« カワセミ、キセキレイ、コサギ、アオジ、ジョウビタキにトビ……大山田川・沢南橋へ【不明の鳥は、ベニマシコとオオジュリンと判明、加筆修正と付記しました(1/14)】 | トップページ | 今日は、“雨読の日” »

2015年1月14日 (水)

とうとう九華公園でもキンクロさん上陸を確認

Img_7475_2  とうとうやってくれました。九華公園でキンクロさんの上陸を確認しましImg_7490_2 た! 場所は、あのカメの甲羅干しスロープでのことです。ふと見ますと、左の写真のように、1羽のキンクロのメスが上り始めていたのです。しかし、キンクロさんの足は、やはり泳ぐためにあるようです。スロープだから余計にということは割り引くとしても、歩き方は下手でした。よちよち歩き以下、くらい。しばらく苦労した後に右の写真のようにかなり上まで登っていきました。

Img_7499_2  驚いたことに、その直後、もう1羽のキンクロのメスも登り始めたのです。Img_7505_3 ただ、やはり安定しないのか、尾羽でスロープを押さえて、バランスをとっているように見えます(左の写真)。しばらく苦労した後、右の写真のようにどうやら安定して立っていられるようになっていました。

Img_7519_2  ところが、このあとからスロープに登ったキンクロさんのところに、別のキンクロがやって来て、何か言っているようです。いわれた方のキンクロも、そちらに視線を向けており、気になることを言われたのかも知れません。

Img_7520_2  決定的瞬間を撮り逃してしまって、残念なのですが、2番目に登ったキンクロさん、このあと、スロープの向こう側から堀の中に転落してしまいました。左の写真では、ホシハジロの向こう側の下にキンクロがいます(ホシハジロの陰にわずかに褐色が見えるのがそれ)。この2番目に登ったキンクロさん、スロープの向こう側へと移動して行ったのですが、バランスを崩して、堀に落ちたという訳。キンクロの上陸もなかなか苦労があるようです。

Img_7558_2  しばらく見ていたのですが、このあとはスロープに登ろうというキンクロは出現しなかったようです。この写真は、二の丸跡を一回りして来てから撮ったものですが、上から順に、キンクロ、ハシビロガモ、ホシハジロと3羽が並んでいました。

Rimg00020114_2  さて、今日の散歩は、九華、貝塚、内堀南、新築、老松と公園巡りでしImg_7624_2た。8時50分から11時少し前まで、5.9㎞。曇りがちで結構寒いというか、冷たい感じです。帰り道に通った諸戸水路の南端(寺町に近いところ)では、水路に氷が張っていました。今朝は、-0.5℃だったようです(6時20分)。

Img_7539_2  昨日が幸運に恵まれすぎましたので、今日は控えめでした(笑)。それでImg_7562_2も、九華公園では、ジョウビタキのメスが2羽出て来ました。二の丸跡(左)と、鎮国守国神社の手水場(右)のところです。

Img_7547_2  二の丸跡には、ツグミが2羽と、シメが1羽(シメは写真には撮れませんでした)。ツグミは、寒いせいか、ふっくらしており、あまりツグミというイメージではありません。

Img_7609_2  貝塚公園では、シロハラが2羽。この写真の個体、最初は、餌捕りに夢中になっていたためか、私に気づかず、けっこうたくさんの写真を撮らせてくれました。もう1羽には、逃げ回られてしまい、写真は撮れず。

Img_7627_2  カワラヒワは、このところ九華公園でも、そのほかのところでもあまり見かけなくなっています。餌のあるところへ移動したのでしょうか。九華公園でもいない訳ではありませんが、かなり数は限られています。この写真は、諸戸水路脇の桜の木に出て来た2羽です。近くのお宅の庭から出て来ました。
Img_7618_2  貝塚公園で、高い梢に止まっていました。何だかよく判別できなかったのですが、「とにかく撮っておこう」ということで撮ったものです。はっきりしませんが、ホオジロのように見えます。

 今日の野鳥は、これくらい。昨日とは、落差がかなりあり、ちょっと残念というか、淋しいというか。

Img_7582_2  ところで、こちらは、九華公園の本丸跡のトイレの裏側で見た、ネコ3匹の光景。何だか妙に迫力が感じられました。ネコに一斉に注目されると、ビビリそうです。

Img_7631_2  この光景は、もうかなり馴染みになっています。諸戸水路でのキンクロさんの上陸です。それにしても、キンクロで上陸するのはメスばかり。なぜでしょう? 

Img_7640_2 Img_7641_2  今日は、この上陸キンクロ(上の写真からは、“半上陸“くImg_7642_2 らいかも知れません)、静かに降りて泳いで立ち去っていきました。

Img_7449  木曽御嶽山です。今日はわが家からも、揖斐川沿いからもよく見えました。火山活動は収まって来てはいるものの、まだ、噴火の可能性はあるというニュースがありました。今日もまだ白煙が上がっているように見えます。

|

« カワセミ、キセキレイ、コサギ、アオジ、ジョウビタキにトビ……大山田川・沢南橋へ【不明の鳥は、ベニマシコとオオジュリンと判明、加筆修正と付記しました(1/14)】 | トップページ | 今日は、“雨読の日” »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

キンクロさんの上陸、おっしゃるように、「鳥たちの日常」になりつつあるようです。去年は、なかったのか、気づかなかったのか定かではないのですが、いつも見ていますと、珍しい行動には気づくと思いますので、なかったのではないかと思います。

カモ達の足は、やはり、泳ぐことにかなり特化した構造なのでしょうね。カルガモや、コガモなどはよく陸にも上がっていますから、まだ歩くこともできるようになっているのだと思いますが、キンクロさんは、本当に危なっかしい感じでした。

ただやはり、キンクロがなぜ上陸するのかは、不明なままです。

幸運はあまり続きませんでしたが、あまりラッキーすぎると却って怖くなりそうですから、ホドホドがありがたいですね(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年1月15日 (木) 12時28分

mamekichiさん、おはようございます!

キンクロさんの上陸も日常的な風景になりつつあるようですね。昨年の事は思い出せないですが、気付かなかっただけで、時々やってたのでしょうかね。自分も、今週末あたりで見れる事を期待してます! カモたちは、やはり水上生活に特化してるんでしょうね。余り上陸しないのも、疲れるからだと思えば納得です。それでも上陸しなければならない時が有るのかは謎ですね。

さすがに2日続けてのオールスターとはならなかったようですが、キンクロ上陸だけでも楽しめたのではないでしょうか。また何でも良いので、桑名の広範囲で、鳥たちのカーニバルが始まらないかなと期待しています。(笑)

投稿: ひらい | 2015年1月15日 (木) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ、キセキレイ、コサギ、アオジ、ジョウビタキにトビ……大山田川・沢南橋へ【不明の鳥は、ベニマシコとオオジュリンと判明、加筆修正と付記しました(1/14)】 | トップページ | 今日は、“雨読の日” »