« 病院で疲れるも、アオサギについての疑問が氷解しました(笑) | トップページ | 強風で眺望良し、揖斐川ではトビ……オマケは「情けは人のためならず」 »

2015年2月18日 (水)

諸戸水路にカワセミ、住吉でイソヒヨドリ、鎮国さんで椿を頂く

Img_3385 一昨日は出そびれ、昨日は定例受診でしたので、今日こそはと、このツグミさんのように勇んで、散歩に出ました(苦笑)。朝、9時20分くらいでした。諸戸水路のところでこのツグミや、キンクロさんを撮っていたら、目の前をメタリック・ブルーの鳥が、矢の如く南の方へ飛んでいくのが目に入りました。

Img_3391  そうです、玉重橋のところから、諸戸水路の南に向けて、カワセミが一直線Img_3394 に飛んでいったのです。慌てて、進路変更。諸戸水路の南の端で発見。下の嘴が赤いので、メスのカワセミです。拙宅マンションと諸戸氏庭園の間の水路にカワセミがいたこともありますから、ここに来ても不思議ではありませんが、確認できたのは初めてです。飛び姿も撮りたかったのですが、ちょっと目を離したすきにいなくなってしまいました。

Img_3402  やむなく通常の散歩コースに戻るため、玉重橋の方へ歩き始めたところ、今度は、オスのジョウビタキが出てきました。昨年暮れぐらいには、このあたりによくオスのジョウビタキがいましたので、同じ個体かも知れません。今日の散歩はなかなか恵まれているかも知れない、という気がしてきました。

Img_3448  そうしたら、何と、住吉水門の手前で、こちら、イソヒヨドリのメスが待っていImg_3454 ました。まぁ、そんな訳はありませんが、そう思えるくらいのグッド・タイミングでした。住吉ポンプ場の方へ飛んでいきましたので、追いかけて撮った写真です。正面顔は、イソヒヨドリも何となく剽軽で、笑えます。   

Img_3462  このイソヒヨドリ、あたりを移動しながら、こんな動作を繰り返していました。頭を下げて、尾を上げるという動作です。野鳥の会の“Bird Fan”には、「ジョウビタキのようにおじぎをして、尾を震わせる」と書いてありますから、それなのでしょうか。

Img_3484  七里の渡し跡を入った水路では、オオバン2羽と、コガモのオス2羽が餌を啄んでいるようでした。餌といっても、石垣に着いた藻を食べているようです。

Img_3389  藻を食べるといえば、話が戻るのですが、諸戸水路にいたキンクロさんImg_3414 達も、水路のコンクリート壁についている藻を懸命に食べているようでした。この時期、どの鳥も、餌探しが大変なのかも知れません。

Img_3492  さて、今日の九華公園は平穏でした。ユリカモメも、1羽が飛んでいるのは見ましたが、堀にはまったくおらず。キンクロさん達、カモも静かに過ごしているように見えてしまいます。

Img_3498  “例の”スロープ、今日はこのメンバー。上にいるのはホシハジロのオス、Img_3591 真ん中は、ハシビロガモのメスのように思えます。キンクロハジロのメスが来て、上がりたかったのか、ハシビロガモにちょっかいを出していました。しばらく後でまたここをみましたら、カワウが1羽、あがっていました。カワウは、野球場の照明灯の上にも2羽いましたが、先日のように大群は見られませんでした。

Img_3515  九華公園には、今日もツグミがたくさんいました。左は、二の丸跡でみらImg_3505 れた、ツグミ2羽と、右はハクセキレイが一緒になったショット。直前には、スズメもいたのですが、逃げてしまいました。すぐ近くには、ジョウビタキのメス。ちょっと遠かったので、証拠写真です。

Img_3413  そして、こちらさんにも、諸戸水路や、九華公園で出会いました。逃げ足Img_3409 は、早いです(笑)。シロハラさんです。この2枚は、カワセミを撮って、玉重橋に向かう途中で出会ったシロハラです。

