« 臨床クラスターによる解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(1/3)【文献を追加(1/25)】 | トップページ | ミコアイサ、アオアシサギ(?)、トビ、アオサギの乱舞……いなべ市の両ヶ池にて »

2015年1月18日 (日)

ハジロカイツブリの食餌、逃げるアオサギ(笑)……【付記】モンシロチョウは寿命を迎えました(1/18、20.00)

Rimg00020118 風も弱く、陽射しもあり、暖かくて絶好の散歩日和でした。これを逃す手はあRimg00110118 りません。日曜日のブログはいつも、アカデミック・バージョンになってはいますが、散歩に行けるときは出かけています。今日も9時半前から2時間ほど、九華公園、貝塚公園、寺町と5.1㎞を歩いてきました。九華公園の堀も、ほとんど波立っておらず、鏡のようでした(右の写真)。

Img_8326  さて、今日のベストはこちら、ハジロカイツブリです。先日、諸戸水路の住吉ポンプ場の東で初めて見たものです。今日は、見ただけではありません。今日は、諸戸水路の南端、寺町商店街に近いところです。

Img_8302  それは、こちら。餌の魚をゲットし、さらに丸呑みするところを、一部始終Img_8304 目撃できたのです。魚の種類には詳しくありませんが、ハゼヨシノボリか、その仲間の何かのような気がします。

Img_8312  吞み込むまでに、何度も振り廻したり、水面に叩き付けたりしていました。丸呑みしますから、吞み込みやすいよう、弱らせているのではないかと思います。左の写真では、振り廻したときの水滴まで写りました。

Img_8318  左の写真は、半分くらい飲み込んだところです。そして、右の写真では、Img_8323 ほぼ呑み込んだところです。喉のあたりや、首の後が膨らんでいます。

Img_8208 その他の散歩写真からは、かいつまんで載せておきます。まずは、アオサギさん。ここしばらくアオサギには会っていませんでした。久しぶりです。いつもいる方がいると、ホッとします(笑)。こちらは、九華公園の北、鎮国守国神社の社務所の裏にいるアオサギです。

Img_8217  コゲラ(左の写真)は、アオサギよりももっと久しぶりに見た気がします。年末以来でImg_8235_2 はないかと思います。ムクドリは、誰かが捲いたのでしょう、食パンの端切れと思えるものを咥えていました(右の写真)。

Img_8241  シメさんは、二の丸跡で。けっこう粘って、あちこちと追いかけたのですが、どうしても樹上からは降りてくれませんでしたので、暗い写真になりました。

Img_8258  そして、今日、あのカメの甲羅干しスポットには、アオサギと、キンクロImg_8263 が。キンクロはやはりメスでした。今のところ、メスしか上陸したところは見ていません。何か理由があるのでしょうか? それと今日気づいたのですが、キンクロが上陸しているところは、日当たりのよいところばかりのような気がします。日向ぼっこのために上陸するのでしょうか? 謎は深まります(笑)。

Img_8267  アオサギを接近して撮ろうと思ったのですが、危惧したとおり、逃げられました。例の“禿頭”を撮ろうと思ったのです(笑)。ほとんど失敗写真なのですが、こういうところを撮ったのは初めてですし、悔しいので、載せました。まさに、ご笑覧くださいであります。

 今週は、火曜日に受診、木曜は、桑名市の特別支援連携協議会、次の日曜は、とあるアセスメント研究会で名古屋まで出かけます。とあるアセスメント研究会のことは、マル秘ではありませんが、大々的には宣伝しないということになっております。もしお知りになりたい方がいらっしゃれば、メール送信からご連絡ください。

【付記(/18、20:00)】 皆様方に気にかけていただいていましたわが家のモンシロチョウ、本日、娘の成人式の花の中で、寿命が尽きているのを見つけました。やはり、成虫になってからは、3週間ほどの命だったようです。私たちも楽しませてもらいましたが、自然の摂理には勝てないようです。

|

« 臨床クラスターによる解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(1/3)【文献を追加(1/25)】 | トップページ | ミコアイサ、アオアシサギ(?)、トビ、アオサギの乱舞……いなべ市の両ヶ池にて »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

ハジロカイツブリが、諸戸水路にいましたので、しばらく見ていたら、魚を捕まえて来たところに遭遇しました。ヨシノボリではないかと思います。鳥のパフォーマンスもいろいろとありますが、やはり、餌捕り、食餌のシーンはベストですね。スキップして帰ろうかと思ったくらいです(笑)。

キンクロさんの上陸は、ひらいさんがおっしゃるよう日常になっています。もっとたくさん上陸していないか、などさらに期待が高まります。

アオサギがスロープのところにいるのは見たことがありません。それにしても逃げ足の速いヤツです。もう少し愛想を振りまいてくれても良いのにと思いませんか?

投稿: mamekichi | 2015年1月19日 (月) 07時22分

mamekichiさん、こんばんは!

ハジロカイツブリ、豪快です! また、うちわのような魚の尻尾も面白いです。食べられてしまった魚さんは災難でしたが、バードウォッチャーとしては、最高の瞬間を撮影出来た事に喜びを感じますよね。

キンクロさんの上陸、今日も見れたんですね。そろそろ自分も見たいのですが、中々やって頂けません。やはり、羨ましいですぞ~。(笑) アオサギも、この場所に居るのは珍しいですね。失敗写真と言われてるアオサギも、しっかり禿頭をゲットしており、中々の決定的瞬間ですよ。(笑)

またマイブログへのコメントありがとうございました、謎の鳥、自分も確認してみます。確認して答えが出ないと、鳥図鑑+1出来ないです。(笑)

投稿: ひらい | 2015年1月18日 (日) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨床クラスターによる解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(1/3)【文献を追加(1/25)】 | トップページ | ミコアイサ、アオアシサギ(?)、トビ、アオサギの乱舞……いなべ市の両ヶ池にて »