« 臨床心理士会の研修で大阪へ | トップページ | ADHDの情報サイト……ADHD.co.jp »

2015年2月15日 (日)

九華公園は、“ユリカモメ公園”になっています(笑)

Rimg00020215 日曜ではありますが、勝手に、昨日の記事を“アカデミック・バージョン”もどきと見なし、今日は、フツーの散歩写真にいたします(笑)。気温は高く、10℃近くまで上がったのですが、陽射しはあまりなく、外では風もやや強いので、散歩中は寒く感じました。オマケに途中で、何度も雨に降られてしまいました。

Img_3297  九華公園の堀が、ユリカモメに制覇されていると書きましたが、ひらいさんImg_3292 から、カモはどこに行ったのかというコメントを頂戴しました。今日もあのスロープあたりは、左の写真のように、ユリカモメに占拠されていました。少し引いて写真を撮ると、右のような光景が展開されています。このスロープを中心と、勝手にみなしますと、中心部をユリカモメたちが占め、その周りにカモ達は追いやられている、というところです。今日ここにいたカモ達は、74羽。ユリカモメは、数えるのがイヤになって数えませんでしたが、おそらくそれを上回っていたと思います。「数は力なり」かも知れません(笑)。

Img_3287  ユリカモメ、けっこうかわいい顔をしているのに、やるときはやるじゃんというか、けっこうやるねぇ、というところです(人間サマと同じ……とは申しません……苦笑)。ユリカモメは、水に浮いた状態や、このようにどこかに止まった状態から、そのままフワッと飛べます。カモは、水をけって勢いをつけないと飛び上がれません。こういう一種の“飛行能力”の違いも関係するのかなと思います。

Img_3232  さて、こういう天候でしたので、あまり鳥たちはいませんでしたが、それでも、カンムリカイツブリは諸戸水路にやって来ていました。お気に入りの場所になったのかも知れません。

Img_3252  七里の渡し跡の前には、オオバン2羽と、コガモが数羽。オオバンは、前身ほぼ黒ずくめですので(といっても、頭部がかなり黒いのに対して、胴体は、光線の加減か、濃い灰色に見えることもよくあります)なかなかきれいに撮れません。目は赤いのですが、その目がうまく写真に写らないのです。以前、師匠から、「鳥の写真は、めが命」といわれていますので、ナントカと思うのですが、オオバンは難しいです。

Img_3267  このシロハラは、三の丸公園の西の端にいました。ここにいても別に不Img_3274 思議はないのですが、ここでは初めて見ました。さらに、近くの蟠龍櫓脇の堤防上には、メスのジョウビタキが止まっていました。あまりこういう堤防の上にはいないのに、珍しいことです。

Img_3299  こちらは、今シーズン、お馴染みというか、どこにでもいるツグミさん。どういう鳥がやってくるかは、その年によってかなり違うようです。このツグミは、九華公園の二の丸跡で撮ったのですが、この二の丸跡にも同時に2羽がよく出て来ますし、今日は、朝日丸跡など、3羽もいました。「何だ、ツグミか?!」という感じになって来ていて、ちょっと申し訳ない気がします。

Img_3333  ジョウビタキのオス。それも、5~6mのところにいました。ラッキーでした。実は、これに先立って、九華公園の土俵あたりで見かけて追いかけたのですが、逃げられてしまっていたのです。ジョウビタキのオスも、顔が黒いので、目がきちんと写った写真を撮るのが難しいことがよくあります。

Img_3352  そして、こちらは、ハシビロガモのつがい(と思います)。九華公園の堀にいるのですが、これは、たぶん餌を探しているというか、食べているところです。ハシビロガモは、その名の通り、嘴の先が広がっていて、水にそれをつけて泳ぎながら、餌を掬い取るというか、漉し取っているようです。

Img_3318_2  ところで、散歩コースのあちこちで梅が咲き始めているということは、時々書いていますが、今日は、鎮国守国神社の本殿の東の裏手にある、旧・桑名城天守台跡のところに、紅梅が咲いていました。紅梅と行っても種類がいろいろあるのでしょう、この紅梅、真っ赤です。そういう種類だと思います(不精して、調べておりませんが……)。

Img_3312  左は、鎮国守国神社の本殿脇(すぐ西)の、いつもご紹介している白梅もImg_3330 それなりに見られるほど、花の数が増えてきました。右は、奥にある九華招魂社の脇にあるしだれの紅梅。これも数日前に開花しましたが、少しずつ増えて来ています。

Img_3358  そして、そろそろ気になるのが、早咲きの河津桜。いつも通る寺町商店街沿いにあります。ここの河津桜は、平成15年6月30日に寺町堀完成記念としてイベントが開催されたとき、各小学校の木として植樹されたものです。去年(2014年)は、2月28日頃から咲きそうになり(寺町商店街の河津桜、咲きそうです……【付記】あり)、翌3月1日に、不祥私めが、開花宣言をしました(笑)(寺町の河津桜、咲きました……沢南橋ではコサギとカシラダカ、カラスの芸)。去年なみとすれば、あと半月くらいで咲きます。楽しみです。

|

« 臨床心理士会の研修で大阪へ | トップページ | ADHDの情報サイト……ADHD.co.jp »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

ユリカモメ、多いでしょう?
現場をご覧になれば、もっと笑えて来ると思います。
カモ達は、やむなく場所を明け渡したというか、明け渡さざるを得なかったというところでしょう。

勝手に、「新桑名百景」とか、「桑名鳥名所百選」とか、でっち上げてもよいかも知れません(笑)。
ただし、冬季限定ですから、通年での観光資源にはならないかもしれません。

ジョウビタキ、おっしゃるように、縄張りがわりとはっきりしているといわれますが、いつも必ずいるとは限りませんね。

いたり・いなかったり、会えたり・会えなかったりというのが、鳥撮りの醍醐味かも知れません。
会えるのを楽しみに巡回を続けましょう(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年2月15日 (日) 21時50分

mamekichiさん、こんばんは!

ユリカモメ!、凄いを通り越して、笑ってしまいました。一箇所にこれだけ集まるのは珍しいですよね。カモ達も居場所無しって感じです。この光景、桑名市の名所にしたいですね。いつまで続くのか楽しみです。なばなの里も、最近セキレイの里になってきました。と言ってもヒヨドリの方が、もっと多いですが。(笑)  駐車場も含めてなら、シロチドリかも。(笑)

この土日はジョウビタキを見かけませんでした。縄張りがはっきりしてる鳥のようなので、いつも居る所は重点的に確認しておりましたが、そううまくはいかないですね。

投稿: ひらい | 2015年2月15日 (日) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨床心理士会の研修で大阪へ | トップページ | ADHDの情報サイト……ADHD.co.jp »