« シメ、カワラヒワ、コゲラ、シジュウカラなど……カモは少なし | トップページ | ユリカモメ、今日は九華公園に、ヒヨドリは懸命に餌探し »

2015年1月27日 (火)

かもめの水兵さんに、カワウの水兵さん(笑)……保育園の子どもたちに元気をもらう

Img_9665  拡大してご覧ください。ただし、「なぁんだ?」といわれる可能性大でありますImg_9675 (苦笑)。自覚はしておりますが、ただ、ユリカモメが浮かんでいるのは、揖斐川の真ん中であります。まさに“かもめの水兵さん”とでもいいたくなる光景です(笑)。ただし、童謡のかもめの水兵さんは、真っ白のカモというだけで、ユリカモメかどうかは定かではありません。

Img_9777  一方、こちら、河口背に近い揖斐川では、真っ黒い集団が♪波にチャップImg_9782 チャップ 浮かんでる♪であります。遠いところからでは何だか分かりませんでしたが、六華苑近くまで行って、望遠で鳥、さらに大トリミングしてみたら、カワウであることが判明しました。カワウの水兵さん(爆)??

Img_9748  今日は、揖斐川の七里の渡し跡の沖から、長良川河口堰近くまで、あちこImg_9711 ちにユリカモメが浮かんでいたり、飛んでいたりしました。数は、多いのと、点在しているのとで、とても数えられませんでしたが、あんなにたくさんのユリカモメは見たことがありませんし、そもそも揖斐川にこれほどたくさんのユリカモメが同時に浮かんでいるところも初めて見たように思います。

Img_9809  カワウたちも、このところ九華公園には、見ている限りあまり来ていませんでした。今日は、いつもと逆回りに散歩をしていましたので、帰り際、揖斐川の堤防を上流に向かって歩いていて、遠くに左の写真のような感じで黒い鳥が見えたのです。キンクロも九華公園では少ないので、初めはカモかと思ったのですが、たくさんのカワウでした(笑)。

Img_9786  そして、ユリカモメとカワウ、そのうちに合流したのです。しばらく見ていまImg_9796 すと、何やら騒がしくなっていったのです。最初は、ユリカモメたちが飛び始め、中には、川面に着水するかもめも出て来ました。ユリカモメの餌となるような魚か何かがいたのでしょうか? 300~400mくらいまでしか近づけませんでしたので、詳細はよく分かりませんでした。

Img_9684  ユリカモメの群れの近くには、あちこちにカンムリカイツブリがいました。Img_9696 遠目&パッと見には、見逃しそうでしたが、気がつきました。このカンムリカイツブリ、右のようなアクロバット的な姿勢もとっていました。

Rimg00020127  さて、今日は暖かくなるということで、気温も12℃を超えたようです。ただRimg00060127 し、雲が広がっており、10時くらいからは北西の風も出てきて、さほど暖かい感じはしません。ワンパターンから抜けようと、いつもとは逆回りに、寺町、貝塚公園、九華公園と回ってきました。5.8㎞、9時15分くらいから2時間ほどです。

Img_9550  今日、上陸をしていたのは、まずはこちらの方でした。ハクセキレイ。場Img_9554 所は、諸戸水路の南の端近くです。このハクセキレイ、よく見ますと、左足の指がありませんでした。昨年だったかも、このハクセキレイを見た記憶があります。元気でいたんだ、とちょっとした感慨に耽ってしまいました。

Img_9627  もう一方、上陸していたのは、ミドリガメのようです。この間、ここ九華公園のスロープに上がっていたカメとは違うようです。時々、何か勘違いを起こして、甲羅干しに出てくるカメがいるようです。このカメ、写真を撮ったら時期に、いなくなりました。

Img_9587  暖かくなるということでしたので、野鳥も多いかと期待したのですが、あまImg_9603 り見られず、残念でした。ただ、ツグミはあちこちにいましたし、本丸跡では、ビンズイが3~4羽の群れで餌を探していました。左の写真は、正面から撮りましたので、ビンズイのイメージとは少し異なるかも知れません。曇天ですので、あまりきれいには撮れませんでした。

Img_9611  シメも、ビンズイのいたところの近くの樹上にやって来ました。今日は、まだ餌を探してはいないのか、嘴がきれいなのが印象的です。それに、改めて、嘴が結構大きいなと思いました。

Img_9555  このシメ、前からどうも気になるというか、好きな鳥の一つです(笑)。理Img_9563 由は定かではありませんが……。左は、諸戸水路のところで出て来たもの、右は、九華公園で見たものの証拠写真です。

Img_9565  九華公園にも10羽ほどのユリカモメがやって来ていました。ただ、今年は、私が見ている限り、九華公園にはユリカモメはあまり来Img_9631 ません。今日は、カモもさらに少なく、計38羽でした(カルガモ2羽は除く)。

Img_9653  そして、こちらは、“空飛ぶスズメ”です(笑)。まぁ、スズメはもちろん、空を飛ぶのですが……。スズメの集団を撮っていたとき、たまたまこういうショットが撮れたのです。

Img_9654  同じところにいたスズメたちを違うところから撮ってみました。この季節、鳥たちも、群れでいることが多いようです。場所は、蟠龍櫓のすぐ横です。


Rimg00080127  ところで、節分まであと一週間。東京では、先日、梅が咲いたという話題Rimg00200127 をラジオで聞いた記憶がします。こちらは、鎮国守国神社横の九華招魂社の本殿前の梅の木です。見て回っていたら、つぼみに水滴が付いて今したので、それをとろうと思って狙ったものです(コンデジ使用)。却ってパソコンで見ていましたら、「そういえば、この間よりも、つぼみが少し膨らんだ気がする」と思って、載せました。

