« かもめの水兵さんに、カワウの水兵さん(笑)……保育園の子どもたちに元気をもらう | トップページ | 氷点下の朝、白梅、綻び始める……ジョウビタキとホオジロのコラボ、キンクロ上陸、シロハラとカワラヒワの入れ替わり(笑)など »

2015年1月28日 (水)

ユリカモメ、今日は九華公園に、ヒヨドリは懸命に餌探し

Img_9899  昨日は揖斐川に並んで浮かんでいたのですが、今日は、九華公園に現れまImg_9911 した。ユリカモメ達です。実は、パン屑を与えている女性お二人がいたのです。もう何年も鳥たちを見続けていますが、鳥たちの行動は、まだ分からないところが多々あります。

Rimg00020126  さて、昨日は確か12℃を超えていたのですが、今日は、6.6℃が最高気温だったようです。それに加えて、風も強いこと。日中の最大風速は、Img_9933 7m/s弱もあったようです。午前中はいつものように、散歩に出かけました。市内萱町にある菅原神社と、法盛寺にお参りしてから、貝塚公園と九華公園を回って、6.6㎞ほど歩いて来ました。9時15分から2時間あまりです。

Rimg00150128  こちらがその菅原神社です。その名前の通り、もちろん、菅原道真公をRimg00180128 祀っています。小さな神社です。右は、境内にある“臥牛石”です。宝暦年間(1751年から1763年まで)に桑名出身の大阪の豪商が寄付したとありました。ここにお参りしたのは、来週、娘がある試験を控えているからです。まぁ、親バカの一つです(苦笑)。親バカの方が、バカ親よりはマシ、などと勝手に思い込んでいます。


Img_9977  今日は、久しぶりにジョウビタキを見られました。左のメスは、吉之丸コミュImg_0033 ニティパークで撮ったものです。右は、七里の渡し跡から、船津屋の裏手にいたものです。メスの方は、けっこう近いところを、樹上と地面とをいったり来たりしており、“手乗り状態”に近いものがありました。

Img_9868  鎮国守国神社の本殿の前あたりにいたヒヨドリです。センダンの実でしょImg_9877 うか、口にくわえていました。何度かくわえ直していましたが、そのうち、右の写真のように、飲み込み始めました。結構大きいので、きちんと飲み込めるのか、写真を撮りながら、心配になっていました。

Img_9880  しかし何とか大丈夫だったようでした。左の写真は、飲み込んだ直後のものです。猛禽類など、肉食の鳥は、獲物を食いちぎって食べますが、それ以外は、ほとんどが丸呑み、鵜呑みです。

Img_0085  ヒヨドリといえば、一廻りしてわが家のマンションの公園まで帰ってきたImg_0077 ら、1羽が盛んに餌を啄んでいるようでした。実ではなく、草を突いて、食べているように見えました。

Img_0008 七里の渡し跡の前では、オオバンが1羽やって来て、堤防のコンクリートに付着した苔というか、水草というかを、突いて食べていました。 ここには、時々オオバンがやって来ます。今日は、オオバンの他には、キンクロさんも数羽、波に乗ってチャプチャプしていました。

Img_9848  シロハラは、貝塚公園で撮ったものです。シロハラは、「キョッ キョッ」というような地鳴きをしますので、どこにいるか、大体は、どこにいるのか見当が付くようになりました。

Img_0062  ところで、こちら、誰でしょう? これは分かりやすいかも知れません。Img_0063 撮ったのは、拙宅マンションの公園。右の写真のように、ヒヨドリでした(笑)。

Img_0065  どうもこのような体勢で、花の蜜でも吸っていたように思えます。尾で、自分の体勢を支えていたと推測されます。


Img_0068  上の写真のすぐあとのショットです。「えっ? 何か?」という感じの表情です。こういうショットを撮ると、鳥見や、鳥撮りはやはり止められません(笑)。

Img_9923  もうお一方、こちらは誰でしょう? この方がもっと分かりやすいかも知れImg_9927 ません。お馴染み、キツツキの中間、コゲラさんでした。右のような写真も撮れました。こういうところを突いているのは、餌を探していると思われます。

Img_9921  ということで、こちらコゲラさんというのが、正解であります。このショットは、見慣れたものでしょう。


Img_9964  今日は晴れて、風も強かったので、遠くの景色もよく見えました。左は、名古屋駅前の高層ビル群と、アルプスの山並みです。望遠を使っておりましたので、圧縮効果が出て、高層ビルのすぐ後にアルプスがあるように見えます。

Img_9841  左の写真のように、木曽御嶽山もよく見えていましたし、鈴鹿山脈の御在Img_9837 所岳も割とよく見えました(右の写真)。


Img_9974  来週半ばまでは、寒気が居座るという予報です。寒いのはかないませんが、来週になれば、節分、そして、立春を迎えます。まだ梅Img_9951 は咲いていませんが、春はもうすぐかと思うと、寒さにも耐えられそうです。左は、蟠龍櫓あたりから見た住吉神社と、雪山。右は、揖斐川堤防を飛んでいたウミネコです。

 今日は、午後から、所要があって、実家に行っておりました。帰り道、伊勢湾岸道の名港中央と飛島の間、トリトンの橋の上で事故があり、渋滞に巻き込まれてしまい、疲れました。渋滞距離は、約2㎞でしたが、あの高い橋の上をノロノロ運転というのも、けっこうしんどかったです。

|

« かもめの水兵さんに、カワウの水兵さん(笑)……保育園の子どもたちに元気をもらう | トップページ | 氷点下の朝、白梅、綻び始める……ジョウビタキとホオジロのコラボ、キンクロ上陸、シロハラとカワラヒワの入れ替わり(笑)など »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かもめの水兵さんに、カワウの水兵さん(笑)……保育園の子どもたちに元気をもらう | トップページ | 氷点下の朝、白梅、綻び始める……ジョウビタキとホオジロのコラボ、キンクロ上陸、シロハラとカワラヒワの入れ替わり(笑)など »