”、“梅にジョウビタキ”そしてサンシュユの花”を参照)。

Img_7540  オマケ。諸戸水路の階段に実に久しぶりに“上陸者”がありました。ただし、この写真のように、カワウさんですが……。そばで、キンクロのメスが見上げていました。羨ましかったのかも知れません(笑)。

|

« 戯れに……シメを描いたもの | トップページ | 桑名城堀めぐりは明日から、夜桜舟めぐりもあるようです……オマケは、諸戸氏庭園横の新しい公園 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戯れに……シメを描いたもの | トップページ | 桑名城堀めぐりは明日から、夜桜舟めぐりもあるようです……オマケは、諸戸氏庭園横の新しい公園 »