« 梅にメジロ、河津桜も開花近しか? | トップページ | カルガモも体操、ツグミはバトル »

2015年2月24日 (火)

河津桜は一輪綻ぶ、久々のミサゴ

Rimg00110224 陽射しがある分だけ、昨日よりも暖かく感じられます。12時50分には、12℃Img_4474 ちょうどになっています。どちらをトップにしようか、迷ったのですが、河津桜にしました。昨日、“梅にメジロ、河津桜も開花近しか?”と書きましたが、今日見てきたら、一輪だけ、花が開いていました(喜)。寺町商店街の北の荷捌き広場のもっとも北にある木です。下向きに咲いていますので、見落とさないよう気をつけなければなりません。

Img_4490  もう一つ、トップにしたかったのは、こちら。久々に猛禽類を見ました。色・模Img_4491 様や、尾羽の形からみて、ミサゴであろうと思います。揖斐川方面から、諸戸氏庭園上空へやって来て、そこで北に方向転換して、飛び去りました。大きなボラを捕まえてきたようです。曇り空を背景にしていますので、今ひとつきれいに撮れませんでした。

Rimg00020224  さて、今朝は、早くに目が覚めてしまい、睡くて仕方ありませんでしたので、朝からゴロリとしていたりして、散歩に出たのは、10時半(苦笑)。この時間からですと、鳥たちの活動時間もほぼ過ぎつつある頃です(大体、10時前から11時近くによく出てくるように思います)。住吉神社から、七里の渡し跡、九華公園を一廻りして、寺町に立ち寄り、諸戸水路沿いを戻って来ました。1時間半ほど、4.5㎞でした。

Img_4437  九華公園、予想通りあまり鳥は見られませんでした。ツグミや、ハト、ヒヨImg_4452 ドリくらい。例のスロープには、昨日よりも多いカメたちが、甲羅干ししていました。ここには11匹ほど写っていますが、このほか、堀の中にも数匹が浮いていました。

Img_4442  今日もユリカモメの姿は見られませんでしたが、キンクロなどカモさん達Img_4438 は、いつもと同じくらいの数がいました。このところ、キンクロさん達のこういう姿が、よく見られるようになりました。右の写真のキンクロさんは、逆さまになって堀に突っ込んで水しぶきを立てています。たぶん、羽をきれいにしたり、羽繕いをしたりしている行動の一つなのだろうと思います。暖かくなってきましたから、旅立ちの準備か?などという気もしてしまいます。

Img_4428  ジョウビタキのメスは、蟠龍櫓の前の三の丸公園に出て来ました。歩いてImg_4482 いたら、目の前を矢のように飛んできて、姿を見せてくれました。私のことを覚えてくれ、わざわざ来てくれたのでしょうか? まぁ、そう思っておくことにします。オスのジョウビタキは、諸戸水路の南の端(寺町に近い方)にいました。

 今日は、夕方前に、歯医者に行かねばなりません。今月初めの定期検診で見つかった虫歯を治してもらいます。今月見つかった不具合は、これですべてオーケーとなるはず。今週は、木曜日の午前中に桑名市の通級指導教室の先生方を対象に、KABC-Ⅱについての研修会です。12月に予定されていたのですが、大雪で延期になっていたものです。

|

« 梅にメジロ、河津桜も開花近しか? | トップページ | カルガモも体操、ツグミはバトル »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

寺町商店街の河津桜、去年より1週間ほど早く、綻び始めました。
今まで最も早かったのは、2月中旬というのがあったように記憶しています。

2/21のカワセミ、ラッキーでした。
その前のときと同じあたりに止まってくれました。
飛んでいるところや、求愛給餌を撮りたいと思うのですが、なかなか難しいです。

ミサゴは、ボラやコイなど、結構大きい鳥を狙います。
以前は、揖斐川右岸上空を、魚を鷲づかみにして飛んでいくところを撮ったことがあります。
今日は、散歩から帰って、諸戸氏庭園前で、カンムリカイツブリを撮っていたら、上空に何やら大きな鳥が来たと思って撮ったら、ミサゴでした。
ほぼ毎日、何かしら鳥の良いショットを撮らせてもらえ、ラッキーです。

投稿: mamekichi | 2015年2月24日 (火) 20時24分

おユキさん、こんばんは。

ミサゴは、海岸や河口で見られ、ボラやコイを狙って、わしづかみにして持ち去ると、図鑑に書いてあります。
今日のミサゴも、ボラと思われる魚を鷲づかみにしていました。
猛禽類は、カッコイイです。
ただし、配達はしてくれないと思います(笑)。

キンクロさん、以前は、キンクロ体操などと書いていましたが、暖かくなってきて以来、あちこちで体操をしていますので、渡りの準備かという気がしてきました。
餌も食べて、体力をつけないと行けないのでしょうが、諸戸水路でも壁面に着いた藻まで食べています。

鳥さん、朝は、たぶん10時前後がもっともよく見られる気がします。あまり早くてもいませんし、昼に近い時間帯も姿が見られません。
10時前後が多いようです。

午後は3時くらいが多いかなと思いますが、午後はあまり鳥見には行きませんので、よく分かりません。

鳥が出てくるところは、種類によってかなり決まっています。
お時間がおありでしたら、しばらく観察なさり、どういう鳥がどこに来ているかを見つけられるとよいのですが。

投稿: mamekichi | 2015年2月24日 (火) 20時20分

この地方の河津桜もほころび始めたのですね。
先日のカワセミ、綺麗に撮られてすごいです。
枝が邪魔にならない場所に停まってくれてよかったですね。

ミサゴという鳥、大きな魚を獲るんですね。
その瞬間を撮られるmamekichiさんもすごいです。

投稿: こころん | 2015年2月24日 (火) 17時22分

mamekichi先生、こんにちは。

ミサゴ・デ・アロウ氏(ミサゴであろう猛禽類さん)は、大した漁師さんなんですね。
「お魚デカッ!」と、驚いて声が出てしまいました。
うちに届けてくれないかしら。

左のキンクロさん、なんて可愛いのでしょう。
旅立ちの準備か、などと書かれていると、準備体操に見えてくるものですね。
「今季は新記録に挑戦だ~」と張り切っているようにも思えます。

やはり、鳥さんたちに会えるのは朝ですか。
環境的には恵まれているはずなので、いるかな?と、見渡してみることもあるのですが、行動時間が合わないのですね。


投稿: おユキ | 2015年2月24日 (火) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅にメジロ、河津桜も開花近しか? | トップページ | カルガモも体操、ツグミはバトル »