Img_3582  こちらは、九華公園で、樹上に出て来たシロハラです。私に驚いて、逃げたところです。

Img_3540  ところで、九華公園内にある鎮国守国神社の梅は、かなり咲き始めていImg_3544 ます。左は、いつも見てくる、本殿のすぐ脇にある白梅の木です。開花はかなり進んで来ています。右は、天守台の前の紅梅。こちらは、深紅の花です。

Img_3550  次いで、九華招魂社に入る参道の脇にある紅梅。ピンク色がきれいでしImg_3553 た。右は、そのすぐ西にある白梅。これらの2本は、あまり陽が当たらないところにあるのですが、ようやく咲いてきました。

Img_3557  九華招魂社の西にある、しだれになっている紅梅の花もかなり咲いてきています。この梅は、満開になると見事です。と、梅を見て、写真を撮っていましたら、神社の先代の神主の奥様に話しかけられました。前から、ご挨拶はしていましたが、今日は、境内に植えられている梅、椿や、侘び助、葵などなど、案内してもらい、説明もしてもらいました。30分ほども話し込んでしまいました。

Img_3567  ちょっと花が痛み始めてしまっていますが、これも椿だそうです(こちらに絞り系の椿の一覧があります。蝦夷錦などがにているように思います)。このほか、乙女椿や、獅子頭(寒椿)などもあるということを伺い、帰り際には、花が咲きかけ、また、つぼみがいくつか付いているつばきの枝を折ってくださいましたので、ありがたく頂いてきました。

Rimg0016  ということで、日曜以来の散歩でしたが、充実していました。神社で話し込んでしまい、11時を過ぎましたので、貝塚公園には行かず、九華公園を一周して、寺町で河津桜を確認して帰ってきました。それでも、カワセミやイソヒヨドリを追いかけたので、5.4㎞を歩いて、12時前に帰宅。

|

« 病院で疲れるも、アオサギについての疑問が氷解しました(笑) | トップページ | 強風で眺望良し、揖斐川ではトビ……オマケは「情けは人のためならず」 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

福島のポンプ場にいたカワセミはオスでしたので、別のカワセミです(本文に引用した2012年2月のキジをご覧いただくとお分かりいただけます)。
カワセミの雌雄は、おっしゃるように、下の嘴の色で区別できます。

ところで梅の花はあちこちで咲き始めましたよ。
また暖かい日にご覧になるとよろしいかと思います。

寺町の河津桜は、つぼみは膨らんできてはいますが、まだまだのようです。
去年は、3月1日に開花しています。

投稿: mamekichi | 2015年2月19日 (木) 13時35分

ひらいさん、こんにちは。

本文にも書きましたが、カワセミは、わが家の北(諸戸氏庭園との間)の水路にも来ていたことがありますので、身近なところにも出没しているようです。
長島も水路がありますから、いるように思いますが、どうでしょう?

イソヒヨドリには、「もっとこっちに来い!」と念じたら、住吉ポンプ場のところで目の前10m位のところに来てくれました。
願ってみるものですね(笑)。
お陰で、こんなにクリアに撮れました。
おっしゃるようにゾクっとします。

投稿: mamekichi | 2015年2月19日 (木) 13時32分

カワセミは福島ポンプにいるのと同じカワセミさんでしょうか、
近い距離だから諸戸氏庭園にいてもおかしくないですね。
カワセミの雄雌の違いは下の嘴の色の違いなんですね。
梅の花も咲きだしたんですね、寒いから出かけても買い物にだけ行って帰ってきてしまいます。
河津桜はそろそろ咲きだす頃かな?と気になります。

投稿: ミリオン | 2015年2月19日 (木) 13時22分

mamekichiさん、おはようございます!

身近な所にも、カワセミがいるのですね、羨ましい限りです。こちらでも思わぬ所にいるかもしれないので、じっくり確認してみたいです。ジョウビタキやイソヒヨドリも出て来て、中々のラインナップでしたね。このイソヒヨドリ、模様がクッキリしてて、ちょっとゾクっとしました。笑)

投稿: ひらい | 2015年2月19日 (木) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病院で疲れるも、アオサギについての疑問が氷解しました(笑) | トップページ | 強風で眺望良し、揖斐川ではトビ……オマケは「情けは人のためならず」 »