« 久しぶりのイソヒヨドリ、お立ち台のアオサギ、フツーのカイツブリ……今日も諸戸水路にはカンムリカイツブリ | トップページ | 「日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント-代表的な指標パターンの解釈と事例紹介-」を読む »

2015年2月 7日 (土)

ウグイス、アカハラ(初見)、ベニマシコ、オオジュリン……沢南橋へ行って大正解

Img_2005  今日も、晴れて、風も弱く、暖かい日になりました。15時現在、最高気温はRimg00060207 8.7℃、南東の風0.9m/sとなっています。冒頭の2枚は、福島地内の小さな梅林で撮ったものです。ここの梅も、いつも割と早めから咲き始めます。紅梅の方が、よく咲いていました。

Img_2162  臘梅は、播磨のあるお宅に咲いていました。甘い香りがあたりに漂っており、上の梅ともあわせて、春を感じさせてくれました。今日は、いつもとはルートを変えて、沢南橋から、甚内ポンプ場、伊勢大橋の下をくぐって、揖斐川沿いを住吉神社まで戻って来ました。5.4㎞、9時から11時過ぎの散歩でした。

Img_2058  さて、今日は、散歩コースを変えて、大正解でした(大笑)。というのも、密かImg_2061 に期待してはいたものの、まさか実現するとは……。ウグイスです(たぶん間違いはないでしょうが、そうたびたび見た訳ではありませんから)。沢南橋のところにある大きな木に出て来ました。もう少しはっきりと、きれいに撮りたいところですが、まぁ、写真に収められただけで、今日のところは良しとしましょう。

Img_2077  ウグイスに匹敵する、もう一つは、こちら、アカハラです。初見・初撮影です。ひらいさん流にいえば、「鳥図鑑プラス1」です。シロハラとともに、ツグミの仲間ですから、歩き方など、よく似ています。それにしても、まさかここでアカハラに遭遇するとは、予想外でした。

Img_2110  続いては、先日、ここで確認したベニマシコのオスです。30mあまり先にいる15cmほどの鳥ですので、これが精一杯です。止まっている草の穂を食べているのか、嘴にくわえたり、嘴で払うようにしたりしていました。もう少し近づいて、クリアに、きれいに撮りたいものです。

Img_2072  時々ここに出てくるアオジのオスです。

Img_2129  こちらは、オオジュリンのメスです。やっとかなり接近しImg_2119 て、割とはっきりした写真を撮ることができました。色、模様、とくに顎のあたりの褐色の模様から見て、間違いないと思います。右は、上のウグイスと同じ木に出て来たところです。最初は、スズメかと思ったのですが、パソコンで見て確認した次第です。

Img_2045  そのほか、カワセミも見たのですが、上流に飛び去って行き、それでオシImg_2122 マイでした(苦笑)。残念ですが、またの機会にということ。キセキレイもいたのですが、ご覧のように、証拠写真。メジロも数羽が行き交っていました。右はたまたま撮れた飛び出し写真です。

Img_2084  いつの間にか、コサギが沢南橋近くの電線上に来ていました。このあと、Img_2089_2 すぐに飛び立って、あたりを一廻りしてどこかに去って行きました。

Img_2090  これも同じコサギです。自分で書くのも何ですが、鳥の飛ぶ姿はきれいですし、よく撮れていると思います(狙いはしましたが、たまたまです……笑)。背景の電線がなければ、もっとよかったのですが。

Img_2128  そうそう、いつものところに、いつものように、コガモたちが日向ぼっこしていました。このように、いつものところに、いつものように、いつもの鳥がいると、ホッとします。

Img_2184  ところで、このあと甚内ポンプ場から、伊勢大橋へと回りました。甚内ポンプ場近くの揖斐川には、オオバンが、合計3羽。しかし、遠くからそっと見ている積もりなのですが、逃げ足の速いこと。感心します。

Img_2187  ここには、ダイサギが飛んできたのですが、私の姿を見たからか、降りることなく、逃げて行きました。つられて、入江にいたカルガモたちも慌てて10羽ほどが飛んで逃げてしまいました。