Img_9716  帰り道、三の丸公園のところから、蟠龍櫓、七里の渡し跡、さらには、住吉神社のところまで、保育園の子どもたちと一緒に歩いてきました(結果的に、ですが)。「あぁ、カメラ持ってる」とか、「また会った!」とか、いわれてしまいました。子どもたちは、先生に「こんにちは、っていうんだよ」といわれていました。けっこうな距離を歩いていたのですが、皆元気で、こちらも元気になり、明るい気持ちにさせてもらいました。子どもたちが明るくて、元気なのは良いことです。

|

« シメ、カワラヒワ、コゲラ、シジュウカラなど……カモは少なし | トップページ | ユリカモメ、今日は九華公園に、ヒヨドリは懸命に餌探し »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

カモメは、揖斐川下流側では一列に並んでいましたが、少し上流側では、ランダムに並んでいました。
堤防や、欄干の上では一列に並びますが、場所によるかも知れません。

カワウとの合流は、何か意味があってのことか、たまたまなのかよく分かりませんが、入り交じって、確かに迫力がありました。

「空飛ぶスズメ」、おっしゃるように脚力だけで幅跳びでもしているようにも見えます。
それに、下にいるスズメのウチ、左から2羽目のスズメは、ずんぐりむっくりのマリリンモンロースズメさんですね(笑)。

早々、それと、写真をテキトーにつなげて、テキトーな台詞でもつければ、テキトーな物語ができあがりそうです(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年1月28日 (水) 22時01分

mamekichi先生、こんにちは。

カモメの水兵さん、上手いこと並ぶものですねぇ。
カワウとの合流は、躍動感があって迫力です。

空飛ぶスズメ。足元を見ると、脚力で幅跳びしているようにも見えます。
それと確かに、左から二番目のスズメさん。
一羽だけご婦人が混ざっているようで、つまりドレスに見えます。
そこにビュビュッと風を感じると、不思議ですねぇ、ずんぐりむっくりのモンローになっちゃいました。
地下鉄の風がスカートをめくりあげ、Wow!という有名なシーン(笑)

飛んでいるスズメが下に写っていたら、風圧でめくりあげたようにも見えて、また違った感じがしそうです。

これだけの写真があれば、拾って繋げて、テキトーなことを喋らせれば楽しい絵本になりそうだ、と想像していたので、
考えることが漫画になっています(笑)

投稿: おユキ | 2015年1月28日 (水) 11時27分

ひらいさん、こんばんは。

そうなんですよ、カワウがこんなに集まっているとは思いもよりませんでした。
本文にも書いたのですが、最近、九華公園ではあまり見なかったのに、一度にこれだけ集まっているとは。ユリカモメと合流してからは、バトルなのか、たまたま同じところで騒いでいたのか分かりませんが、なかなかのシーンです。
もっと近くで見られると、迫力があったと思います。

このハクセキレイもそうですが、いつぞや貝塚公園で見たメスのジョウビタキ(奇形かなと思ったジョウビタキです)も、元気でいてくれると嬉しいです。

私自身が、就職して以来、ずっと障害のある人たちに関わる仕事をしてきましたので、余計にそう思います。

カメは、どうしたのでしょうねぇ?
不眠症のカメだったりして、とか思ったりしてみます(笑)。
人間だったら、夜中に目が覚めてしまい、眠れなくなってしまったとか……。

ビンズイ、そうなんですよね、イマイチパッとしない表情です。
天候が今ひとつだったせいかもしれません。

キンクロさんの正面顔、おもしろいというか、なぜか起こっているように見えますね。
寝癖もよいのですが、私はこの怒ったような顔も、魅力です。
やはり、キンクロファンクラブを設立しないといけませんねぇ(笑)。

「空飛ぶスズメ」、半分冗談ではありますが、ホントにうまいタイミングで写りました。
何でもシャッターを押してみるものです(笑)。
それと、おっしゃるように、左から2羽目のスズメのモシャリ方、何だかあり得ないモシャリ方のような気もします。
「モシャリ写真館」というようなものをつくるとよいかも知れません。

いよいよ鳥見&鳥撮り、止められませんなぁ(爆)。

投稿: mamekichi | 2015年1月27日 (火) 21時10分

mamekichiさん、こんばんは!

カワウ!、これだけの数って、一体どうなってしまったのでしょう、付近のカワウが全て集まってるのでしょうか? また、ユリカモメとのバトル?これは是非見たかったです。週末も集まってくれる事を期待してます!

ハクセキレイ、さぞ不自由だと思いますが、元気に頑張っているようで良かったです。野鳥ならではの生きる為の力なのでしょうね。

カメ、今年は色々とおかしな事が起こっているようですね。特に暖かいわけでもなく、勘違いする要因は思い浮かばないですね。

ヒンズイ、何だか眠そうな顔ですね。(笑) パッと見は、フクロウっぽく見えました。

キンクロさんの正面顔も、中々良い感じです。(笑) クチバシ付近の犬のお面も、カモならではですね。

そして空飛ぶスズメ(笑)、完全に宙に浮いてますね。一瞬の出来事なのでしょうが、飛んでる時にも、翼を閉じてしまう時も有るんですね。この写真、実は左から2番目のスズメのモシャり具合の方が気になってしまいました。(笑)

投稿: ひらい | 2015年1月27日 (火) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シメ、カワラヒワ、コゲラ、シジュウカラなど……カモは少なし | トップページ | ユリカモメ、今日は九華公園に、ヒヨドリは懸命に餌探し »