« CHC理論の広範能力に依拠した解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(2/3)【文献を追加しました(1/25)】 | トップページ | かもめの水兵さんに、カワウの水兵さん(笑)……保育園の子どもたちに元気をもらう »

2015年1月26日 (月)

シメ、カワラヒワ、コゲラ、シジュウカラなど……カモは少なし

Rimg0002 朝のうちは、薄日も差していましたが、次第に雲も厚くなり、昼過ぎには一時小雨もぱらつきました。夕方には本格的に雨となりそうです。しかし、午前中であれば天気ももつだろうと思い、いつものように散歩に行ってきました。

Img_9458  今日はまず、この写真から。さて、 いったい誰でしょう? 撮影場所は九華公園の朝日丸跡です。

Img_9519  ついでに、もう1羽。こちらは、誰だと思われますか? どちらも答えは、末尾に。


Img_9428  散歩は、いつものように、九華公園、貝塚公園を周り、諸戸水路を通って、Img_9429_2 6.5㎞。途中でアピタによって買い物をしたこともあって、たくさん歩いて来てしまいました。今日は、諸戸水路でも、九華公園でも、キンクロの姿があまり見られませんでした。諸戸水路では、2箇所合わせて2羽、九華公園でも、51羽でした。どこかよそへ行っていたのでしょう。そういえば、キンクロの上陸も、この頃ありませんねぇ。

Img_9433  途中、三の丸公園の脇、本多忠勝像の近くで、コゲラとシジュウカラの混Img_9436 群に出会いました。シジュウカラは、ちょっと枝が被ってしまい、今ひとつの写真です(苦笑)。

Img_9439  シジュウカラといえば、この写真で改めて思ったのですが、足というか、足の指が大きいのです。身体の大きさからすると、不釣り合いなほどの大きさ。それに、指先の爪も鋭い。しかし、このお陰で、木や枝などにしっかり掴まることができ、アクロバティックな姿勢も可能にしているのでしょう。ヤマガラなども同様です。

Img_9471  今日は、あちこちでカワラヒワを目撃しました。それも、いつものイメージImg_9531 とは若干異なる姿をとらえたのです。左の写真は、鎮国守国神社のところで餌を啄んでいたものですが、首を伸ばして、何だかスマートに見えます。右は、内堀公園近くのお宅の庭木にやって来たカワラヒワ。こちらも、すらっとした姿が印象に残りました。

Img_9483  シメは、貝塚公園で出て来ました.普段、貝塚公園ではあまりシメは見かImg_9487 けませんが、餌を探してやって来たのでしょうか。左の写真で背後にいるのは、キジバトです。右は、このシメが別のところに移動したときのものです。どちらも、嘴のあたりが汚れており、懸命に餌を探していることを伺わせます。

Rimg0009  今日は、このほか、九華公園などでメジロも見たのですが、ピンぼけ写真ばかりでした(涙)。ジョウビタキは、貝塚公園でオスを見たものの、すぐに逃げられ、写真には撮れず、でした。これらの他は、あまり鳥はいませんでした。陽射しが十分ではありませんし、雨が降ってくるということですから、そのせいかも知れないと思います(本当かどうかは、分かりません)。

Img_9462  ところで、冒頭の問題、最初の鳥は、ツグミです。たまたま餌を突いているところと思いますが、屈んだのを後から撮ったということです。左の写真は、2枚目の写真と同じツグミです。最近、何度も書いていますが、今年は、ツグミを至る所で目撃します。今日も、九華公園だけで3~4羽見ましたし、諸戸氏庭園でも確認しました。

Img_9520  2つ目の問題の鳥は、これをご覧になると、このブログをいつもお読みくImg_9504 ださる方にはお分かりかと思います。シロハラです。ツグミと同様に、シロハラが、餌を啄もうとしたときにシャッターが切れたという次第です。右の写真が、このシロハラです。

Img_9545  シロハラは、諸戸水路沿いの植え込みにも出て来ました。ここで見るのは初めてですが、わが家のマンションの庭に来ていたこともかつてはありましたので、いても不思議はないと思います。

 メジロや、ジョウビタキなどきれいな鳥の写真も撮りたかったのですが、まぁ、こういう日もあるでしょう。ブログのタイトルの下に“淡々と飽きもせず……”と書いていますが、何事もそのようにして行くしかありません(微笑)。

|

« CHC理論の広範能力に依拠した解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(2/3)【文献を追加しました(1/25)】 | トップページ | かもめの水兵さんに、カワウの水兵さん(笑)……保育園の子どもたちに元気をもらう »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

ベニマシコに限らず、他の鳥たちも、光の加減で印象がずいぶん異なります。
オオバンのような真っ黒と思っていた鳥でもそうです。
ベニマシコは、冬によく見られるようです。

鳥も、バードウォッチングの雑誌を見ていますと、遺伝的にごく近い種の間では雑種があるようです。

見分けにくいといえば、カモなどはエクリプスという現象があり、日本にわたってきた頃は、オスがメスのような羽の色をしていることがあります。
オス・メスの見分けが付かないとか、どの種類なのか判別しにくいことがあります。

投稿: mamekichi | 2015年1月27日 (火) 15時22分

こんにちは
なるほど、ベニマシコ、光の加減かちょっと異なって見えますね。
鳥のおもしろ私生活によると、今がシーズンみたいですね。

最近、思うのですが人に飼われてる犬や猫は雑種とか多いですが
鳥って犬や猫より自然の中にいて雑種とか出現しないものなのでしょうか。
鳥と種類がくくられていても遺伝子的に違って難しいのかもしれませんね。
種類が近くて雑種が出てきたら見分けが付きにくくなりますね。

投稿: こころん | 2015年1月27日 (火) 11時52分

おユキさん、こんばんは。

ウケていただけたようで、幸いです(笑)。
ツグミが餌を突いていると思われたシーンを連続して撮ってきた中にあった1枚です(連写ではありませんが)。私は、その場で液晶ビューで画像を確認するというのはほとんどせず、もっぱら帰ってきてのお楽しみ(パソコンに取り込んで確認する)としています。

鳥はしゃがみ込んだりはしないと思いますので(見たことがありません)、餌を採るのも大変なときがあるのでしょうね。けっこう笑えるシーンに遭遇します。ただ、写真に撮れないこともよくあります(苦笑)。

ジョウビタキのヒートテックには、撮った本人である自分がもっともビックリしたかも知れません(笑)。今度出会ったら、伝えておきます。

投稿: mamekichi | 2015年1月26日 (月) 19時01分

mamekichi先生、こんにちは。

初っ端から大爆笑しました。
ツグミさんだったんですねぇhappy02
前屈で手が地面に届くように、ズルして足を広げたところを、
後ろから見られてバレちゃった、という感じがしました。
当のツグミさんは、餌をついばむ当たり前の格好なのでしょうけども。
いや~、笑いすぎてお腹が痛くなりました。

先日のヒートテック・ジョウビタキさんも、下着を見られて
「あらやだ、見たのね」というお顔をされていたので、
機会があったら、謝っておいてください。

あー、笑い疲れたnotes

投稿: おユキ | 2015年1月26日 (月) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CHC理論の広範能力に依拠した解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(2/3)【文献を追加しました(1/25)】 | トップページ | かもめの水兵さんに、カワウの水兵さん(笑)……保育園の子どもたちに元気をもらう »