Img_2216  伊勢大橋を潜って(文字通りであります。ここを通るときは、国道を渡るよりも、橋の下を通ってしまうことが多いのです。いたずらっ子に戻ったような気がして、楽しいのです)、下流側に来たら、アオサギが川面を飛んでいました。何枚か撮った中に、アオサギが飛んでいる背後にカンムリカイツブリが泳いでいるものがありました。

Img_2228  そのカンムリカイツブリ、今日も、諸戸水路に来ていました。よほどここがImg_2231 気に入ったのでしょう(笑)。私としては、散歩の楽しみが増えてよいことです。

Img_1998_2 昨日、ようやく、発注していた“日本版WISC-Ⅳによる発達障害のアセスメント-代表的な指標パターンの解釈と事例紹介(日本文Img_2168 化科学社)”が届きました。まだざっと眺めただけですが、これまで2冊出版されているWISC-Ⅳの翻訳書に比べ、当然ではあるものの、日本版WISC-Ⅳに即して記述されており、また、事例も日本の子どもたちの事例ですので、読みやすく、有用ではないかと思います。また、ご紹介したいと考えています。

|

« 久しぶりのイソヒヨドリ、お立ち台のアオサギ、フツーのカイツブリ……今日も諸戸水路にはカンムリカイツブリ | トップページ | 「日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント-代表的な指標パターンの解釈と事例紹介-」を読む »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、おはようございます。

紅梅に、福寿草とはいよいよ春も間近ですね。
シジミ君やりんちゃんのお世話もいろいろと大変な要ですし、お人形作りもお忙しそうです。
私も、お庭の様子を拝見したいとは思っていますが、あまりご無理のないようにお願いします。

投稿: mamekichi | 2015年2月 8日 (日) 09時33分

ひらいさん、おはようございます。

昨日は、暖かくて、風も弱かったので、「沢南橋へ行ってみよう」と思いついたのです。
正解でした(笑)。
カワセミは残念でしたが、あそこにあるコンビニの大○屋のご主人に話しかけられたときで、追えませんでした。

ウグイス、まだ鳴きませんが、いました。
諸戸氏庭園からわが家のマンションの木に出てくるのもいますが、沢南橋の上流にある歩行者専用橋のところの方が確実に見られます。

アカハラはおっしゃるとおり。
シロハラもいますから、何だかテキトーに名前をつけたように思えます。

カンムリカイツブリさんは、何日か続けてきています。
静かなところで、他の鳥も少ないので、居心地がよいのでしょうか。

カワウの大群、拝見しました。
ビックリです@@

投稿: mamekichi | 2015年2月 8日 (日) 09時30分

我が家でも紅梅が咲き始めました。フクジュソウも咲き始め、もう冬も半ばが過ぎて、あとは着々と春を待つだけなんですね。
去年から、あれやこれやと忙しく感じるのは、それだけ自分が年を重ねて動きがのろくなったんだろうなぁと、感じるこの頃。 庭の移ろいをもっとゆっくり味わいたいと思いますね。

投稿: チーママ | 2015年2月 8日 (日) 01時54分

mamekichiさん、こんばんは!

今日は、レアな野鳥のオンパレードではないですか! そして鳥図鑑+1達成おめでとうございます。(笑) カワセミもゲット出来てたら完璧な一日だったのではないでしょうか。

ウグイス、鳴き声と見た目が随分印象違いますね。メジロがあの鳴き声だと良い感じがしますね。(ウグイスさんごめんなさい(笑)) アカハラ(赤腹)、見た目はそのまんまですね。(笑) 野鳥の名付け方法は結構アバウトだと判ってますが、笑えてきます。これならクロカオでも良かったような気もしますし。

カンムリカイツブリ、近くに棲みついていただけたようで、羨ましいです。これで、ご近所さんですね。(笑)

カワウの大群を速報でアップしました。そして!、本日岐阜の山奥で「イカル」を撮影しました!急ぎ更新しますのでお待ち下さい。

投稿: ひらい | 2015年2月 7日 (土) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのイソヒヨドリ、お立ち台のアオサギ、フツーのカイツブリ……今日も諸戸水路にはカンムリカイツブリ | トップページ | 「日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント-代表的な指標パターンの解釈と事例紹介-」を読む »